IPO「トランザス」(6696)

トランザス

トランザス」グループは、通信機能をもった端末であるIoT端末や機器装置の製造販売及びそれを利用したシステム・サービスの提供をしている企業です。

具体的には、各種ソフトウェア(ファームウェア、システムのミドルウェア及びアプリケーションソフトウェア)の開発からターミナルの製造、システム・サービス提供、メンテナンスまでをワンストップで行っています。

トランザス及びTRANZAS Asia Pacific Pte.Ltd.(連結子会社)の2社によりグループを構成。

主にソフトウェアやターミナルを開発し顧客の課題を解決し、さらに、それらの知的財産権を利用し新たなターミナルやサービスを開発し、様々なビジネス分野に展開しています。

  • IoTソリューションサービス
    自社デザインのターミナル(端末)及びシステムを開発。
    事業者は各種ターミナルやシステムを利用して、コンテンツやシステム・サービスを顧客に提供。
  • IT業務支援サービス
    業務システムの受託開発・メンテナンスサービスの提供とターミナルの導入支援及びメンテナンス。

IoTソリューションサービスは、映像配信分野、販売業務支援分野及び作業支援分野に展開しており、ソフトウェア・ターミナル・システムを提供しています。

ホテル・病院 VOD配信用ソフトウェア・STB・サーバ・ライセンス
会社・官公庁 テレビ会議・IPTVサービス用ソフトウェア・STB・サーバ・ライセンス
官公庁・非営利団体 複数地点をつなぐライブ配信用ソフトウェア・STB・サーバ・ライセンス及びIP放送システム
大型公共施設・娯楽施設・小売業 マルチパネルディスプレイ、デジタルサイネージ及びコンテンツ管理システム
冠婚葬祭場 マルチパネルディスプレイ、タッチパネルディスプレイ及びコンテンツ配信サービス
工場、開発パートナー ウェアラブルデバイス

IPOで人気のあるIT関連企業です。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。


IPO「トランザス」の上場日

S
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:やや高い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2017/8/9 (水) 証券コード 6696
市場 東証マザーズ 業種 電気機器
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
トランザス(6696)

IPO「トランザス」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2017/7/24 (月) ~ 2017/7/28 (金)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 1,240円~1,300円 (抽選資金:12.4万円 ~ 13万円)
当選口数 7,400口
公募株数 380,000株 売出株数 360,000株
吸収金額 10.9億円 O.A分 100,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「トランザス」の公募価格と初値

公募価格 1,300円 初値 3,510円
騰落率 170.00%  倍率  2.70倍
初値売りでの損益 221,000円(3,510円 - 1,300円)× 100株

トランザスの「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「トランザス」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「トランザス」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
(委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

公募割れリスクも低いと想定されますので積極的に応募していきましょう。

楽天証券」からも IPOの申込みが可能となりましたので、お忘れなく。

IPO「トランザス」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年1月 2016年1月 2017年1月
売上高 791,801 1,028,122 1,051,654
経常利益 138,661 202,407 184,484
当期利益 85,422 122,612 111,695
純資産 268,283 426,895 538,834
配当金
EPS 2,265.72 65.19 55.63
BPS 7,219.67 212.60 268.34
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「トランザス」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:電気機器」のIPO結果です。

  • 2012/06/22 上場大泉製作所… 初値売りによる損益:5,000円(騰落率:14.29%、倍率:1.14倍)
  • 2011/12/16 上場ダブル・スコープ… 初値売りによる損益:-20,000円(騰落率:-8%、倍率:0.92倍)
  • 2010/12/16 上場(株)テラプローブ… 初値売りによる損益:-22,500円(騰落率:-7.50%、倍率:0.93倍)
  • 2006/06/21 上場インスペック… 初値売りによる損益:68,000円(騰落率:12.36%、倍率:1.12倍)
  • 2004/08/18 上場シコー技研… 初値売りによる損益:2,000,000円(騰落率:66.67%、倍率:1.67倍)

管理人のコメントby トランザス

上場前

ソフトウェア開発だけでなく、端末開発・サービスまでを可能とする垂直統合型のビジネスを展開しており、ソフトウェアの開発からサービス提供までをワンストップで提供しています。

ソフトウェアを内製化することで顧客の要望に柔軟に対応することができ、また、ハードウェアの開発に当たっては、部材の選定から関わり台湾・中国の電子機器の受託メーカー(EMS)に製造委託することで、顧客にとっての機能最適化を図るとともに、低コスト化を図っています。

また、これまでに開発してきたソフトウェアの知的財産権を社内に蓄積しており、過去に開発したソフトウェアの転用と開発のノウハウを活かして、短期間で安定稼働を実現するターミナル・システム向けソフトウェアの開発を可能としております。これにより、IoT端末をはじめとした通信機能を持つターミナルを早期に開発していくことが可能です。

専門性の高いシステム系の業種はIPOの中でも特に人気があります。

IPOの騰落率は人気に左右されますので、人気があるかどうかはとっても大事な要素になります。
大手の予想待ちですが、市場注目度は高くなるんじゃないでしょうか。

2017.7.25 追記。仮条件は「1,240円~1,300円」に決まりました。
仮条件の決定に伴い、想定の初値予想は「2,600円 ~ 3,000円」に修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると17万円の利益になりそうです。

2017.7.10 追記。市場注目度は 最も高い「S」となりました。
公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「1,200円 ~ 1,400円」。想定の初値予想は「2,800円 ~ 3,200円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると18万円の利益になりそうです。

IPO「トランザス」に関するつぶやき