GMOフィナンシャルゲート(4051):IPO上場情報

GMOフィナンシャルゲート

GMOフィナンシャルゲートは、キャッシュレス決済市場において対面決済サービス事業を展開しています。

対面決済専業の会社として、電子マネー決済やQRコード決済などの消費者ニーズに合わせた様々な決済手段を提供。

サービス内容

GMOペイメントゲートウェイの連結子会社。
電子商取引(EC)事業者を対象とする非対面決済サービス事業を展開。

労働人口減少という環境変化を鑑みて、省人化・無人化に寄与する組込型決済端末の提供も開始。

キャッシュレスプラットフォーマー

政府は、2025年までにキャッシュレスの決済比率を4割程度まで引き上げることを目指しており、政策に沿った事業内容です。

従業員数は2020年4月末で39名、平均年齢は40.1歳、平均勤続年数は3.9年、平均年間給与は799万円。

4月30日に上場予定でしたが、コロナショックにより延期となっていました。(6社目の再承認)


GMOフィナンシャルゲートの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

GMOフィナンシャルゲートの上場日

B
  • 業績:好調
  • オファリングレシオ:低い
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2020/7/15 (水) 証券コード 4051
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
GMOフィナンシャルゲート(4051)
時価総額 25,120百万円(初値で計算)

GMOフィナンシャルゲートのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/6/30 (火) ~ 7/6 (月)

仮条件 2,420円~2,540円 (抽選資金:24.2万円 ~ 25.4万円)
当選口数 5,161口
発行済株式数 3,835,170株 オファリングレシオ 13.4%
公募株数 240,000株 売出株数 208,800株
吸収金額 13.1億円 O.A分 67,300株
仮条件決定日 6/26 (金) 公募価格決定日 7/7 (火)
購入期間 7/8 (水) ~ 7/13 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

GMOフィナンシャルゲートの公募価格と初値

仮条件 2,420円~2,540円
公募価格 2,540円 初値 6,550円
騰落率 157.87%  倍率  2.58倍
初値売り損益 401,000円(6,550円 - 2,540円)× 100株

GMOフィナンシャルゲートの初値予想と予想利益

GMOフィナンシャルゲートの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

2,420円 ~ 2,540円 ※抽選資金:24.2万円 ~ 25.4万円
上限は5%上ブレ↑

初値予想 3,050円 ~ 3,340円※6/26 修正
(1.2倍~1.3倍)
予想利益 5.1万円~8万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,420円あたり ※抽選資金:24.2万円あたり
初値予想 2,780円 ~ 3,100円 (1.1倍~1.3倍)
予想利益 3.6万円~6.8万円
送信中...

初値予想アンケート

GMOフィナンシャルゲート(4051)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(2,420円)を基準価格としています。

有効回答:256   投票期限:2020/7/14 (火) 23:59まで
3倍以上(7,260円以上)
66票  26%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(6,050円以上~7,260円未満)
50票  20%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(4,840円以上~6,050円未満)
73票  29%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(3,630円以上~4,840円未満)
26票  10%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(2,904円以上~3,630円未満)
20票  8%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(2,420円以上~2,904円未満)
11票  4%
投票済み

公募割れ(2,420円未満)
10票  4%
投票済み

GMOフィナンシャルゲートの主幹事と幹事証券

GMOフィナンシャルゲートのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

一人一票の平等抽選で資金力に当選が左右されないSMBC日興証券がおすすめです。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
大和証券
87.02% 449,100株 1,122口
SMBC日興証券 7.81% 40,300株 40口
みずほ証券 2.60% 13,400株 13口
いちよし証券 1.72% 8,900株 0口
丸三証券 0.85% 4,400株 4口

委託幹事であるGMOクリック証券は、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


GMOフィナンシャルゲートの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年9月 2018年9月 2017年9月
売上高 2,040,761 1,314,934 1,051,211
経常利益 148,627 103,365 92,532
当期利益 104,694 66,433 66,061
純資産 2,738,021 2,633,327 2,566,893
配当金
EPS 29.12 18.48 551.35
BPS 761.58 732.46 21,419.52
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年9月 2018年9月
売上高 2,379,019 1,617,103
経常利益 226,579 169,037
当期利益 134,820 90,092
純資産 3,044,163 2,673,625
EPS 37.50 25.06
BPS 781.17 743.67
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

GMOフィナンシャルゲートの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 比率 ロックアップ
GMOペイメントゲートウェイ(株) 60.39% 180日間
(株)ケイ・エム・シー 5.83% 90日間 / 1.5倍
三菱UFJキャピタル3号投資事業 5.63% 90日間 / 1.5倍
大和ベンチャー1号投資事業 4.92% 90日間 / 1.5倍
豊山 慶輔 4.18% 90日間 / 1.5倍
髙野 明 3.29% 180日間
SMBCベンチャーキャピタル1号 2.72% 90日間 / 1.5倍
みずほ成長支援投資事業有限責任組合 2.05% 90日間 / 1.5倍
SMBCベンチャーキャピタル3号 1.58% 90日間 / 1.5倍
倉田 秀喜 1.30% 180日間

直近の類似IPOの上場結果

GMOフィナンシャルゲートと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2020/06/26 コマースOneHD
    初値売りによる損益:537,000円
    (騰落率:335.63%、倍率:4.36倍)
  • 2020/06/24 ロコガイド
    初値売りによる損益:260,500円
    (騰落率:130.25%、倍率:2.30倍)
  • 2020/06/24 フィーチャ
    初値売りによる損益:419,000円
    (騰落率:805.77%、倍率:9.06倍)
  • 2020/03/26 サイバーセキュリティクラウド
    初値売りによる損益:471,000円
    (騰落率:104.67%、倍率:2.05倍)
  • 2020/03/10 ビザスク
    初値売りによる損益:-19,000円
    (騰落率:-12.67%、倍率:0.87倍)

IPOのポイント

キャッシュレス決済市場は、EC事業(ネットショップ)が好調なこともあり、コロナ禍において市場で人気があります。

親会社であるGMOペイメントゲートウェイ(3769)の株価は、コロナ禍前と比べると1.5倍となっています。(株価

GMOフィナンシャルゲートの決済は、リアル店舗 + IoT決済の対面事業。
店舗に来店する必要があり、コロナ禍では やや弱いです。

サービス内容

とはいえ、無人販売機またはセルフでの顧客操作型決済サービスは、新型コロナウイルスの感染対策などにより省人化の需要が見込まれています。(飲料自動販売機、コインランドリー、レンタル自転車など

継続的な商品補充・材料補充などが必須のため、IoT化による売上データ把握をベースにした補充データ配信サービスのニーズが高まるかもしれません。

同社はGMOインターネット(9449)のグループ会社。(ネット業界では有名)

GMOグループ

親会社であるGMOペイメントゲートウェイ(3769)は、同社の発行済株式総数の64.88%を所有しており、親子上場になります。(ひ孫)

社員証でカンタンに決済できるオフィスペイなど、面白い取組も行っています。

事業戦略

4月30日に上場予定でしたが、コロナショックにより延期となっていました。(6社目の再承認)

コロナ禍が及ぼす影響について、同社の認識は次の通りです。(太字はカブスルにて強調)

新型コロナウイルス感染症が当社グループの経営環境に与える影響は、現時点において限定的なものではありますが、先行きは不透明な部分もあり、継続して注視してまいります。

他社が資金調達の規模を小さくしているのに対し、同社は前回とほぼ変わっておらず、強気の設定です。
(全体の公開株数が1,100株減っただけ。想定価格も変わらず)

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 業績が好調。(決算情報
  • 時代にマッチした事業内容で将来性あり。
  • オファリングレシオが13.4%と低い。
  • 市場で敬遠される親子上場。同社はひ孫。
  • 同日に2社が上場。
  • 4月のIPO中止時とほぼ変わらない強気設定。(他社は規模を落としている)
  • 新型コロナウィルスの収束が未定。

6.26 追記。仮条件が2,420円 ~ 2,540円に決定。(想定価格 2,420円より5%上ブレ↑)
初値予想を3,050円 ~ 3,340円に修正。予想利益は5.1万円~8万円です。

目論見書の想定仮条件は2,420円。初値予想は2,780円 ~ 3,100円としました。
予想利益は3.6万円~6.8万円です。

強気設定がやや気になりますが、カブスルは幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるSMBC日興証券がおすすめです。

GMOクリック証券が委託幹事となりました。
GMOグループが上場する際に幹事になることがあり、カブスルもまれにある機会の為に口座開設しています。

  • GMOメディア
    初値売り利益 277,000円、騰落率:101.09%
  • GMO TECH
    初値売り利益 784,000円、騰落率:135.17%
  • GMO リサーチ
    初値売り利益 280,000円、騰落率:133.33%

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。