トヨクモ(4058):IPO上場情報と初値予想

トヨクモ

トヨクモは、法人向けクラウドサービスの開発・販売を行っている企業です。

主に2つのサービスを提供しています。

事業内容

※詳細は企業紹介にて。


トヨクモの上場日

A
  • 業績:好調
  • オファリングレシオ:低い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい

上場日 2020/9/24 (木) 証券コード 4058
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
トヨクモ(4058)
時価総額 10,004百万円(公募価格で計算)

トヨクモのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/9/4 (金) ~ 9/10 (木)

仮条件 1,800円~2,000円 (抽選資金:18万円 ~ 20万円)
当選口数 5,500口
発行済株式数 5,002,000株 オファリングレシオ 10.9%
公募株数 300,000株 売出株数 200,000株
吸収金額 11億円 O.A分 50,000株
仮条件決定日 9/2 (水) 公募価格決定日 9/11 (金)
購入期間 9/14 (月) ~ 9/17 (木)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

トヨクモの公募価格と初値

仮条件 1,800円~2,000円
公募価格 2,000円 初値 (初値予想)3,400円 ~ 4,200円※9/2 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)140,000円~220,000円※9/2 修正

トヨクモの初値予想と予想利益

トヨクモの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

1,800円 ~ 2,000円 ※抽選資金:18万円 ~ 20万円
上限は11.1%上ブレ↑

初値予想 3,400円 ~ 4,200円※9/2 修正
予想利益 14万円~22万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,800円あたり ※抽選資金:18万円あたり
初値予想 2,700円 ~ 3,600円
予想利益 9万円~18万円
送信中...

初値予想アンケート

トヨクモ(4058)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,800円)を基準価格としています。

有効回答:376   投票期限:2020/9/23 (水) 23:59まで
3倍以上(5,400円以上)
258票  69%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(4,500円以上~5,400円未満)
27票  7%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(3,600円以上~4,500円未満)
40票  11%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(2,700円以上~3,600円未満)
18票  5%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(2,160円以上~2,700円未満)
8票  2%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,800円以上~2,160円未満)
7票  2%
投票済み

公募割れ(1,800円未満)
18票  5%
投票済み

トヨクモの主幹事と幹事証券

トヨクモのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

一人一票の平等抽選で資金力に当選が左右されないマネックス証券SMBC日興証券、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの3社だけでIPOに56回当選しています。(全当選数の70.9%

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
いちよし証券
77.27% 425,000株 42口
大和証券 6.36% 35,000株 87口
SMBC日興証券 5.45% 30,000株 30口
SBI証券 2.73% 15,000株 105口
岩井コスモ証券 2.73% 15,000株 15口
マネックス証券 1.82% 10,000株 100口
東洋証券 1.82% 10,000株 10口
極東証券 1.82% 10,000株 0口

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


トヨクモの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年12月 2018年12月 2017年12月
売上高 761,226 482,595 271,497
経常利益 98,464 137,231 5,440
当期利益 72,220 91,585 41,341
純資産 375,887 290,666 199,081
配当金
EPS 16.45 21.48 9,698.97
BPS 79.94 68.17 46,688.99
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

上位株主とロックアップ情報

トヨクモの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
(株)ナノバンク 47.44% 90日間 / 1.5倍
サイボウズ(株) 11.63% 90日間 / 1.5倍
インキュベイトファンド2号投資事業有限責任組合 6.78%
田里 友彦 6.40% 90日間 / 1.5倍
山本 裕次 5.81% 90日間 / 1.5倍
落合 雄一 5.62% 90日間 / 1.5倍
片岡 寛 3.10%
(株)サムライキャピタル 2.91% 90日間 / 1.5倍
石井 和彦 2.52% 90日間 / 1.5倍
木下 正則 1.94% 90日間 / 1.5倍

直近の類似IPOの上場結果

トヨクモと同じホットワードのIPOの上場結果です。

「クラウド」がついたIPOの上場結果。

  • 2020/07/15 アイキューブドシステムズ
    初値売りによる損益:631,000円
    (騰落率:202.24%、倍率:3.02倍)
  • 2019/12/17 フリー
    初値売りによる損益:50,000円
    (騰落率:25%、倍率:1.25倍)
  • 2019/09/12 ピー・ビーシステムズ
    初値売りによる損益:57,000円
    (騰落率:41.30%、倍率:1.41倍)
  • 2019/06/19 Sansan
    初値売りによる損益:26,000円
    (騰落率:5.78%、倍率:1.06倍)
  • 2017/12/18 ナレッジスイート
    初値売りによる損益:301,000円
    (騰落率:150.50%、倍率:2.51倍)

SaaS」がついたIPOの上場結果。

  • 2020/07/15 アイキューブドシステムズ
    初値売りによる損益:631,000円
    (騰落率:202.24%、倍率:3.02倍)
  • 2020/06/26 コマースOneHD
    初値売りによる損益:537,000円
    (騰落率:335.63%、倍率:4.36倍)
  • 2020/06/24 ロコガイド
    初値売りによる損益:260,500円
    (騰落率:130.25%、倍率:2.30倍)
  • 2019/12/25 AI inside
    初値売りによる損益:900,000円
    (騰落率:250%、倍率:3.50倍)
  • 2019/12/17 フリー
    初値売りによる損益:50,000円
    (騰落率:25%、倍率:1.25倍)

トヨクモと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2020/08/25 インターファクトリー
    初値売りによる損益:412,000円
    (騰落率:429.17%、倍率:5.29倍)
  • 2020/08/20 ニューラルポケット
    初値売りによる損益:420,000円
    (騰落率:466.67%、倍率:5.67倍)
  • 2020/08/07 ティアンドエス
    初値売りによる損益:421,000円
    (騰落率:150.36%、倍率:2.50倍)
  • 2020/07/31 Sun Asterisk
    初値売りによる損益:50,900円
    (騰落率:72.71%、倍率:1.73倍)
  • 2020/07/31 日本情報クリエイト
    初値売りによる損益:91,000円
    (騰落率:70%、倍率:1.70倍)

上場日の初値決定前の気配運用

トヨクモ(4058)の上場日の初値決定前の気配運用です。

公募価格 上限価格 下限価格
2,000円
4,600円
1,500円
  • 上限価格:更新値幅 100円、更新時間 10分。
  • 下限価格:通常の更新値幅、更新時間 3分。

(参考)上限方向の株価の推移。

時間 株価 倍率
9:00 2,000円 1.00倍
9:10 2,100円 1.05倍
9:20 2,200円 1.10倍
9:30 2,300円 1.15倍
9:40 2,400円 1.20倍
9:50 2,500円 1.25倍
10:00 2,600円 1.30倍
10:10 2,700円 1.35倍
10:20 2,800円 1.40倍
10:30 2,900円 1.45倍
10:40 3,000円 1.50倍
10:50 3,100円 1.55倍
11:00 3,200円 1.60倍
11:10 3,300円 1.65倍
11:20 3,400円 1.70倍
11:30 3,400円 1.70倍

時間 株価 倍率
12:30 3,500円 1.75倍
12:40 3,600円 1.80倍
12:50 3,700円 1.85倍
13:00 3,800円 1.90倍
13:10 3,900円 1.95倍
13:20 4,000円 2.00倍
13:30 4,100円 2.05倍
13:40 4,200円 2.10倍
13:50 4,300円 2.15倍
14:00 4,400円 2.20倍
14:10 4,500円 2.25倍
14:20 4,600円 2.30倍
14:30 4,600円 2.30倍
14:40 4,600円 2.30倍
14:50 4,600円 2.30倍
15:00 4,600円 2.30倍

売買の注文のバランスがとれると、通常の更新値幅へ移行します。

初値決定後の上限(下限)価格は、初値をもとにした制限値幅の価格になります。

IPOのポイント

トヨクモのメインサービスの有償契約数の推移。
有償契約数の増加により、継続的に収益が積み上がるストック型ビジネス。

有償契約数の推移

安否確認サービスは、サーバーを柔軟に拡張することが可能で、災害時にはアクセス増加に自動で対応します。
平常時は抑えるので、適切な費用負担で運用でき、BCP強化(災害時の事業継続計画)として、企業側は安価に導入できます。

全社への一斉連絡や出社確認など、コミュニケーションを円滑にする機能を持つことから、新型コロナウイルス感染症による働き方の変化への対応にも有用です。

唯一の気がかりは、売上高の59%を占めるkintone連携サービスが、サイボウズに依存していること。

とはいえ、トヨクモの旧社名は「サイボウズスタートアップス」。
マネジメントバイアウト(MBO)し独立したので、信頼関係はまったく問題ないでしょう。

ちなみに現在の社名のトヨクモは、天地開闢のタイミングで、雲を創り出し、農業ができるように大地に雨をもたらしたと言われる豊雲野神(とよくもののかみ)からとって名付けられたようです。
クラウドサービスを行っている同社にピッタリの社名ですね!

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。※S評価と迷いました。

  • 業績が好調。(決算情報
  • コロナ禍でも強い事業内容。
  • オファリングレシオが10.9%と低い。
  • 市場からの吸収金額が9.9億円と小さい。吸収金額による実績
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待。
  • 同日に3社が上場。
  • 売出しの20万株はサイボウズ。
  • サイボウズに依存したサービスを展開。

9.2 追記。仮条件が1,800円~2,000円に決定。(想定価格 1,800円より11.1%上ブレ↑)
初値予想を3,400円 ~ 4,200円に修正。予想利益は14万円~22万円です。

目論見書の想定仮条件は1,800円。初値予想は2,700円 ~ 3,600円としました。
予想利益は9万円~18万円です。

公募割れリスクは低いです。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券SMBC日興証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの3社だけでIPOに56回当選しています。(当選実績

SBI証券は現在、現金2千円がもらえるお得なタイアップ企画も行っています。

抽選資金に余裕があれば、岩井コスモ証券東海東京証券でも参加しておきたいです。

企業紹介

トヨクモは、法人向けクラウドサービスの開発・販売を行っている企業です。

主に2つのサービスを提供しています。

事業内容

どちらのサービスも初期費用がかからず、毎月一定の金額を支払うサブスクリプション。
企業側の導入の敷居は低いです。

安否確認サービスは、災害時の安否確認を携帯電話やパソコンで行うクラウドサービス。

災害発生時の被害状況を正確に把握し、社員への指示を迅速に行うための機能を備えています。
社内ネットワークの障害時の緊急連絡用としても活用可。

安否確認サービス

kintone(キントーン)は、売上管理や顧客管理など、業務に必要なアプリケーションを作成できるクラウドサービス。
kintoneに連携するサービスを提供することでkintoneをより便利に活用することを支援。

kintone連携サービス

サイボウズの100%子会社(サイボウズスタートアップス)としてスタート。
現在は独立し、社名をトヨクモに商号変更しています。

kintoneは、サイボウズ社のWebデータベースサービス。
開発の知識がなくても自社の業務に合わせ、データベースを利用したシステムやアプリを作成することができるサービスです。

設立は2010年8月。
従業員数は2020年7月末で31名、平均年齢は31.4歳、平均勤続年数は2.25年、平均年間給与は649.8万円。

トヨクモの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。