利益が非課税になるNISA口座でも応募しよう

2014年より始まった新しい制度「NISA(ニーサ)」

NISA口座で購入した株式や投資信託の売却益、配当金や分配金による利益に対して、本来かかるべき税金(20.315%)が「非課税」となり発生しません。

NISAに関する詳しい説明は姉妹サイト「NISAのはじめ方」にてご確認下さい。

NISA口座で購入した株式の売却により得た利益が、1万円でも、100万円でもその利益に対して税金は発生しません。
※通常の口座であれば利益額1万円に対して2,031円の税金が、利益額100万円に対して203,150円の税金が発生します。

NISA口座の利益が非課税となるメリットは、人気IPOの爆発力と非常に相性が良いです。

IPOの「初値売り」による利益額と、NISA口座による「非課税額」

IPOの「初値売り」による利益額が大きかった銘柄と、NISA口座による「非課税額」です。

表を見て頂くと、NISA口座で人気IPOに当選することで どれだけ恩恵が得られたのかがお分かり頂けるかと思います。

2015年のIPO、初値売りによる利益額TOP5とNISA口座の非課税額

上場日 銘柄 公募価格 初値売りによる利益 NISA口座に
よる非課税金額
初値
11/27 ネオジャパン 2,900円 1,165,000円
(5.0倍)
236,669円
14,550円
3/17 エムケイシステム 3,500円 1,162,000円
(4.3倍)
236,060円
15,120円
9/15 アイビーシー 2,920円 733,000円
(3.5倍)
148,908円
10,250円
4/30 テラスカイ 1,700円 595,000円
(4.5倍)
120,874円
7,650円
4/28 ジグソー 2,390円 565,000円
(3.3倍)
114,779円
8,040円

2014年のIPO、初値売りによる利益額TOP5とNISA口座の非課税額

上場日 銘柄 公募価格 初値売りによる利益 NISA口座に
よる非課税金額
初値
11/27 CRI・ミドルウェア 2,400円 1,110,000円
(5.6倍)
225,496円
13,500円
10/22 オプティム 4,000円 1,040,000円
(3.6倍)
211,276円
14,400円
12/11 ビーロット 2,010円 849,000円
(5.2倍)
172,474円
10,500円
12/11 GMO TECH 5,800円 784,000円
(2.3倍)
159,269円
13,640円
12/16 メディカル・データ・ビジョン 5,180円 704,000円
(2.3倍)
143,017円
12,220円

いかがでしょうか?

IPOの 初値売りによる利益額が大きければ大きい程、NISA口座でIPOを購入することにより得られるメリットも大きくなります。

IPOで利益を得るには、NISA口座も作成しておきたいところです。

管理人は「マネックス証券」にてNISA口座を開設しています。
2015年にIPO「ゆうちょ銀行」がNISA口座で当選しました。

姉妹サイトにもIPOをNISA口座で申し込む事のメリットを紹介していますので、ご参考にどうぞ。


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ