ビープラッツ[4381]:IPO上場情報と初値予想

IPO「ビープラッツ」(4381)

ビープラッツ

ビープラッツ」は 事業構造の変化を支えるサブスクリプションのためのプラットフォームシステム「Bplats®(ビープラッツ)」の開発及びクラウドサービスとしての提供を行っている企業です。

サブスクリプションとは、利用者側がモノを買い取るのではなく、モノの利用権を借りて利用した期間に応じて料金を支払う方式の事です。

利用者側は初期投資を抑えられ、また対象期間の経費として処理することが可能になります。
(買取の場合はソフトウェアを資産として計上)

提供者側も毎月 決まった収益があるので経営の安定化に繋がります。

「Bplats®」は、サブスクリプションビジネスを行う事業者向けの製品です。

  1. 利用者のサブスクリプション契約や請求等の処理・管理を行うためのオンラインで提供する管理者専用機能
  2. サブスクリプション販売の専用オンラインストアを利用できたり、利用者がサブスクリプション契約状況や請求金額の確認、契約の変更や解約等の手続きをオンラインで行える販売向け・ユーザー向けフロント機能
  3. 事業モデルを設計するための商流構築機能(B2Bチェーン機能)

また「Microsoft CSPモジュール・光コラボレーションモジュール・MVNOモジュール」等、特定のビジネス向けの処理を行うための業態特化型モジュールを別に備えており、対応業域への事業参入が可能になっています。

利用者に見積・販売や情報提供を行う機能から、注文の処理・契約管理や料金計算・請求・課金を行うバックオフィス機能までがひとつに統合され、更に事業モデル設計の機能も有することで、「Bplats®」は様々なサブスクリプション型のサービスを販売から管理まで一気通貫で行うことができ、サブスクリプションビジネスをワンストップで実現することができる、という特徴があります。

新しいビジネスモデルを実現している利用分野の例

「Bplats®」の活用範囲は多岐にわたります。
IPOの人気テーマである「IoT」や「クラウド」「SaaS」といったキーワードがWebサイトにも見受けられます。

社名は「ビジネスのプラットフォームをつくる」より。

設立は平成18年11月です。
従業員数は平成30年1月末で41名、平均年齢は35歳、平均勤続年数は2.7年、平均年間給与は482.4万円です。


ビープラッツの上場日

S
  • 業績:不安
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:低い
  • 当選口数:少ない
  • 調達金額:小さい

上場日 2018/4/4 (水) 証券コード 4381
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ビープラッツ(4381)

ビープラッツのブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/3/15 (木) ~ 3/22 (木)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 1,950円~2,200円 (抽選資金:19.5万円 ~ 22万円)
当選口数 1,500口
公募株数 100,000株 売出株数 50,000株
吸収金額 3.7億円 O.A分 22,500株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ビープラッツの公募価格と初値

公募価格 2,200円 初値 10,000円
騰落率 354.55%  倍率  4.55倍
初値売りでの損益 780,000円(10,000円 - 2,200円)× 100株

ビープラッツの初値予想と予想利益

ビープラッツの初値予想と予想利益です。(予想利益は上限で計算)

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。(想定仮条件×100株)
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ビープラッツの主幹事証券と引受幹事証券

ビープラッツのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

当選口数が少なく、公募割れリスクも低いと想定されますので積極的に応募していきましょう。

申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金2千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。
割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
野村證券
77.50% 77,500株 7,700株
みずほ証券 9.00% 9,000株 900株
マネックス証券 3.00% 3,000株 3,000株
SBI証券 3.00% 3,000株 3,000株
SMBC日興証券 3.00% 3,000株 300株
丸三証券 1.50% 1,500株 100株
いちよし証券 1.50% 1,500株 100株
エース証券 1.50% 1,500株 0株

ネット抽選分は各証券会社により割当率が違います。(一部の証券会社はネットなし)
たとえば マネックス証券は割当数のほぼ100%がネット抽選に、SMBC日興証券は割当数の約10%がネット抽選に回ります。

SBI証券はネット抽選分を100%で計算していますが、正確には70%が抽選分、30%がIPOチャレンジポイント分になります。

確定した正確な割当数を知りたい人は、証券会社ごとの当選確率はわかる?をご覧ください。

ビープラッツの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年3月 2016年3月 2017年3月
売上高 248,749 363,739 505,155
経常利益 6,934 15,929 -29,215
当期利益 3,499 12,302 -30,653
純資産 115,700 128,002 97,349
配当金
EPS 73.99 13.00 -32.40
BPS -11,913.30 -582.66 -615.06
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

ビープラッツと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2018/03/23 ファイバーゲート
    初値売りによる損益:133,800円
    (騰落率:127.43%、倍率:2.27倍)
  • 2018/02/23 Mマート
    初値売りによる損益:414,000円
    (騰落率:333.87%、倍率:4.34倍)
  • 2017/12/18 ナレッジスイート
    初値売りによる損益:301,000円
    (騰落率:150.50%、倍率:2.51倍)
  • 2017/12/18 すららネット
    初値売りによる損益:230,500円
    (騰落率:112.99%、倍率:2.13倍)
  • 2017/11/21 サインポスト
    初値売りによる損益:633,000円
    (騰落率:287.73%、倍率:3.88倍)

IPOのポイント

ビープラッツのIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

「ビープラッツ」を取り巻く事業環境としては、製造業を中心とした「モノのインターネット化」であるIoT事業への本格的な移行が加速してきており、それに関連してクラウド業界、通信(MVNO・光コラボレーション)業界含め様々な業界のサブスクリプション型ビジネスが活性化しております。

このような環境の中、「ビープラッツ」が注力するIoT、クラウド、通信(MVNO・光コラボレーション)の3つの重点領域を中心に、前年同期比38.9%増の売上高成長を実現しています。サブスクリプション事業の分野別売上高の構成は IoT分野18.5%、クラウド分野42.5%、通信分野36.9%となっています。(平成28年4月1日~平成29年3月31日)

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

参考までに

2018.3.15 追記。仮条件は「1,950円~2,200円」に決まりました。
仮条件の決定に伴い、想定の初値予想は「4,400円 ~ 5,100円」に上方修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると29万円の利益になりそうです。

2018.3.4 追記。評価は 最も高い「S」となりました。
公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「1,760円 ~ 1,960円」。想定の初値予想は「3,900円 ~ 4,500円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると25.4万円の利益になりそうです。

  • 公募価格:ブックビルディングに当選し購入する株価。
  • 初値:株式市場に上場してはじめについた株価。
  • 初値売りによる利益:公募価格で入手し初値で売却した際の利益。

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

ビープラッツに関するつぶやき

こちらの記事は、IPO歴13年の運営者が執筆しています。

送信中...

庶民のIPOご意見箱

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「ビープラッツ」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金2千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ