ヴィッツ(WITZ)[4440]:IPO上場情報と初値予想

IPO「ヴィッツ(WITZ)」(4440)

ヴィッツ(WITZ)

ヴィッツ(WITZ)は、製品メーカに対して組込ソフトウェアを提供する「組込システム事業」、シミュレーション環境を提供する「システムズエンジニアリング事業」および機能安全コンサルティングを提供する「機能安全開発事業」の3つを主たる業務としている企業です。

組込システムの代表例は自動車、デジタル家電、白物家電、スマートデバイスなど。
これらの製品の機能や性能は組込ソフトウェアにより実現されています。

グループの技術と支援サービス
(有価証券届出書9ページより)

人々が日々の暮らしの中で利用する電子機器(電子制御を伴った電気炊飯器、デジタルテレビ、自動車 等々)のことを組込機器と呼びます。この組込機器は、マイクロコンピュータと呼ばれる小型のコンピュータを搭載し、このコンピュータを含むハードウェアとコンピュータを動作させるソフトウェアで構成されております。このハードウェアとソフトウェアを合わせて組込システムと呼び、ソフトウェアを組込ソフトウェアと呼びます。

自動車システムなど複雑なシステムに対して、効率的な開発をするためにモデル表記法を利用したモデルベース開発を実施。

「車載制御シミュレーション開発」「車載制御モデル開発」「自動運転向け仮想環境シミュレーションの開発、販売」などの事業を実施しています。

システムズエンジニアリングのイメージ図
(有価証券届出書13ページより)

自動運転技術研究と技術支援サービス

自動車や各種ロボットなどが自律的に動作し、人々の生活を支援する社会が現実味をおびてきました。

同社グループは、来るべき自律システム社会を支える基盤技術を得るため、経済産業省の研究事業を活用し、積雪路面での自動運転を実現するための技術研究を実施しています。

自動運転シミュレータの例
(有価証券届出書15ページより)

この研究では世界的に研究が進められている「ダイナミックマップ」が活用できない積雪路面で、雪道を判別し安全に走行するための基礎技術を開発し、その技術を過疎化地域で活用することを検討しています。

ダイナミックマップとは高精度な三次元地図情報や動的に更新される道路状況などを組み合わせた地図情報です。自動運転ではカメラなどで認識した人工構造物(信号、センターライン、側溝など)とダイナミックマップ情報を比較して、自己位置を推定します。

わたしの住んでいる北海道はこの「ダイナミックマップ」が活用できないと聞いたことがありますが、これを解決するシステムのようです。

IPOとしては「自動運転」と「IoT」関連事業で人気は非常に高いです。
業績も好調です。

グループは同社と連結子会社2社で構成。

設立は平成9年6月です。
従業員数は平成31年1月末で135名、平均年齢は35歳、平均勤続年数は7年、平均年間給与は540.8万円です。


ヴィッツ(WITZ)の詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

ヴィッツ(WITZ)の上場日

S
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい

上場日 2019/4/8 (月) 証券コード 4440
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ヴィッツ(WITZ)(4440)

ヴィッツ(WITZ)のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2019/3/20 (水) ~ 3/27 (水)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 2,260円~2,650円 (抽選資金:22.6万円 ~ 26.5万円)
当選口数 4,000口
公募株数 340,000株 売出株数 60,000株
吸収金額 10.3億円~12.1億円 O.A分 60,000株
仮条件決定日 3/18 (月) 公募価格決定日 3/28 (木)
購入期間 3/29 (金) ~ 4/3 (水)

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ヴィッツ(WITZ)の公募価格と初値

仮条件 2,260円~2,650円
公募価格 3/28 (木)に決定 初値 (想定の初値)5,300円 ~ 6,890円※3/18 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 (想定の利益)265,000円~424,000円※3/18 修正

ヴィッツ(WITZ)の初値予想と予想利益

ヴィッツ(WITZ)の初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 2,260円 ~ 2,650円 ※抽選資金:22.6万円 ~ 26.5万円
初値の想定価格 5,300円 ~ 6,890円※3/18 修正
想定条件での予想利益 265,000円~424,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 2,260円あたり ※抽選資金:22.6万円あたり
初値の想定価格 4,520円 ~ 5,650円
想定条件での予想利益 226,000円~339,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ヴィッツ(WITZ)の主幹事証券と引受幹事証券

ヴィッツ(WITZ)のIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

主幹事は1人1票の公平抽選で、資金力にかかわらず当選が期待できる東海東京証券です。
IPOの割当数(当選数)は主幹事が一番多いです。

一人一票の公平抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるやSMBC日興証券、抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

落選しても次回の当選に活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。
特にSBI証券は、幹事になる機会が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。
割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
東海東京証券
87.06% 296,000株 29,600株
SBI証券 4.71% 16,000株 11,200株
大和証券 3.53% 12,000株 2,400株
SMBC日興証券 2.35% 8,000株 800株
安藤証券 1.18% 4,000株 0株
エース証券 1.18% 4,000株 0株

ネット抽選分は各証券会社により割当率が違います。(一部の証券会社はネットなし)
たとえば マネックス証券は割当数のほぼ100%がネット抽選に、SMBC日興証券は割当数の約10%がネット抽選に回ります。
SBI証券はネット抽選分を70%に設定しています。(個人配分率は公表されていません)

確定した正確な割当数を知りたい人は、証券会社ごとの当選確率はわかる?をご覧ください。

ヴィッツ(WITZ)の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年8月 2017年8月 2018年8月
売上高 1,790,011 2,147,319 2,340,577
経常利益 172,026 208,852 187,456
当期利益 51,063 143,801 116,365
純資産 154,917 304,977 430,837
配当金 2,500.00 5,500.00 6,000.00
EPS 36,473.98 102.53 80.67
BPS 110,655.70 211.64 293.69
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年8月 2018年8月
売上高 2,166,307 2,375,816
経常利益 208,174 223,754
当期利益 138,814 135,527
純資産 316,684 466,797
EPS 98.98 93.95
BPS 214.39 309.45
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

ヴィッツ(WITZ)と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2019/03/19 ミンカブ・ジ・インフォノイド
    初値売りによる損益:35,000円
    (騰落率:33.33%、倍率:1.33倍)
  • 2019/03/15 カオナビ
    初値売りによる損益:199,000円
    (騰落率:100.51%、倍率:2.01倍)
  • 2019/03/13 サーバーワークス
    初値売りによる損益:1,322,000円
    (騰落率:276.57%、倍率:3.77倍)
  • 2019/02/28 スマレジ
    初値売りによる損益:185,500円
    (騰落率:135.40%、倍率:2.35倍)
  • 2019/02/26 リックソフト
    初値売りによる損益:505,000円
    (騰落率:126.25%、倍率:2.26倍)

IPOのポイント

ヴィッツ(WITZ)のIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

「自動運転」と「IoT」関連事業でIPO人気は非常に高いです。

全世界規模で組込システムの大きな変革期を迎えており、人工知能、IoT、自動運転など同社が注力している技術が今まで以上に重要になると予見されます。その変革時期を追い風に同社の技術を提供する市場は広がっております。

似たような企業では、2018年10月に上場したイーソルや、2017年9月に上場したニーズウェルがあり、どちらも人気化しています。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が最も高い「S」に設定しました。

  • IPOで非常に人気のある「自動運転」「IoT」事業。
  • 業績が好調。
  • 市場からの調達金額が10.3億円と小さい。
  • 当選数が少ないこと。

3.18 追記。仮条件が想定の2,260円より 上振れして決定(2,260円 ~ 2,650円)しました。
機関投資家からの買い需要が高いと思われます。
初値予想を5,300円 ~ 6,890円に修正しました。
予想利益は265,000円~424,000円としました。
市況が良ければさらに上値を追えそうです。

目論見書の想定仮条件は2,260円。初値予想は4,520円 ~ 5,650円としました。
予想利益は226,000円~339,000円です。

チョット控えめな予想で、公募割れリスクは非常に低いです。
積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いましょう。

  • 公募価格:ブックビルディングに当選し購入する株価。
  • 初値:株式市場に上場してはじめについた株価。
  • 初値売りによる利益:公募価格で入手し初値で売却した際の利益。

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに65回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「ヴィッツ(WITZ)」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定のタイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

お得なタイアップ企画

4/30(火)まで!

お得なタイアップ企画

ライブスター証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。

実施中!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。


IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ