スマレジ(4431):IPO上場情報

スマレジ

スマレジは、飲食店や小売店が販売情報の管理・分析を行うために使用するクラウド型POSレジ「スマレジ」をはじめ、企業が経営管理に必要な情報の管理・分析を行うためのクラウドシステムを提供しています。

クラウドサービスでユーザーが使用するタブレット、レシートプリンターなどのレジ周辺機器等の販売も行っています。

「スマレジ」は、クラウドを通してサービスを提供しているため、インターネット経由でどこからでもデータにアクセスすることができ、リアルタイムの売上情報、売上分析、商品情報など、店舗にまつわる情報をいつでも把握することが可能です。

基本的なサービスや製品は無料で提供し、さらに高度な機能や特別な機能については料金を課金する仕組みのビジネスモデルである「フリーミアム」を導入しています。

通常販売、値引・割引販売等のレジ機能を搭載した無料の「スタンダードプラン」により、気軽にシステムの導入が可能です。※登録店舗数は平成30年10月で49,971店

基本プランで物足りない場合、ユーザーが必要とする機能に応じて月額4,000円からの4つの有料プランを選択できます。

設立は平成17年5月です。
従業員数は平成30年12月末で79名、平均年齢は32歳、平均勤続年数は2.5年、平均年間給与は404.5万円です。


スマレジの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

スマレジの上場日

B
  • 業績:好調
  • 公開比率:やや低い
  • 公募多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2019/2/28 (木) 証券コード 4431
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
スマレジ(4431)

スマレジのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/2/13 (水) ~ 2/19 (火)

仮条件 1,200円~1,370円 (抽選資金:12万円 ~ 13.7万円)
当選口数 17,595口
公募株数 1,300,000株 売出株数 230,000株
吸収金額 24.1億円 O.A分 229,500株
仮条件決定日 2/8 (金) 公募価格決定日 2/20 (水)
購入期間 2/21 (木) ~ 2/26 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

スマレジの公募価格と初値

仮条件 1,200円~1,370円
公募価格 1,370円 初値 3,225円
騰落率 135.40%  倍率  2.35倍
初値売り損益 185,500円(3,225円 - 1,370円)× 100株

スマレジの初値予想と予想利益

スマレジの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件 1,200円 ~ 1,370円 ※抽選資金:12万円 ~ 13.7万円
初値予想 1,780円 ~ 2,100円
予想利益 41,000円~73,000円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,370円あたり ※抽選資金:13.7万円あたり
初値予想 1,780円 ~ 2,100円
予想利益 41,000円~73,000円

スマレジの主幹事と幹事証券

スマレジのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

一人一票の公平抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるSMBC日興証券、抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

野村證券抽選時に資金が必要ない証券会社です。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
大和証券
88.24% 1,147,100株 2,867口
野村證券 5.88% 76,500株 76口
SBI証券 4.71% 61,200株 428口
SMBC日興証券 0.58% 7,600株 7口
エース証券 0.58% 7,600株 0口

委託幹事である岡三オンライン証券は、委託数が公表されていません。

スマレジの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年4月 2017年4月 2018年4月
売上高 607,609 938,404 1,393,268
経常利益 68,954 170,892 316,514
当期利益 2,336 81,170 218,552
純資産 44,820 279,321 497,873
配当金
EPS 34.65 10.70 28.43
BPS 651.37 36.33 64.76
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年4月 2018年4月
売上高 938,408 1,393,268
経常利益 156,281 302,760
当期利益 115,049 216,605
純資産 282,783 498,683
EPS 15.17 28.17
BPS 36.78 64.87
※EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

スマレジと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2019/02/26 リックソフト
    初値売りによる損益:505,000円
    (騰落率:126.25%、倍率:2.26倍)
  • 2018/12/25 リンク
    初値売りによる損益:404,000円
    (騰落率:112.85%、倍率:2.13倍)
  • 2018/12/21 EduLab
    初値売りによる損益:7,000円
    (騰落率:2.19%、倍率:1.02倍)
  • 2018/12/20 Amazia
    初値売りによる損益:43,600円
    (騰落率:33.03%、倍率:1.33倍)
  • 2018/12/19 Kudan
    初値売りによる損益:1,028,000円
    (騰落率:276.34%、倍率:3.76倍)

IPOのポイント

スマレジのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

レジ周りのサービスを提供している企業は年々増えている気がします。

同社の特徴として、手軽に導入しやすい「フリーミアム」を導入しているのは好ポイントです。

フリーミアムは、基本的なサービスや製品は無料で提供し、さらに高度な機能や特別な機能については料金を課金する仕組みのビジネスモデルです。

上場することにより「スマレジ」の知名度アップと上場会社という安心感がプラスされれば、好調な業績のさらなる拡大も見込めそうです。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 業績が好調。
  • 気軽に導入しやすいフリーミアムを採用。
  • 市場からの調達金額が24億円と大きい。

目論見書の想定仮条件は1,370円。初値予想は1,780円 ~ 2,100円としました。
予想利益は41,000円~73,000円です。

公募割れリスクは低くなりそうです。
幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いましょう。

スマレジに関するつぶやき

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。