IPO「マネーフォワード」(3994)

マネーフォワード

マネーフォワード」は 「すべての人の、『お金のプラットフォーム』になる。」というビジョンを掲げ、プラットフォームサービス事業を展開している企業です。

マネーフォワードは金融とIT(情報技術)の融合である「フィンテック」を使ったベンチャー企業です。

  • PFMサービス
    自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』を中核に、各種サービスを通して個人のお金に関する悩み・課題を解決することを目的に運営。
    スマートフォンの普及を背景に、ユーザーの家計や資産などお金の情報を可視化するとともに一元管理することで、理想の家計や資産状況に向けた改善案を提示。
    • プレミアム課金収入・・・
      自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』におけるプレミアム会員に対する月額課金モデル 。
    • メディア/広告収入・・・
      『マネーフォワード』、くらしの経済メディア『MONEY PLUS』内における広告出稿に伴う広告掲載料。
      『マネーフォワード』会員向けのイベント/セミナーの開催に伴う運営収入。
    • BtoBtoC事業収入・・・
      『マネーフォワードfor◯◯』の開発に伴う初期開発料及び保守・運用料。
      通帳アプリ等金融機関向けFintechサービスの開発。
      アカウントアグリゲーションAPIの提供に伴う初期開発料及び保守・運用料。
  • MFクラウドサービス
    テクノロジーの力を活用して中小企業の経営及びバックオフィス業務を大幅に効率化、さらに経営状況をリアルタイムで把握することにより、経営PDCAサイクルを加速化し、経営状況を改善することを目的に提供されているクラウド型ERPのサービスプラットフォーム。
    クラウドコンピューティングの普及を背景に、SaaSとして、企業の経営情報の見える化、バックオフィス業務の生産性向上、さらには金融機関とのシームレスなデータ連携による融資手続の簡略化等のサービスを提供。
    SaaS市場は、今後も大きな成長が見込まれる市場として注目。

自動の家計簿アプリ「マネーフォワード」は、だれでも簡単に続けられる自動の家計簿です。
スマホでも使えて、資産管理機能も充実しています。

平成29年2月に実施したアンケート調査結果によれば、「マネーフォワード利用者の約半数が収支改善を実感しており、収支改善を実感している利用者によれば、月あたり19,090円の収支改善を実感しているようです。

家計簿をつけることにより、お金に関する意識が高くなることや、クレジットカード・電子マネーやネットバンキングといったキャッシュレス生活へのシフトも上記の結果に結びついているようです。

設立は2012年5月です。(前:マネーブック株式会社)。
従業員数は平成29年7月末で212名、平均年齢は32.4歳、平均勤続年数は1.4年、平均年間給与は約612万円です。


IPO「マネーフォワード」の上場日

B
  • 業績:不安
  • 公開比率:低い
  • 調達金額:大きい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2017/9/29 (金) 証券コード 3994
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
マネーフォワード(3994)

IPO「マネーフォワード」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2017/9/13 (水) ~ 2017/9/20 (水)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 1,350円~1,550円 (抽選資金:13.5万円 ~ 15.5万円)
当選口数 25,487口
公募株数 1,617,700株 売出株数 931,000株
吸収金額 45.4億円 O.A分 382,300株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「マネーフォワード」の公募価格と初値

公募価格 1,550円 初値 3,000円
騰落率 93.55%  倍率  1.94倍
初値売りでの損益 145,000円(3,000円 - 1,550円)× 100株

マネーフォワードの「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「マネーフォワード」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「マネーフォワード」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

主幹事は今回、二社 選ばれております。
1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」と「マネックス証券になります。

主幹事は、そのIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの割当数も主幹事が一番多いです。(当選口数が一番多い

他にも、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

また、意外と引受幹事数(委託幹事含む)が多く IPO当選に穴場である「東海東京証券」も要チェックです。

IPO「マネーフォワード」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2014年11月 2015年11月 2016年11月
売上高 76,133 441,700 1,542,178
経常利益 -548,389 -1,133,819 -882,592
当期利益 -549,683 -1,142,110 -888,972
純資産 33,469 1,946,401 1,886,842
配当金
EPS -45.69 -78.07 -55.19
BPS -44.96 -105.42 -154.45
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「マネーフォワード」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2017/09/22 上場PKSHA Technology… 初値売りによる損益:308,000円(騰落率:128.33%、倍率:2.28倍)
  • 2017/09/14 上場ウォンテッドリー… 初値売りによる損益:401,000円(騰落率:401%、倍率:5.01倍)
  • 2017/08/30 上場UUUM… 初値売りによる損益:465,000円(騰落率:226.83%、倍率:3.27倍)
  • 2017/08/03 上場シェアリングテクノロジー… 初値売りによる損益:139,000円(騰落率:86.88%、倍率:1.87倍)
  • 2017/06/15 上場ビーブレイクシステムズ… 初値売りによる損益:603,000円(騰落率:361.08%、倍率:4.61倍)

管理人のコメントby マネーフォワード

上場前

以前より上場の噂があったマネーフォワードのIPOが決まったと聞いて、ワクワクして目論見書を見ましたが、とっても評価が難しいIPOだったようです(泣)

市況によって初値が公募価格を上回るのか、下回るのか決まりそうです。

- プラスポイント -

  • 上場による知名度アップ&利用者増
  • 家計簿ソフトとしては知名度が抜群(ダンスをしているオリラジのCMは有名)
  • 会員へ向けて資産と関連性が高い商品の販売が可能そう

- マイナスポイント -

  • 業績は第一期~第五期まで赤字が続いている
  • 市場からの調達金額が45.4億円あたりと大きい
  • 上位株主にベンチャーキャピタルあり

IPOによる目論見書が出てくる前に、マネーフォワードの考察記事を先日書いてますので参考にどうぞ。

2017.9.19 追記。
市場注目度は「B」に、初値予想は「1,900円 ~ 2,200円」へ上方修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると6.5万円の利益になりそうです。

市場注目度は やや低い「C」となりました。

想定の仮条件は「1,110円 ~ 1,550円」。想定の初値予想は「1,550円 ~ 1,800円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると2.5万円の利益になりそうです。

管理人はプラスポイントの方に魅力を感じていますので、ダブル主幹事のマネックス証券」と「SMBC日興証券などで積極的にブックビルディングに参加する予定です。

ちなみに、経歴を見ると 代表取締役社長CEOの「辻 庸介」氏や取締役の「市川」氏は「マネックス証券」に在籍していたようです。

IPO「マネーフォワード」に関するつぶやき