JMDC(4483):IPO上場情報と初値予想

JMDC

JMDCは、医療データベースの構築と提供、PHR等の健康増進サービス、画像診断等の遠隔医療、調剤薬局へのデジタルソリューションの提供を行っている企業です。

現在 日本において取りざたされている「医療費の増大」「医療の地域格差」「生活習慣病の増大」「労働力不足」といった社会課題に対しデータとICTの力で解決に取り組んでいます。


JMDCの上場日

C
  • IPO人気:あり
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2019/12/16 (月) 証券コード 4483
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
JMDC(4483)

JMDCのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/12/2 (月) ~ 12/5 (木)

仮条件 2,780円~2,950円 (抽選資金:27.8万円 ~ 29.5万円)
当選口数 58,650口
公募株数 2,000,000株 売出株数 3,100,000株
吸収金額 173億円 O.A分 765,000株
仮条件決定日 11/29 (金) 公募価格決定日 12/6 (金)
購入期間 12/9 (月) ~ 12/12 (木)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

JMDCの公募価格と初値

仮条件 2,780円~2,950円
公募価格 2,950円 初値 (初値予想)2,890円 ~ 3,000円※11/29 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)-6,000円~5,000円※11/29 修正

JMDCの初値予想と予想利益

JMDCの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件 2,780円 ~ 2,950円 ※抽選資金:27.8万円 ~ 29.5万円
初値予想 2,890円 ~ 3,000円※11/29 修正
予想利益 -6,000円~5,000円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,780円あたり ※抽選資金:27.8万円あたり
初値予想 2,720円 ~ 2,800円
予想利益 -6,000円~2,000円
送信中...

初値予想アンケート

JMDC(4483)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(2,780円)を基準価格としています。

有効回答:157   投票期限:2019/12/15 (日) 23:59まで
8,340円以上(3倍以上)
10票  6%
投票済み

6,950円以上~8,340円未満(2.5倍以上~3倍未満)
2票  1%
投票済み

5,560円以上~6,950円未満(2倍以上~2.5倍未満)
4票  3%
投票済み

4,170円以上~5,560円未満(1.5倍以上~2倍未満)
17票  11%
投票済み

3,336円以上~4,170円未満(1.2倍以上~1.5倍未満)
62票  39%
投票済み

2,780円以上~3,336円未満(1倍以上~1.2倍未満)
44票  28%
投票済み

2,780円未満(公募割れ)
18票  11%
投票済み

JMDCの主幹事と幹事証券

JMDCのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
野村證券
82.61% 4,845,000株 4,845口
みずほ証券 5.22% 306,000株 306口
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 5.22% 306,000株 306口
SMBC日興証券 5.22% 306,000株 306口
SBI証券 1.30% 76,500株 535口
マネックス証券 0.43% 25,500株 255口

委託幹事であるauカブコム証券は、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

JMDCの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年3月 2018年3月 2019年3月
売上高 2,215 2,813 3,599
経常利益 561 775 753
当期利益 160 577 387
純資産 1,229 1,806 5,308
配当金
EPS 36,918.91 66.26 18.31
BPS 279,947.47 206.23 229.27
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2018年3月 2019年3月
売上高 3,022 10,064
経常利益 596 1,410
当期利益 390 1,010
純資産 1,752 6,117
EPS 44.77 47.73
BPS 200.94 264.75
※EPS、BPSは(単位/円)

上位株主とロックアップ情報

JMDCの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
ノーリツ鋼機(株) 77.26% 90日間
松島 陽介 5.37% 90日間
山元 雄太 4.38% 90日間
杉田 玲夢 1.94% 90日間
PKSHA Technology 1.75% 継続所有
木村 真也 1.29% 90日間
上沢 仁 0.82% 90日間
長谷川 雅子 0.67% 90日間
岡山 太郎 0.42% 90日間
松本 孝 0.34%

直近の類似IPOの上場結果

JMDCと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2019/12/12 メドレー
    初値売りによる損益:-3,000円
    (騰落率:-2.31%、倍率:0.98倍)
  • 2019/12/11 マクアケ
    初値売りによる損益:116,000円
    (騰落率:74.84%、倍率:1.75倍)
  • 2019/10/25 BASE
    初値売りによる損益:-9,000円
    (騰落率:-6.92%、倍率:0.93倍)
  • 2019/10/08 HENNGE
    初値売りによる損益:60,100円
    (騰落率:42.93%、倍率:1.43倍)
  • 2019/10/08 AI CROSS
    初値売りによる損益:71,000円
    (騰落率:65.14%、倍率:1.65倍)

上場日の初値決定前の気配運用

JMDC(4483)の上場日の初値決定前の気配運用です。

公募価格 上限価格 下限価格
2,950円 6,790円 2,213円
  • 上限価格:更新値幅 148円、更新時間 10分。
  • 下限価格:通常の更新値幅、更新時間 3分。

引受価額は2,743.50円になります。
幹事証券の引受価額は、公募割れ時の目安になります。

初値決定後の上限(下限)価格は、初値をもとにした制限値幅の価格になります。

IPOのポイント

JMDCのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

ノーリツ鋼機(7744)が親会社。議決権の85.9%を所有。
今期 連結純利益は前期比76%減です。

5%増の31億円を見込んでいた従来予想から24億円引き下げた。
高齢者向け通信販売と、スマートフォン(スマホ)向けゲーム関連事業を手がける2つの子会社で利益が伸び悩み、のれん代などの減損損失を合計25億円計上する。
営業利益は28%減の40億円を見込む。従来予想は12%増の62億円だった。売上高の見通しは680億円で据え置いた。

ノーリツ鋼機の今期、純利益76%減に下方修正:日経新聞

個人的には、アルゴリズムライセンス事業を展開しているPKSHA Technology上位株主であることが気になっています。(売出しせず)

惜しむらくは公開規模の大きさ。
東証マザーズで100億円を超える調達金額は人気ありません。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

11.29追記。仮条件が想定発行価格(2,780円)より上振れ決定(2,780円 ~ 2,950円)したので、初値予想を2,890円 ~ 3,000円にやや上方修正しました。
予想利益は-6,000円~5,000円としました。

目論見書の想定仮条件は2,780円。初値予想は2,720円 ~ 2,800円としました。
予想利益は-6,000円~2,000円で、公募割れのリスクがあるIPOになります。

カブスルはIPO市況の様子をみて参加不参加を決めます。

ワンポイント

主幹事証券は大手の野村證券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数(割当数)も主幹事が一番多いです。

また、野村證券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

【お知らせ】11/30より、ネオモバ1株からIPOに申し込みできます。

企業紹介

JMDCは、医療データベースの構築と提供、PHR等の健康増進サービス、画像診断等の遠隔医療、調剤薬局へのデジタルソリューションの提供を行っている企業です。

人材やテクノロジーに積極的に投資し、医療ビッグデータを活用した新しい取組みやサービス開発にチャレンジしています。

現在 日本において取りざたされている「医療費の増大」「医療の地域格差」「生活習慣病の増大」「労働力不足」といった社会課題に対しデータとICTの力で解決に取り組んでいます。

  • 保険者支援サービス
    主に健康保険組合に対して、紙・画像レセプトを含めたレセプトデータ、健診データ、台帳データ等をデータベース化した上で、保健事業においてデータを活用してPDCAを回すことを支援。
  • ヘルスデータプラットフォーム
    保険者支援サービスを提供している健康保険組合に対して、当社開発の健康情報プラットフォーム「PepUp(ペップアップ)」による個人向け健康ポータルサイトを運営。発行ID数は100万超。
    PepUp
  • 医療ビッグデータ
    保険者支援の中で健康保険組合より二次利用許諾を得て受領したレセプトデータ及び健診データの匿名加工データから、600万人規模の医療ビッグデータを構築し、製薬企業、研究機関、生損保企業等に提供。

ヘルスビッグデータ事業を取り扱っており、700万人以上の健康保険組合員のデータを収集しています。

健康保険組合員のデータを収集

また、今後は収集したビッグデータの活用が期待されます。

多種多様なデータ群

グループは同社と子会社8社で構成。

設立は2002年1月。
従業員数は2019年9月末で200名、平均年齢は37.1歳、平均勤続年数は3.1年、平均年間給与は649.5万円。

JMDCの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。