イーソル[4420]:IPO上場情報と初値予想

IPO「イーソル」(4420)

イーソル

イーソル組込み機器向けのOS開発、組込みソフトウェアの受託開発等を行っている企業です。

グループは同社と連結子会社(イーソルトリニティ株式会社、平成30年3月フランスに設立した eSOL Europe S.A.S.)、持分法適用関連会社(株式会社オーバス)から構成。

同社グループは、昭和50年の設立以来、組込みソフトウエア事業をその事業基盤としています。

組込みソフトウエア事業の具体的な内容は、国内外の顧客(自動車関連メーカ、デジタル家電メーカ、産業機器メーカ、医療機器メーカ等)に対して、下記を同社と連結子会社イーソルトリニティ株式会社及び連結子会社eSOL Europe S.A.S.が実施しています。

  • RTOS(リアルタイム・オペレーティング・システム)の開発・販売
  • 組込みソフトウエアの受託業務としての組込みソフトエンジニアリングサービス
  • 組込みソフトウエア開発にかかわるコンサルテーション
  • 組込みソフトウエア開発のためのツールの販売
  • 組込みソフトウエア開発エンジニアの教育

組込みソフトウエアとは WindowsやAndroidなどが搭載されたサーバやPC、タブレットなどを除く、コンピュータが搭載された電子機器のことを組込み機器と呼びます。
そして、組込み機器上で動作するソフトウエアのことを組込みソフトウエアと呼びます。

組込みソフトウエアは様々なモノ、コトがネットワーク化され、それらが協調動作するIoT世界実現のための必須の基盤技術であると同社では考えています。

これら同社グループの提供するソリューションは、今後の成長を期待しているIoTの基盤技術であり、個別の応用市場に特化しない産業横断的な技術要素からなる組込み市場において、様々な顧客層を対象としています。

加えて、平成28年には株式会社デンソー、日本電気通信システム株式会社と3社で、同社が成長著しいと考えている自動車向けソフトウエア(車載ソフト)市場に特化した、株式会社オーバスを合弁会社として設立し、日本国内外の自動車メーカや部品メーカへ、製品とサービスの提供を行っています。


イーソルの上場日

A
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:やや低い
  • 公募多い

上場日 2018/10/12 (金) 証券コード 4420
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
イーソル(4420)

イーソルのブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/9/25 (火) ~ 10/1 (月)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 1,580円~1,680円 (抽選資金:15.8万円 ~ 16.8万円)
当選口数 10,351口
公募株数 850,000株 売出株数 185,100株
吸収金額 19.9億円 O.A分 155,200株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

イーソルの公募価格と初値

公募価格 1,680円 初値 4,000円
騰落率 138.10%  倍率  2.38倍
初値売りでの損益 232,000円(4,000円 - 1,680円)× 100株

イーソルの初値予想と予想利益

イーソルの初値予想と予想利益です。(予想利益は上限で計算)

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。(想定仮条件×100株)
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

イーソルの主幹事証券と引受幹事証券

イーソルのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人がおすすめする証券会社です。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

主幹事は「野村證券」になりました。
IPOの割当数(当選口数)も主幹事が一番多いです。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

落選しても次回の当選に活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券現金4千円がもらえる当サイト限定のお得な口座開設キャンペーンを行っています♪(タイアップ詳細
特にSBI証券は、幹事証券の機会が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

イーソルの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年12月 2016年12月 2017年12月
売上高 5,441,840 6,402,355 7,362,309
経常利益 228,734 455,278 496,089
当期利益 166,242 329,827 384,370
純資産 1,662,610 2,032,980 2,506,948
配当金
EPS 406.57 80.84 94.20
BPS 4,074.85 498.26 614.42
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年12月 2017年12月
売上高 6,610,043 7,546,838
経常利益 373,901 445,530
当期利益 265,623 348,644
純資産 1,948,806 2,387,049
EPS 65.10 85.45
BPS 477.63 585.04
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

イーソルと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

IPOのポイント

イーソルのIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

一般的に、組込み機器は長時間動作を要求されたり、自動車の自動運転など人命にかかわる部分を担うこともある関係上、組込みソフトウエアには信頼性や堅牢性、保守性、セキュリティなどの品質で高いハードルが要求されます。

加えてハードウエアの制御を行う部分を含むため、知見のない企業からの参入障壁も高くなります。

組込みソフトウエアは様々なモノ、コトがネットワーク化され、それらが協調動作するIoT世界実現のための必須の基盤技術であると同社では考えています。

参考までに

10.4 追記。株高とIPO市況の復調により、想定の初値予想は「2,600円 ~ 3,000円」に上方修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると13.2万円の利益になりそうです。

2018.9.28 追記。管理人の予想通り、IoT関連として注目を集めており、市場注目度は「A」に修正されました。

想定の初値予想は「2,200円 ~ 2,600円」に上方修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると9.2万円の利益になりそうです。

2018.8.12 追記。個人的には「A」評価でも良いかなあと思いましたが、市場注目度は 「B」となりました。

想定の仮条件は「1,370円 ~ 1,570円」。 想定の初値予想は「1,900円 ~ 2,200円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると6.3万円の利益になりそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

ワンポイント

主幹事証券は大手の野村證券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選口数(割当数)も主幹事が一番多いです。

また、「野村證券」ではIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すれば良いという庶民にとって嬉しいシステムを採用している証券会社なので気軽に参加も可能です!

気軽に運試し出来ますので 参加しておきたい証券会社です。

イーソルに関するつぶやき

「イーソル」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

11/30(金)まで!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。

12/31(月)まで!

お得なタイアップキャンペーン

ライブスター証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。


IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ