ピー・ビーシステムズ(4447):IPO上場情報

ピー・ビーシステムズ

ピー・ビーシステムズは、企業の基幹システムをクラウド化する「セキュアクラウドシステム事業」を主力事業としている企業です。

また、VRシアター4D王の製造販売を行う「エモーショナルシステム事業」も行っています。

IPOとしては、一ヵ月ぶりとなり人気化する要素があります。

  • セキュアクラウドシステム事業
    • 1,466,179千円(売上高の98.7%)
    同社の主力事業で、売上高100億円~500億円規模の中堅企業が主な顧客ターゲット。

    サーバーの仮想化や強固なセキュリティ環境の構築を行う「プラットフォーム」、仮想化環境に特化し、現場から発生するニーズを満たした機能を製品化して販売を行う「プロダクツ」、顧客が望む独自機能を満たすためのスクラッチ開発(手作り開発)を行う「カスタマイザー」の3つの区分で構成されており、プライベートクラウド構築だけでなく、企業システム全般を対象としたサービスを中堅企業向けに提供しています。
    仮想化技術でニーズに対応
  • エモーショナルシステム事業
    • 19,546千円(売上高の1.3%)
    VRシアター4D王の技術開発及び製造販売。
    4D王は特許を取得しており、360度スクリーンに切れ目なく3D映像を投影する特許技術を基にした移設可能なミニシアターです。
    円筒形のスクリーンの中に客席が設置され、スクリーンに囲まれた空間に映像が縦横無尽に飛び回り、観客を突き抜ける特殊効果と、映像に同期した立体音響、突風、地面の揺れによって、360度に展開するストーリーに観客を没入させる、独自のVR空間を作り上げる装置。
    4D王
    (公式サイトより)

    4D王の常設設置箇所は遊園地を中心として、国内17箇所、海外2箇所、計19箇所です。
    博物館や科学館で設置されているほか、工場見学等産業系をはじめとした様々な用途に対応するシミュレーターとしての利用を検討

売上高の集計期間は2017年10月1日~2018年9月30日。

同社の収益を支えるのは主力事業のセキュアクラウドシステム事業。
エモーショナルシステム事業は、中長期的な成長と主力事業との関係性を構築するのが目的です。

セキュアクラウドシステム事業は、同社のコア技術である仮想化技術をベースにしたクラウドシステムの進展とともに、需要は拡大傾向にあります。

Citrix、Microsoft、VMwareのクラウドソリューションに精通している同社の中でも、Citrixについては仮想化・モビリティ・アプリ/モバイルセキュリティ・データセンターの4つ星分野全てについてCitrix社よりスペシャリスト認定された日本で唯一のCitrixパートナーです。

日本国内のプライベートクラウド市場においては、2017年の市場規模は前年比40.6%増の4,223億円となり、2022年には2兆851億円になると予測されています。

エモーショナルシステム事業においては、BtoBtoC分野が顧客ターゲットであり、セキュアクラウドシステム事業とは異なる需要を喚起することができます。

頭に装着するタイプのいわゆるヘッドマウントディスプレイ型のVRとは異なり、軽い3D眼鏡を装着するだけで、一度に16名~100名が同時に視聴・体験・感動を共有できる独自のVRシアターとしての特徴が評価されています。

設立は1997年2月。
従業員数は2019年7月末で46名、平均年齢は45.6歳、平均勤続年数は8.8年、平均年間給与は590.6万円。


ピー・ビーシステムズの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ピー・ビーシステムズの上場日

B
  • 業績:不安
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:低い
  • 当選口数:少ない
  • 公募多い
  • 調達金額:大きい
  • ロックアップ:あり

上場日 2019/9/12 (木) 証券コード 4447
市場 福証Qボード 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ピー・ビーシステムズ(4447)

ピー・ビーシステムズのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/8/26 (月) ~ 8/30 (金)

仮条件 1,280円~1,380円 (抽選資金:12.8万円 ~ 13.8万円)
当選口数 2,400口
発行済株式数 1,309,200株 オファリングレシオ 18.3%
公募株数 150,000株 売出株数 60,000株
吸収金額 3.3億円 O.A分 30,000株
仮条件決定日 8/22 (木) 公募価格決定日 9/2 (月)
購入期間 9/4 (水) ~ 9/9 (月)
備考 新規発行による手取り金の使途は、事業拡大に係る採用費及び人件費、社内のサーバ・ストレージ及びネットワーク機器並びにソフトウエア等購入費、長期借入金の返済に充当する予定。

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ピー・ビーシステムズの公募価格と初値

仮条件 1,280円~1,380円
公募価格 1,380円 初値 1,950円
騰落率 41.30%  倍率  1.41倍
初値売り損益 57,000円(1,950円 - 1,380円)× 100株

ピー・ビーシステムズの初値予想と予想利益

ピー・ビーシステムズの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

1,280円 ~ 1,380円 ※抽選資金:12.8万円 ~ 13.8万円
上限は0.7%上ブレ↑

初値予想 1,640円 ~ 2,055円
予想利益 2.6万円~6.75万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,370円あたり ※抽選資金:13.7万円あたり
初値予想 1,640円 ~ 2,055円
予想利益 2.7万円~6.85万円
送信中...

初値予想アンケート

ピー・ビーシステムズ(4447)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,370円)を基準価格としています。

有効回答:240   投票期限:2019/9/11 (水) 23:59まで
3倍以上(4,110円以上)
73票  30%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(3,425円以上~4,110円未満)
18票  8%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,740円以上~3,425円未満)
35票  15%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(2,055円以上~2,740円未満)
54票  23%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,644円以上~2,055円未満)
48票  20%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,370円以上~1,644円未満)
7票  3%
投票済み

公募割れ(1,370円未満)
5票  2%
投票済み

ピー・ビーシステムズの主幹事と幹事証券

ピー・ビーシステムズのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

追加の委託幹事として岡三オンライン証券が決まりました。
抽選時に資金が必要ない証券会社です。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
エイチ・エス証券
84.25% 202,200株 202口
SBI証券 8.75% 21,000株 146口
FFG証券 3.50% 8,400株 0口
岡三証券 0.88% 2,100株 2口
東洋証券 0.88% 2,100株 2口
エース証券 0.88% 2,100株 0口
西日本シティTT証券 0.88% 2,100株 0口

委託幹事である岡三オンライン証券は、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


ピー・ビーシステムズの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2018年9月 2017年9月 2016年9月
売上高 1,485,725 1,591,790 1,323,399
経常利益 14,396 89,385 26,716
当期利益 -87,318 91,245 47,992
純資産 36,655 123,973 32,728
配当金
EPS -75.33 78.71 10,036.09
BPS 31.62 106.95 5,646.73
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

上位株主とロックアップ情報

ピー・ビーシステムズの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
冨田 和久 28.50% 180日間
森﨑 高広 5.00% 180日間
彌永 玲子 4.51% 180日間
加賀電子(株) 3.75% 90日間 / 1.5倍
(株)ユニリタ 3.47% 90日間 / 1.5倍
日本アジア投資(株) 3.33% 90日間 / 1.5倍
山代ガス(株) 3.33% 90日間 / 1.5倍
(株)ゼネラルアサヒ 2.91% 90日間 / 1.5倍
イメージ情報開発(株) 2.78% 90日間 / 1.5倍
K&Pパートナーズ1号投資事業有限責任組合 2.64% 90日間 / 1.5倍

直近の類似IPOの上場結果

ピー・ビーシステムズと同じホットワードのIPOの上場結果です。

「クラウド」がついたIPOの上場結果。

  • 2019/06/19 Sansan
    初値売りによる損益:26,000円
    (騰落率:5.78%、倍率:1.06倍)
  • 2017/12/18 ナレッジスイート
    初値売りによる損益:301,000円
    (騰落率:150.50%、倍率:2.51倍)
  • 2017/06/21 エコモット
    初値売りによる損益:146,500円
    (騰落率:53.66%、倍率:1.54倍)
  • 2016/09/27 チェンジ
    初値売りによる損益:179,900円
    (騰落率:149.92%、倍率:2.50倍)
  • 2016/04/19 グローバルウェイ
    初値売りによる損益:1,104,000円
    (騰落率:372.97%、倍率:4.73倍)

ピー・ビーシステムズと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:福証Qボード」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2006/10/25 メディアファイブ
    初値売りによる損益:45,000円
    (騰落率:32.14%、倍率:1.32倍)
  • 2004/11/25 ジェイエムネット
    初値売りによる損益:73,000円
    (騰落率:26.07%、倍率:1.26倍)

IPOのポイント

ピー・ビーシステムズのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

VRやAR関連技術は、今後も技術革新が拡がることが見込まれますが、同社のエモーショナルシステム事業は、本格的な事業の開始以降、未だ営業損益では赤字の状態が継続しています。

ただし同社にとっては、中長期的にセキュアクラウドシステム事業と互いに補完し合う関係を構築して収益構造を安定化させることが目的の事業でもあります。

全体の業績としては、やや浮き沈みがあります。

業績

福証Qボードの上場は、2015年8月に上場したエスケーホーム以来 4年ぶりです。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 約一ヵ月ぶりのIPO
  • IPOで非常に人気のある「クラウド」関連事業。
  • 業績が微妙。(上下のブレがある)
  • 福証としては市場からの吸収金額がやや大きい。

目論見書の想定仮条件は1,370円。初値予想は1,640円 ~ 2,055円としました。
予想利益は27,000円~68,500円になります。

評価としては「B」ですが、一カ月以上間があいたIPOは、待ちわびた投資家により、評価以上に人気化する傾向があります。上場日の株式市況によっては、大幅な上昇も期待できます。

参考までに、管理人は幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

ピー・ビーシステムズに関するつぶやき

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。