IPO「SGホールディングス(佐川急便)」(9143)

SGホールディングス(佐川急便)

SGホールディングス」は 運送大手の「佐川急便」を傘下に持つ純粋持株会社です。

佐川急便は「上場していない大手企業」の代表格でしたが、いよいよ上場となりました。
以前の情報では人手不足を補うIT投資による資金調達が理由でしたが、今回は全株 売出になるようです。

グループでは、法人顧客から形状・頻度・数量など様々なニーズに基づいた出荷に対応可能な物流配送網を構築し、法人顧客のニーズに応じた物流業務受託(B to B(事業者間の物流)及びB to C(事業者から個人への物流)に注力した事業展開を行っています。

グループは、純粋持株会社であるSGホールディングス、連結子会社102社、持分法適用の関連会社9社により構成。

セールスドライバーが集配業務のみならず営業担当者として法人顧客のニーズの把握・ソリューションの提案などを行い、顧客企業のサプライチェーンを把握した上で、グループが有するあらゆるリソースを活用した効率的な物流システムの提案及び提供を実施しています。

  • デリバリー事業
    宅配便事業を中心として当社グループの日本全国を網羅するネットワークを駆使した物品輸送サービスを法人顧客中心に提供。
  • ロジスティクス事業
    流通加工サービス、物流センター・倉庫運営サービス等の3PLや、通関業務受託・フォワーディングサービス等の国際輸送に加え、海外拠点において各地域内での物流業務を担う海外現地物流を提供。
  • 不動産事業
    物流ソリューション提供のための事業インフラである物流施設を中心に不動産の開発、賃貸、管理。

営業収益の約79%が「デリバリー事業」による収益となっております。(第11期連結会計年度)

IPOによる市場からの調達金額は約1,244億円。2017年のIPOにおいて最大規模となります。
市場は東証で所属部は未定ですが規模を考えると一部上場になりそうです。

設立は昭和40年11月です。
従業員数は平成29年10月20日現在で209名、平均年齢は38歳、平均勤続年数は9.4年、平均年間給与は707.9万円です。


IPO「SGホールディングス(佐川急便)」の上場日

C
  • 業績:好調
  • 売出多い
  • 割安感:割高
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2017/12/13 (水) 証券コード 9143
市場 東証一部 業種 陸運業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
SGホールディングス(佐川急便)(9143)

IPO「SGホールディングス(佐川急便)」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2017/11/27 (月) ~ 2017/12/1 (金)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 1,540円~1,620円 (抽選資金:15.4万円 ~ 16.2万円)
当選口数 715,829口
公募株数 0株 売出株数 71,582,900株
吸収金額 1,276.1億円 O.A分 7,192,500株
備考 国内市場への売出:47,950,300株、海外市場への売出:23,632,600株の予定

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「SGホールディングス(佐川急便)」の公募価格と初値

公募価格 1,620円 初値 1,900円
騰落率 17.28%  倍率  1.17倍
初値売りでの損益 28,000円(1,900円 - 1,620円)× 100株

SGホールディングス(佐川急便)の「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「SGホールディングス(佐川急便)」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「SGホールディングス(佐川急便)」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年3月 2016年3月 2017年3月
売上高 17,518 17,443 19,128
経常利益 9,496 9,668 12,079
当期利益 9,468 12,808 100,894
純資産 168,842 177,977 273,822
配当金 26.00 30.00 36.00
EPS 84.41 38.61 325.04
BPS 1,609.90 565.72 882.13
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年3月 2017年3月
売上高 943,303 930,305
経常利益 52,572 51,208
当期利益 33,975 28,452
純資産 237,192 309,771
EPS 106.80 91.66
BPS 735.32 919.52
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「SGホールディングス(佐川急便)」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証一部」かつ「業種:陸運業」のIPO結果です。

  • 2016/10/25 上場JR九州… 初値売りによる損益:50,000円(騰落率:19.23%、倍率:1.19倍)
  • 2014/04/23 上場西武ホールディングス… 初値売りによる損益:0円(騰落率:0%、倍率:1.00倍)
  • 2013/03/15 上場鴻池運輸… 初値売りによる損益:38,400円(騰落率:37.65%、倍率:1.38倍)

管理人のコメントby SGホールディングス(佐川急便)

上場前

国内における三大運送業者と言えば「ヤマト運輸」「佐川急便」「日本郵便」。
こちらの上位3社で宅配便の約9割を占めています。

ヤマト運輸を参加に持つ「ヤマトHD」は1949年5月に上場。
日本郵便を参加に持つ「日本郵政」は2015年11月に上場しております。

長期経営ビジョンを「アジアを代表する総合物流企業グループへ」と定め、その達成方法として「GOAL」を基軸としたグループ連携によるソリューション力の強化やグローバル物流ネットワークの確立等を掲げています。

「GOAL」とは、「デリバリー事業」「ロジスティクス事業」を中心にグループ各社の有するリソースを活用し、グループ横断的な複合的物流サービスを検討・提案するための先進的ロジスティクスプロジェクトチームで、顧客の物流課題解決に向けた提案活動をしています。

昨今、ネットショッピングによるEC事業による配達は年々増え続けており ドライバーの労働環境の改善や配送料金の値上げなどが行われています。(運転手さんお疲れ様です)

足許では政府主導のもと、働き方改革について検討が進められており、平成31年度から長時間労働の是正に向けた改正法案の施行が見込まれております。

SGホールディングス グループが従事する自動車の運転業務については、人手不足を理由として規制適用を5年間猶予し、年間の上限残業時間を960時間(月平均80時間)とする旨が公表されています。

同社では、今後の人口減少による将来的な労働力不足への対応として、積極的にIT利用を促進する方針です。
具体的には自動化技術・ビッグデータAI(人工知能)・スマートデバイス等先端技術を積極的に取り入れた先行投資を行い、実用化を検討しております。

2017.11.13 追記。市場注目度は やや低い「C」となりました。
市場注目度が低くなった理由としては、運送業界の人材不足やそれによるコスト増加などへの懸念が強いことや予想PERにおける割安感がないことが影響したようで、初値は公募価格付近が予想されています。

参考までに

管理人の奥様が「SMBC日興証券」で100株 当選を果たしました!(ブログ

知名度は高いですが、内容的にはやや微妙なIPOになります。
直近のIPO実績が好調なので この勢い流れを引き継いで欲しいです。

ブックビルディングは好調のようで、個人投資家で7倍、機関投資家で12倍、海外は15倍程度の申込み倍率だったようです。

上場後

奥様の当選IPOという事で注目していたIPOです。
一時期は公募割れも囁かれていたIPOですが、結果は良かったです。

公募価格1,620円に対して初値は1,900円騰落率:17.28%(1.17倍)になりました。

初値売りによる利益額は 2.8万円になりました (  ̄∇ ̄)

IPO「SGホールディングス(佐川急便)」に関するつぶやき