and factory[7035]:IPO上場情報と初値予想

IPO「and factory」(7035)

and factory

and factoryは「Smartphone APP事業」を中心に「IoT事業」及び「その他の事業」を行っている企業です。

これまでに50タイトル以上の自社アプリを開発・運用した実績を活かし、ツール系アプリやゲーム攻略掲示板アプリ、マンガアプリを中心に、複数の人気アプリをリリースしています。

  • Smartphone APP事業売上高の74.8%
    他社が運営する人気スマートフォンゲームアプリの攻略及びマルチプレイのパートナーを募集する掲示板アプリ「最強シリーズ」を開発・運用し、Apple Inc.の運営する「App Store」等の配信プラットフォームを通じて提供しています。
    また、協業先と共同開発した「最強シリーズ」の一部のアプリや株式会社スクウェア・エニックスと共同開発したスマートフォン向けマンガアプリ「マンガUP!」や株式会社白泉社と共同開発したスマートフォン向けマンガアプリ「マンガPark」などは同社が主に開発・運用を行っていますが、協業先のアプリとしてApple Inc.の運営する「App Store」やGoogle Inc.の運営する「Google Play」等の配信プラットフォームを通じて提供しています。
  • IoT事業売上高の23.7%
    複数のIoTデバイスの操作を可能とするIoTプラットフォームアプリの開発を行い、宿泊領域を皮切りに当該技術を展開し、IoTサービスを提供しています。
    また、宿泊領域でのIoTサービス提供の実績を活かし、足元では住宅領域及びヘルスケア領域まで、サービス提供範囲を拡大しています。
  • その他の事業売上高の1.5%
    他社が運営するスマートフォンアプリやメディアを掲載媒体とした広告配信サービスに関する広告代理店事業等を運営。

売上高の集計期間は平成29年9月1日~平成30年5月31日。

「最強シリーズ」の主な収益構造は、アプリの運営によって得られる広告収入です。

広告収入は主に同社のアプリ経由で対象スマートフォンゲームアプリにおけるアイテム購入に応じて得られるアフィリエイト収入とアドネットワークを通じて、アプリ内に掲載する広告バナーのクリックに応じて得られる収入があります。

同社では、スマートフォンアプリ内の広告設計を最適化する仕組みやユーザーのニーズに合わせたコンテンツを制作・提供する等、広告収益を高めるノウハウを有しています。
ここで言う広告設計とは、ユーザーのアプリの利用頻度や広告収益の変動等に応じてアプリ内の広告の差し替えや広告位置の調整等を行うことを指します。

マンガアプリの主な収益構造は、アプリ内で販売する電子マンガのダウンロード課金及びアドネットワークを通じて得る広告収入となっています。

同社は当たり外れの大きいスマートフォンゲームアプリを開発するのではなく、他社が提供する人気ゲームアプリの攻略及びマルチプレイのパートナーを募集する掲示板アプリを開発することで、収益の安定化を図る戦略を採用しています。

設立は平成26年9月です。
従業員数は平成30年6月末で56名、平均年齢は32.2歳、平均勤続年数は1.4年、平均年間給与は549.4万円です。


IPO「and factory」の上場日

S
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:やや低い
  • 調達金額:大きい
  • 割安感:割高

上場日 2018/9/6 (木) 証券コード 7035
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
and factory(7035)

IPO「and factory」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/8/21 (火) ~ 8/27 (月)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 8/17 (金)に決定
当選口数 7,400口
公募株数 430,000株 売出株数 310,000株
吸収金額 20.1億円あたり~21.8億円あたり O.A分 111,000株
仮条件決定日 8/17 (金) 公募価格決定日 8/28 (火)
募集期間 8/29 (水) ~ 9/3 (月)

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「and factory」の公募価格と初値

公募価格 8/28 (火)に決定 初値 2018/9/6 (木)に上場予定
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 -

and factoryの「想定仮条件」と「予想利益」

参考までにIPO「and factory」の「想定仮条件」と「想定初値」による「予想利益」です。
(予想利益は各上限で計算しております。)

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。(想定仮条件×100株)
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

仮条件「決定前」の想定価格

仮条件の想定価格 2,370円 ~ 2,570円 ※抽選資金:23.7万円 ~ 25.7万円
初値の想定価格 5,200円 ~ 6,000円
想定条件での予想利益 343,000円(6,000円 - 2,570円)× 100株

IPO「and factory」の主幹事証券と引受幹事証券

「and factory」のIPOを取り扱っている証券会社です。(申込みが可能)
のマークがついている証券会社は特に管理人がおすすめする証券会社です。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

抽選に外れても次回のチャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが貯まる「SBI証券」、申込み時の抽選資金が不要で庶民に優しい「ライブスター証券」と「岡三オンライン証券」。
当サイト限定!現金7,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを期間限定で行っています♪(タイアップ詳細
特に「SBI証券」と「岡三オンライン証券」は取扱うIPOの数が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

IPO「and factory」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年8月 2016年8月 2017年8月
売上高 112,011 245,028 688,612
経常利益 -41,989 12,021 223,393
当期利益 -42,763 -6,461 173,882
純資産 25,076 18,614 192,496
配当金
EPS -419.81 -1.53 41.30
BPS 238.22 4.42 45.72
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年8月
売上高 371,789
経常利益 37,185
当期利益 9,176
純資産 34,253
EPS 2.18
BPS 8.14
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までに、IPO「and factory」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2018/07/27 上場プロレド・パートナーズ
    初値売りによる損益:292,000円
    (騰落率:68.71%、倍率:1.69倍)
  • 2018/07/23 上場マネジメントソリューションズ
    初値売りによる損益:240,000円
    (騰落率:114.29%、倍率:2.14倍)
  • 2018/06/22 上場ライトアップ
    初値売りによる損益:90,500円
    (騰落率:32.09%、倍率:1.32倍)
  • 2018/06/20 上場ログリー
    初値売りによる損益:277,500円
    (騰落率:149.19%、倍率:2.49倍)
  • 2018/04/25 上場ベストワンドットコム
    初値売りによる損益:1,050,000円
    (騰落率:242.49%、倍率:3.42倍)
送信中...
「庶民のIPO」目安箱

返答の必要なご質問等は「お問合せフォーム」よりご連絡をお願い致します。



サイト内検索 powered by Google
スポンサーリンク

「and factory」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

9/28(金)まで!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

9/30(日)まで!

お得なタイアップキャンペーン

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


9/28(金)まで!
岡三オンライン証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

お得なタイアップキャンペーン

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ