IPO「ユーザーローカル」(3984)

ユーザーローカル

ユーザーローカル」は、ビッグデータの解析・人工知能による情報提供サービスを行っている企業です。

特に、企業のデジタルマーケティングデータとSNS上の大量データの分析により、企業の経営やマーケティングの意思決定を支援しています。

ヒートマップアクセス解析「ユーザーインサイト」は Webページを訪れたユーザーがどこを見てクリックしているか、コンテンツのどこがよく見られたかがひと目でわかるものです。

Webサイトを運営している方にとってはコンテンツやインターフェイス改善のヒントになります。

IPOで人気のあるIT関連企業です。
その人気ぶりは「直近の類似IPOの上場結果」を見ても明らかで 初値にも期待が出来そうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。


IPO「ユーザーローカル」の上場日

S
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:低い
  • 調達金額:小さい

上場日 2017/3/30 (木) 証券コード 3984
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ユーザーローカル(3984)

IPO「ユーザーローカル」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2017/3/14 (火) ~ 2017/3/21 (火)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 2,780円~2,940円 (抽選資金:27.8万円 ~ 29.4万円)
当選口数 4,050口
公募株数 205,000株 売出株数 200,000株
吸収金額 13.6億円 O.A分 60,700株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「ユーザーローカル」の公募価格と初値

公募価格 2,940円 初値 12,500円
騰落率 325.17%  倍率  4.25倍
初値売りでの損益 956,000円(12,500円 - 2,940円)× 100株

ユーザーローカルの「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「ユーザーローカル」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「ユーザーローカル」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

当選口数が少なく、公募割れリスクも低いと想定されますので積極的に応募していきましょう。

IPO「ユーザーローカル」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2014年6月 2015年6月 2016年6月
売上高 348,650 520,824 783,885
経常利益 144,468 215,816 327,201
当期利益 87,447 135,845 201,058
純資産 224,319 622,664 1,035,753
配当金
EPS 58,298.13 44.87 61.86
BPS 149,546.10 191.59 303.46
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「ユーザーローカル」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信」のIPO結果です。

  • 2017/03/24 上場オロ… 初値売りによる損益:268,000円(騰落率:129.47%、倍率:2.29倍)
  • 2017/03/17 上場ビーグリー… 初値売りによる損益:100円(騰落率:0.05%、倍率:1.00倍)
  • 2017/03/16 上場うるる… 初値売りによる損益:33,000円(騰落率:11%、倍率:1.11倍)
  • 2017/01/27 上場シャノン… 初値売りによる損益:481,000円(騰落率:320.67%、倍率:4.21倍)
  • 2016/12/22 上場エイトレッド… 初値売りによる損益:241,000円(騰落率:133.89%、倍率:2.34倍)

管理人のコメントby ユーザーローカル

上場前

専門性の高いWebポータルサイトの運営はIPOの中でも人気がある業種です。
「ビッグデータ」や「AI(人工知能)」など IPOで人気のあるワードが絡んだ事業は特に人気が出やすいです。

IPOの騰落率は人気に左右されますので、人気があるかどうかはとっても大事な要素になり 初値にも期待が出来そうです。

市場注目度は「S」になりました。

想定の仮条件は「2,860円 ~ 3,060円」。想定の初値予想は「6,000円 ~ 7,000円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると39.4万円の利益になりそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

上記の「直近の類似IPOの上場結果」を見て頂ければお分かりの通り、「東証マザーズ市場」で「情報・通信業」のIPOは人気があり、初値の成績が良いです。

さらに「市場からの調達金額が小さければ小さい程、成績もさらに良い」ようです。

上場後

2017年 初値売りで一番大きい利益額となりました!

公募価格2,940円に対して初値は12,500円。騰落率は325.17%(4.25倍)
初値売りによる利益額は95.6万円になりました (  ̄∇ ̄)

初値予想は「5,900円 ~ 6,800円」(想定利益 38.6万円)でしたが、

  • 「ビッグデータ」関連事業でIPOで人気のあるテーマだった事
  • 「人工知能(AI)」関連事業でIPOで人気のあるテーマだった事
  • 公開規模が13.7億円と公開規模が小さくはないが、大きすぎなかった事
  • IPO市況が活況であった事

これらの材料が揃った事で、初値は公募価格の4.25倍をつけ 今年 一番高い騰落率となりました。