ニーズウェル(3992):IPO上場情報

ニーズウェル

ニーズウェル」は エンドユーザー(金融機関、通信キャリアなど)から直接受託したシステムの構築や、システムインテグレーターやメーカーを経由して受託した企業向け社内システム構築などの開発案件に参画し、基本的に顧客企業先に常駐して顧客システムの開発・保守を行う事業を行っています。

  • 業務系システム開発
    (金融系・通信系・流通 サービス系)

    顧客の基幹業務に関わるシステム開発を行っており、金融、通信、流通、サービス等の幅広い分野におけるシステム開発。
    システムの企画立案から導入後、顧客企業先に常駐して保守を行うため、顧客の基幹的なシステムに深くかつ継続的に関与しています。
  • 基盤構築
    ITシステムの基盤となるサーバ等ハードウェアの環境設計、構築、導入を実施するとともに、ネットワーク環境における通信機器の設定。
  • 組込系開発
    IoTや自動車自律走行にみられるような技術革新の流れの中で急速に需要が拡大している分野であり、本サービス分野における技術・ノウハウは、インターネットで接続された精密機器等で収集したデータを業務系システムに連動させて活用する等、顧客にとってさらに価値の高いサービス提供。

売上の約8割は「業務系システム開発」によるものとなっています。

金融や流通分野での制度対応としてのシステム更新のほか、クラウド・ビッグデータの利用、IoT・フィンテック・自動運転等の革新的な技術を活用した戦略投資としてのIT投資案件が増加しており、投資需要は今後とも堅調に推移するものと見込まれます。

IPOで人気のあるIT関連企業です。
その人気ぶりは「直近の類似IPOの上場結果」を見ても明らかです。

IPOとしては、市場からの調達金額が6.8億円あたりと 人気化しやすい小型案件である事から 初値にも期待が出来そうです。

評価は 最も高い「S」となり、初値売りによる利益予想は約21万円です。
公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

設立は1986年10月です。
従業員数は平成29年7月末で535名、平均年齢は34.6歳、平均勤続年数は4.9年、平均年間給与は約494万円です。


ニーズウェルの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ニーズウェルの上場日

S
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:やや低い
  • 当選口数:少ない
  • 調達金額:小さい
  • 割安感:割安
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2017/9/20 (水) 証券コード 3992
市場 JASDAQ スタンダード 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ニーズウェル(3992)

ニーズウェルのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2017/8/30 (水) ~ 9/5 (火)

仮条件 1,590円~1,670円 (抽選資金:15.9万円 ~ 16.7万円)
当選口数 4,025口
公募株数 200,000株 売出株数 150,000株
吸収金額 6.7億円 O.A分 52,500株
仮条件決定日 8/28 (月) 公募価格決定日 9/6 (水)
購入期間 9/7 (木) ~ 9/12 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ニーズウェルの公募価格と初値

仮条件 1,590円~1,670円
公募価格 1,670円 初値 3,850円
騰落率 130.54%  倍率  2.31倍
初値売り損益 218,000円(3,850円 - 1,670円)× 100株

ニーズウェルの初値予想と予想利益

ニーズウェルの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件 1,590円 ~ 1,670円 ※抽選資金:15.9万円 ~ 16.7万円
初値予想 3,300円 ~ 3,800円※8/30 修正
予想利益 163,000円~213,000円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,490円 ~ 1,690円 ※抽選資金:14.9万円 ~ 16.9万円
初値予想 3,400円 ~ 3,900円
予想利益 171,000円~221,000円

ニーズウェルの主幹事と幹事証券

ニーズウェルのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

当選口数が少なく、公募割れリスクも低いと想定されますので積極的に応募していきましょう。

「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」と同グループの「カブドットコム証券」からも申し込みが可能です。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

ニーズウェルの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2014年9月 2015年9月 2016年9月
売上高 3,022,555 3,986,311 4,586,752
経常利益 188,034 350,507 405,373
当期利益 117,753 211,317 256,999
純資産 383,197 580,522 820,032
配当金 10,800.00 1,000.00 1,500.00
EPS 6,722.31 120.82 146.94
BPS 21,909.51 331.92 468.86
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

ニーズウェルと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:JASDAQ スタンダード」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

IPOのポイント

ニーズウェルのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

金融系・通信系・流通 サービス系の「業務系システム開発」は、売上高構成比の約8割を占めています。

システムの企画立案から導入後、顧客企業先に常駐して保守を行うため、顧客の基幹的なシステムに深くかつ継続的に関与し、顧客の業界や業務内容に対する知識・ノウハウを有し、顧客ニーズの理解と信頼を得られています。

金融系の業務知識を蓄積しつつ、さらに上流工程から参画可能な業務知識を有する技術者を育成し、金融系分野のさらなる事業拡大を図っています。

IPOで人気のあるIT関連企業です。
売上高・経常利益 共に右肩上がりです

さらに、市場からの調達金額が 6.8億円程度人気化しやすい小型案件である事から 初値にも大きな期待が出来そうです。

評価は 最も高い「S」となりました。

仮条件は「1,590円~1,670円」。想定の初値予想は「3,300円 ~ 3,800円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると21.3万円の利益になりそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

配当実績があり、平成28年9月の配当金は15円となっています。(100株に株式分割後の計算)

ニーズウェルに関するつぶやき

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。