Mマート[4380]:IPO上場情報と初値予想

IPO「Mマート」(4380)

Mマート

Mマート」は 飲食業界、宿泊業界、中食業界等を買い手とし、卸販売の無人化を目指すことを基本としたインターネットマーケットプレイス事業を展開している企業です。

主な収益源は、出店企業からの定額の出店料と出来高制のマーケット利用料あるいは出品企業からの出来高制のシステム利用料です。

出店企業は、毎月定額の出店料を支払って商品を掲載し、食材を扱う市場である「Mマート」のマーケット利用料を出来高に応じて支払います。

「Mマート」が仲立ちとなって売り手企業と買い手企業を結び付けるビジネスモデル(BtoB)で、上場により知名度がアップすれば 出店企業数の増加にも繋がりそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

設立は平成12年2月です。
従業員数は平成29年12月末で32名、平均年齢は46.1歳、平均勤続年数は3.7年、平均年間給与は371.3万円です。


IPO「Mマート」の上場日

S
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:やや高い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい

上場日 2018/2/23 (金) 証券コード 4380
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
Mマート(4380)

IPO「Mマート」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/2/6 (火) ~ 2/13 (火)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 1,140円~1,240円 (抽選資金:11.4万円 ~ 12.4万円)
当選口数 5,874口
公募株数 453,400株 売出株数 134,000株
吸収金額 8.3億円 O.A分 88,100株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「Mマート」の公募価格と初値

公募価格 1,240円 初値 5,380円
騰落率 333.87%  倍率  4.34倍
初値売りでの損益 414,000円(5,380円 - 1,240円)× 100株

Mマートの「想定仮条件」と「予想利益」

参考までにIPO「Mマート」の「想定仮条件」と「想定初値」による「予想利益」です。
(予想利益は各上限で計算しております。)

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。(想定仮条件×100株)
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「Mマート」の主幹事証券と引受幹事証券

「Mマート」のIPOを取り扱っている証券会社です。(申込みが可能)
のマークがついている証券会社は特に管理人がおすすめする証券会社です。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。運だめしで必ず参加したいところです。

現在、現金5,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

抽選に外れても次回のチャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが貯まる「SBI証券」、申込み時の抽選資金が不要で庶民に優しい「ライブスター証券」と「岡三オンライン証券」。
合計で現金6,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています♪(タイアップ詳細
特に「SBI証券」と「岡三オンライン証券」は取扱うIPOの数が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

IPO「Mマート」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年1月 2016年1月 2017年1月
売上高 357,485 427,596 532,109
経常利益 1,753 -19,534 52,880
当期利益 10,029 -13,284 31,714
純資産 43,380 70,258 101,973
配当金
EPS 25,073.83 -8.32 15.92
BPS 108,451.20 35.27 51.19
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までに、IPO「Mマート」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2017/12/18 上場ナレッジスイート
    初値売りによる損益:301,000円
    (騰落率:150.50%、倍率:2.51倍)
  • 2017/12/18 上場すららネット
    初値売りによる損益:230,500円
    (騰落率:112.99%、倍率:2.13倍)
  • 2017/11/21 上場サインポスト
    初値売りによる損益:633,000円
    (騰落率:287.73%、倍率:3.88倍)
  • 2017/10/26 上場SKIYAKI
    初値売りによる損益:500,000円
    (騰落率:147.06%、倍率:2.47倍)
  • 2017/09/29 上場マネーフォワード
    初値売りによる損益:145,000円
    (騰落率:93.55%、倍率:1.94倍)

IPOのポイントby Mマート

上場前

2018年 一発目のIPOになりました!

2017年12月26日に上場した「オプティマスグループ」から 約2カ月ぶりのIPOになります。

2/8に「世紀」が一発目のIPOとして上場予定でしたが、ブックビルディング直前に中止されました!

例年 一発目のIPOは待ちに待ったIPOという事からか ご祝儀的に良い初値がついております。

参考までに

2018.2.8 追記。市場注目度は 最も高い「S」となりました。

仮条件は「1,140円 ~ 1,240円」。想定の初値予想は「2,500円 ~ 2,850円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると約16万円の利益になりそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

ワンポイント

参考までに、直近5年間の一発目のIPOの上場結果です。

  • 2017年シャノン」 東証マザーズ/情報・通信業
    騰落率:320.67%、倍率:4.21倍、初値売りによる利益:481,000円
  • 2016年はてな」 東証マザーズ/情報・通信業
    騰落率:278.13%、倍率:3.78倍、初値売りによる利益:222,500円
  • 2015年KeePer技研」 東証マザーズ/情報・通信業
    騰落率:49.06%、倍率:1.49倍、初値売りによる利益:104,000円
  • 2014年アキュセラ・インク」 東証マザーズ/医薬品
    騰落率:27.78%、倍率:1.28倍、初値売りによる利益:50,000円
  • 2013年メドレックス」 東証マザーズ/医薬品
    騰落率:120%、倍率:2.20倍、初値売りによる利益:120,000円

ここ5年間では一発目のIPOで公募割れはありません。

2017年の管理人のIPO当選実績は、3銘柄のIPO当選で+449,200円となりました。

うち、奥様がSMBC日興証券2社のIPOに当選を果たし、316,800円の利益を得ています!

上場後

2018年一発目のIPOという事で やはり注目を集め 上場日初日には初値がつきませんでした。

公募価格1,240円に対して初値は5,380円。騰落率は333.87%(4.34倍)

初値売りによる利益額は41.4万円になりました。

大手の初値予想(2,500円 ~ 2,850円)を大きく超える、強い初値となりました。

また、3月は12月に次いでIPOが多い月になります。
後半にかけて人気IPOも続々登場しますので良い追い風となりそうです。

IPO「Mマート」に関するつぶやき


送信中...

「庶民のIPO」目安箱(※返信不可)
当サイトへのご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。
メルアドの入力などが必要なく、ご意見がダイレクトに届きます。

返答の必要なご質問は「IPO質問集」をご確認の上、「お問合せフォーム」よりご連絡をお願い致します。

頂いた ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、嬉しい当選報告もありがとうございます。



サイト内検索 powered by Google
スポンサーリンク

「Mマート」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

9/28(金)まで!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

9/30(日)まで!

お得なタイアップキャンペーン

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


9/28(金)まで!
岡三オンライン証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

お得なタイアップキャンペーン

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ