「丸三証券」(マルサントレード)の紹介

丸三証券

丸三証券」が提供しているインターネット専用口座「マルサントレード」の紹介です。

丸三証券は明治43年(1910年)創業の長い歴史を持つ証券会社です。


丸三証券(マルサントレード)の基本情報

丸三証券」が提供している「マルサントレード」は担当営業員のいない非対面のサービスです。
非対面である分、売買の取引手数料が安くなっています。

銘柄コースの取引手数料。(税込価格) / 2016.8.22時点
コース 20万円 50万円 100万円 300万円
マルサントレード 216円 540円 1,080円 3,240円
本支店(営業員) 2,700円 6,210円 11,837円 28,901円

本支店では投資のアドバイスを聞ける分、取引手数料がマルサントレード(ネット)より高くなっています。

丸三証券(マルサントレード)のIPO抽選・配分 方法

丸三証券のネット専業取引「マルサントレード」の抽選方式は1人1票の公平抽選です。

資金量に左右されませんので、ブックビルディングは一口(100株)の応募でOKです。

丸三証券の本・支店とマルサントレードから公募価格以上の価格で抽選申込した人が対象です。

配分は、丸三証券全体の配分予定単元数の10%が本支店とネットで公平抽選に回ります。
残りの90%は店頭営業マンによる裁量割当(配布)になります。

丸三証券/丸三トレードのIPO実績

「丸三証券/丸三トレード」の過去3年間のIPO実績です。

 
主幹事数
引受幹事数(委託含む)

IPO当選狙いにおすすめ

IPOの当選を目指すには「穴場的存在」である「丸三証券」の口座開設もしておきたいところです。
日経テレコン21(証券会社版)が見られるのも嬉しいサービスです。

利益が非課税になる「NISA口座」にて当選IPOの購入が出来るのも「丸三証券」の魅力の一つです。

丸三証券

←前項 GMOクリック証券 安藤証券 次項→

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ