ビッグデータとは?

「ビッグデータ」は 一般的に管理・運用、分析できる能力を超えたサイズのデータです。
※具体的に数値化されたものはありません。

ビッグデータ

「ビッグデータ」は文字通り「ビッグ(Big)」な「データ(data)」になります。

濁点がつかず、「ビッデータ」と紹介されている場合がありますが、意味合い的に違います。


IPOで使用されている意味としては「ビッグデータ」を活用した事業になります。
ビッグデータ関連のサービスは、成長分野としてIPOでも人気のある業種です。

ビッグデータを分析することによりこれまでの傾向を掴み、売上アップや業務フローの見直しによるコストダウンなどさまざまな面での活用が期待されます。

  • 自動販売機の商品の位置を変更して売上アップに。
  • 回転寿司で流すネタの個数や種類を調整。
  • 犯罪者の特定の動きを感知して犯罪抑止。

ビッグデータ関連IPO

ビッグデータ関連のIPOは、データの活用が期待されることから人気化しやすいです。

企業名 騰落率 初値売り損益
JMDC
2019/12/16
32.54%(1.33倍) 96,000円
インティメート・マージャー
2019/10/24
110.53%(2.11倍) 210,000円
Sansan
2019/6/19
5.78%(1.06倍) 26,000円
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
2018/12/18
98.44%(1.98倍) 315,000円
VALUENEX
2018/10/30
133.70%(2.34倍) 246,000円
HEROZ
2018/4/20
988.89%(10.89倍) 4,450,000円
ジーニー
2017/12/18
98.07%(1.98倍) 132,400円
ユーザーローカル
2017/3/30
325.17%(4.25倍) 956,000円

ビッグデータは、IPOで人気のあるホットワードです。


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要の松井証券ライブスター証券現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。