チームスピリット[4397]:IPO上場情報と初値予想

IPO「チームスピリット」(4397)

チームスピリット

チームスピリットは クラウド上のサービス「SaaS」を通して、働く人と企業の「働き方改革」を推進する顧客サービスを事業として展開している企業です。

働き方改革は政府が推進する政策の一つでIPOとしても人気化しそうなテーマです。

企業向けに勤怠管理、就業管理、工数管理、経費精算、電子稟議、カレンダー、SNS等の従業員が日々利用するアプリケーションをひとつにまとめた「TeamSpirit」やユーザー企業を有償で支援するプロフェッショナルサービスを提供しています。

出社から退社まで働く人の活動に関する基礎情報(ビッグデータ)を収集することで間接業務を効率化するだけではなく、日々の成果を可視化し、チームのコミュニケーションやPDCAサイクルの仕組みに変えるという新しい価値を提供しています。

インターネット経由で必要な期間利用できる「SaaS」という形態で提供され、テレワークや在宅勤務など多様で先進的なワークスタイルをサポートします。

TeamSpiritの契約ライセンス数の推移です。

年月 契約ライセンス数(人) 契約社数(社)
平成30年5月 129,944 932
平成29年8月 98,900 795
平成28年8月 71,593 616

サブスクリプションモデル(定期購読)による課金サービスを提供していますので、解約数が契約数を上回らない限り、収益は前年度より高くなります。

IoTや人工知能(AI)などを軸とする「第4次産業革命」が社会に大きな変化をもたらしつつあるなか、企業は最新技術を駆使して新たなビジネスモデルや付加価値を創出する「デジタルトランスフォーメーション」への取り組みに迫られています。

デジタルトランスフォーメーションとは、情報システムによる業務効率化の域を超え、人工知能(AI)やIoTなどデジタル技術を活用して新たなビジネスを生み出し、人々の生活をあらゆる面でより良くするという概念のことです。

ビジネス環境が刻一刻と変化し、かつ国内の生産年齢人口が今後確実に減り続ける社会で企業が成長し続けるためには、既存の組織及びビジネスモデルの根本的な構造改革に挑戦すること、またイノベーションを実現することが必要不可欠です。

そのためにまず企業がなすべきことは、社内の間接業務を極力削減し、従業員一人ひとりの時間の使い方・働き方を可視化することで業務を改善することであり、働く人が創造的に時間を使うことでアウトプットの質・量を最大化することだと同社は考えています。

設立は平成8年11月です。
従業員数は平成30年6月末で654名、平均年齢は36.2歳、平均勤続年数は2.3年、平均年間給与は715.9万円です。


IPO「チームスピリット」の上場日

S
  • 業績:不安
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:低い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • 割安感:割高
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2018/8/22 (水) 証券コード 4397
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
チームスピリット(4397)

IPO「チームスピリット」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/8/6 (月) ~ 8/10 (金)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 1,000円~1,200円 (抽選資金:10万円 ~ 12万円)
当選口数 4,800口
公募株数 400,000株 売出株数 80,000株
吸収金額 6.6億円 O.A分 72,000株
仮条件決定日 8/2 (木) 公募価格決定日 8/13 (月)
募集期間 8/14 (火) ~ 8/17 (金)

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「チームスピリット」の公募価格と初値

公募価格 1,200円 初値 (想定の初値)2,400円 ~ 2,800円※8/6 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 (想定の初値売りによる利益)160,000円※8/6 修正

チームスピリットの「想定仮条件」と「予想利益」

参考までにIPO「チームスピリット」の「想定仮条件」と「想定初値」による「予想利益」です。
(予想利益は各上限で計算しております。)

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。(想定仮条件×100株)
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

仮条件「決定後」の想定価格

仮条件 1,000円 ~ 1,200円 ※抽選資金:10万円 ~ 12万円
初値の想定価格 2,400円 ~ 2,800円※8/6 修正
想定条件での予想利益 160,000円(2,800円 - 1,200円)× 100株

仮条件「決定前」の想定価格

仮条件の想定価格 900円 ~ 1,100円 ※抽選資金:9万円 ~ 11万円
初値の想定価格 2,200円 ~ 2,500円
想定条件での予想利益 140,000円(2,500円 - 1,100円)× 100株

IPO「チームスピリット」の主幹事証券と引受幹事証券

「チームスピリット」のIPOを取り扱っている証券会社です。(申込みが可能)
のマークがついている証券会社は特に管理人がおすすめする証券会社です。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

主幹事は「野村證券」になりました。
IPOの割当数(当選口数)も主幹事が一番多いです。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

久しぶりに「カブドットコム証券」からもIPOの申込みが可能ですのでお忘れなく。

抽選に外れても次回のチャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが貯まる「SBI証券」、申込み時の抽選資金が不要で庶民に優しい「ライブスター証券」と「岡三オンライン証券」。
当サイト限定!現金7,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを期間限定で行っています♪(タイアップ詳細
特に「SBI証券」と「岡三オンライン証券」は取扱うIPOの数が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

IPO「チームスピリット」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年8月 2016年8月 2017年8月
売上高 306,374 540,270 772,960
経常利益 -119,320 -138,535 -96,667
当期利益 -120,060 -138,930 -97,368
純資産 170,693 31,762 204,394
配当金
EPS -4,272.27 -22.19 -15.54
BPS -14,278.16 -93.58 -102.58
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までに、IPO「チームスピリット」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2018/08/02 上場システムサポート
    初値売りによる損益:225,000円
    (騰落率:128.57%、倍率:2.29倍)
  • 2018/07/26 上場エクスモーション
    初値売りによる損益:166,000円
    (騰落率:49.70%、倍率:1.50倍)
  • 2018/07/26 上場アクリート
    初値売りによる損益:77,200円
    (騰落率:100.26%、倍率:2.00倍)
  • 2018/07/24 上場バンク・オブ・イノベーション
    初値売りによる損益:104,000円
    (騰落率:108.33%、倍率:2.08倍)
  • 2018/07/04 上場ロジザード
    初値売りによる損益:160,000円
    (騰落率:177.78%、倍率:2.78倍)

IPOのポイントby チームスピリット

上場前

「働き方改革」という政策テーマに沿った事業内容で、IPO的には人気のあるサービスになります。

個人的には「業績がイマイチ(縮小傾向だけど赤字)」「ベンチャーキャピタルの比率が高い」「株価が割高」という事で、市場注目度は「A」くらいが妥当かなぁと思います。

参考までに

2018.8.6 追記。仮条件の決定に伴い、想定の初値予想は「2,400円 ~ 2,800円」に修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると16万円の利益になりそうです。

2018.7.23 追記。大手の市場注目度は 最も高い「S」となりました。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「900円 ~ 1,100円」。想定の初値予想は「2,200円 ~ 2,500円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると14万円の利益になりそうです。

ワンポイント

主幹事証券は大手の野村證券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選口数(割当数)も主幹事が一番多いです。

また、「野村證券」ではIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すれば良いという庶民にとって嬉しいシステムを採用している証券会社なので気軽に参加も可能です!

気軽に運試し出来ますので 参加しておきたい証券会社です。

送信中...
「庶民のIPO」目安箱

返答の必要なご質問等は「お問合せフォーム」よりご連絡をお願い致します。



サイト内検索 powered by Google
スポンサーリンク

「チームスピリット」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

9/28(金)まで!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

9/30(日)まで!

お得なタイアップキャンペーン

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


9/28(金)まで!
岡三オンライン証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

お得なタイアップキャンペーン

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ