BASE(4477):IPO上場情報と初値予想

BASE

BASEは、Eコマースプラットフォーム、オンライン決済サービスおよび資金調達サービス等の事業を行っている企業です。

同社、連結子会社であるPAY株式会社及びBASE B ANK株式会社の計3社で構成。
同社は、Eコマースプラットフォーム「BASE」を提供するBASE事業を、連結子会社であるPAY株式会社では、クレジットカード決済によるオンライン決済サービス「PAY.JP」及びID決済サービス「PAY I D」を提供するPAY事業を展開。

  • BASE事業
    「お母さんも使える」をコンセプトに、専門的なWebサイト構築やWebデザインの技術を使わずに、同社が提供するデザインテンプレートを選択するだけで、誰でも簡単にデザイン性の高いネットショップを作成することが出来ます。
    独自の決済システム「BASEかんたん決済」を提供し、ネットショップの開設から決済機能の導入までを提供。
    2019年8月に80万ショップを突破。
    BASE事業
  • PAY事業
    「PAY.JP」は、シンプルなAPIと豊富なライブラリで、Webサービスやネットショップに、スムーズにクレジットカード決済を組み込むことができるオンライン決済サービスであり、主にスタートアップ企業やベンチャー企業をターゲットにサービスを提供しています。
    「PAY ID」は、「BASE」のショップ及び「PAY.JP」の加盟店において利用可能な購入者向けのID決済サービスであり、「PAY ID」の登録者は、2019年8月末現在、250万人に達しています。
    PAY ID

設立は2012年12月。
従業員数は2019年8月末で105名、平均年齢は32.2歳、平均勤続年数は1.8年、平均年間給与は624.3万円。


BASEの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

BASEの上場日

D
  • 業績:不安
  • 公開比率:高い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい
  • ロックアップ:なし
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2019/10/25 (金) 証券コード 4477
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
BASE(4477)

BASEのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/10/9 (水) ~ 10/16 (水)

仮条件 1,150円~1,300円 (抽選資金:11.5万円 ~ 13万円)
当選口数 83,115口
公募株数 522,600株 売出株数 6,704,800株
吸収金額 95.5億円~108億円 O.A分 1,084,100株
仮条件決定日 10/8 (火) 公募価格決定日 10/17 (木)
購入期間 10/18 (金) ~ 10/23 (水)
備考 10/8の訂正目論見書にて、公募株数と売出株数、OA数を変更。

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

BASEの公募価格と初値

仮条件 1,150円~1,300円
公募価格 10/17 (木)に決定 初値 (初値予想)1,150円 ~ 1,300円※10/8 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)-15,000円~0円※10/8 修正

BASEの初値予想と予想利益

BASEの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件 1,150円 ~ 1,300円 ※抽選資金:11.5万円 ~ 13万円
初値予想 1,150円 ~ 1,300円※10/8 修正
予想利益 -15,000円~0円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,630円あたり ※抽選資金:16.3万円あたり
初値予想 1,500円 ~ 1,630円
予想利益 -13,000円~0円
送信中...

初値予想アンケート

BASE(4477)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,630円)を基準価格としています。

有効回答:109   投票期限:2019/10/24 (木) 23:59まで
4,890円以上(3倍以上)
6票  6%
投票済み

4,075円以上~4,890円未満(2.5倍以上~3倍未満)
2票  2%
投票済み

3,260円以上~4,075円未満(2倍以上~2.5倍未満)
2票  2%
投票済み

2,445円以上~3,260円未満(1.5倍以上~2倍未満)
1票  1%
投票済み

1,956円以上~2,445円未満(1.2倍以上~1.5倍未満)
2票  2%
投票済み

1,630円以上~1,956円未満(1倍以上~1.2倍未満)
17票  16%
投票済み

1,630円未満(公募割れ)
79票  72%
投票済み

BASEの主幹事と幹事証券

BASEのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

SBI証券は、抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されます。
IPOチャレンジポイント狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

BASEの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年12月 2017年12月 2018年12月
売上高 443,559 1,147,394 1,982,733
経常利益 -563,906 -1,261,431 -613,611
当期利益 -567,038 -1,268,804 -854,783
純資産 1,327,923 1,560,774 1,737,463
配当金
EPS -31,430.53 -175.82 -118.45
BPS -53,883.19 -310.53 -428.98
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2018年12月
売上高 2,352,406
経常利益 -798,930
当期利益 -854,783
純資産 1,737,463
EPS -118.45
BPS -428.98
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

BASEの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
鶴岡 裕太 21.13% 180日間
グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合 9.31%
(株)サイバーエージェント 8.74% 90日間 / 1.5倍
SBI Ventures Two(株) 8.04% 90日間 / 1.5倍
グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合 7.71% 90日間 / 1.5倍
(株)丸井グループ 6.11%
(株)メルカリ 6.02% 90日間 / 1.5倍
Fin Techビジネスイノベーション投資事業有限責任組合 6.00% 90日間 / 1.5倍
イーストベンチャーズ投資事業有限責任組合 5.52% 90日間 / 1.5倍
(株)partyfactory 5.08% 90日間 / 1.5倍

ちなみに、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんも株主となっています。

保有株数は50,000株(比率は0.24%)。
うち、上場時に半分の25,000株を売り出します。
残り半分にはロックアップ(90日間or1.5倍)がかかっています。


10/8の訂正目論見書にて、サイバーエージェントもロックアップがかかりました。

直近の類似IPOの上場結果

BASEと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2019/10/08 HENNGE
    初値売りによる損益:60,100円
    (騰落率:42.93%、倍率:1.43倍)
  • 2019/10/08 AI CROSS
    初値売りによる損益:71,000円
    (騰落率:65.14%、倍率:1.65倍)
  • 2019/10/01 パワーソリューションズ
    初値売りによる損益:311,000円
    (騰落率:155.50%、倍率:2.56倍)
  • 2019/09/24 Chatwork
    初値売りによる損益:-12,000円
    (騰落率:-7.50%、倍率:0.93倍)
  • 2019/09/20 ギフティ
    初値売りによる損益:38,000円
    (騰落率:25.33%、倍率:1.25倍)

IPOのポイント

BASEのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

初見で業績を見て、PAY事業で投資費用がかさんでいるのかな?と思いきや、メインであろうBASE事業でも損失が出ています。

売上高の集計期間は2018年1月1日~2018年12月31日。
項目 BASE事業 PAY事業
売上高 1,982,733(千円)
(売上高の84.3%)
369,673(千円)
(売上高の15.7%)
セグメント損益 -496,490(千円) -184,287(千円)

IPOの内容としては非常に悪く、出資企業の換金(回収)のための上場であるように見受けられます。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクが高い「D」に設定しました。

東証マザーズ上場で、下記に該当するIPOは公募割れのリスクが高くなります。

  • 市場からの吸収金額が大きい。(150.1億円→108億円あたり)
  • 売出比率が高い。(94.9%)
  • 業績が微妙。
  • ベンチャーキャピタル数および保有率が高い。また、ロックアップのかかりが甘い。

公募割れリスクがありますので、ブックビルディング参加は慎重にご判断を。

公募割れのリスクが高いので、SBI証券のポイント狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

カブスルもポイント狙いで100株のみ参加します。

9.26 追記。直近の売出しが多く、吸収金額が大きいIPOも公募割れとなっています。

  • HPCシステムズ
    公募価格 1,990円、初値 1,870円。騰落率:-6.0%
  • Chatwork
    公募価格 1,600円、初値 1,480円。騰落率:-7.5%

BASEに関するつぶやき

BASEのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。