ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)(4436):IPO上場情報と初値予想

ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)

ミンカブ・ジ・インフォノイドは、ユーザーの売買予想などが載っている「みんなの株式(みんかぶ)」を運営している企業です。

AIを活用したコンテンツ自動生成技術とネットユーザーの投稿や閲覧といったクラウドインプットを活用したコンセンサス情報の生成技術が同社の強みです。

ほかの金融系の運営メディアである「みんかぶFX」や「Kabutan(株探)」なども みんかぶ同様に、ユーザー同士が交流できる場を提供しています。

メディア事業系統図
(有価証券届出書13ページより)

「みんなの株式」や「株探」を中心とした個人向け投資情報メディアの利用者数(UU数)は月間600万人規模。法人向け情報ソリューションサービスの導入企業は金融機関を中心に100社を超えています。

運営サイト合計月間平均UU数及び訪問ユーザー数の推移
(有価証券届出書12ページより)

同社が創業時から取り組んできた独自のクラウドインプットやAIを活用した自動生成技術によって作成されたコンテンツは、運営メディアや法人向けサービスを通じ、多くの投資家に情報を提供しています。

「AIを活用したコンテンツ自動生成エンジン」は、株などの金融関連記事ではなく、朝日新聞社と共同開発した「野球戦評記事生成エンジン」になるようです。

今後はスポーツの分野でもテクノロジーを利用したメディア・ソリューションサービスの展開を進めていくことで、更なる収益の拡大を計画しているようです。

2018年11月に社名を「株式会社みんかぶ」から「株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド」に変更。
インフォノイドは、情報(information)と執着する者(noid)を組み合わせた「情報にこだわる者」という意味の造語。

設立は2006年7月です。
従業員数は2019年1月末で83名、平均年齢は42.6歳、平均勤続年数は3.5年、平均年間給与は545.3万円です。


ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)の詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)の上場日

B
  • IPO人気:あり
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2019/3/19 (火) 証券コード 4436
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)(4436)

ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)のブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/3/1 (金) ~ 3/7 (木)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 950円~1,050円 (抽選資金:9.5万円 ~ 10.5万円)
当選口数 31,512口
公募株数 1,000,000株 売出株数 1,740,200株
吸収金額 33億円 O.A分 411,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)の公募価格と初値

仮条件 950円~1,050円
公募価格 1,050円 初値 1,400円
騰落率 33.33%  倍率  1.33倍
初値売りでの損益 35,000円(1,400円 - 1,050円)× 100株

ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)の初値予想と予想利益

ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)の初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 950円 ~ 1,050円 ※抽選資金:9.5万円 ~ 10.5万円
初値の想定価格 1,100円 ~ 1,200円※2/27 修正
想定条件での予想利益 5,000円~15,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 960円あたり ※抽選資金:9.6万円あたり
初値の想定価格 1,010円 ~ 1,100円
想定条件での予想利益 5,000円~14,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選で必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)の主幹事と引受幹事

ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)のIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事はIT系(ネットサービス系)の主幹事を務める事が多いSBI証券です。
IPOの割当数(当選数)は主幹事が一番多いです。

抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されます。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。
割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SBI証券
86.96% 2,740,400株 1,918,200株
みずほ証券 2.61% 82,200株 8,200株
SMBC日興証券 2.61% 82,200株 8,200株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 1.04% 32,900株 3,200株
マネックス証券 0.87% 27,400株 27,400株
楽天証券 0.87% 27,400株 27,400株
松井証券 0.87% 27,400株 19,100株
岩井コスモ証券 0.87% 27,400株 2,700株
東海東京証券 0.87% 27,400株 2,700株
岡三証券 0.52% 16,400株 1,600株
アイザワ証券 0.26% 8,200株 800株
むさし証券 0.26% 8,200株 800株
東洋証券 0.26% 8,200株 800株
エイチ・エス証券 0.26% 8,200株 800株
極東証券 0.26% 8,200株 0株
エース証券 0.26% 8,200株 0株
水戸証券 0.26% 8,200株 0株
内藤証券 0.09% 2,700株 0株

委託幹事である岡三オンライン証券カブドットコム証券は、委託数が公表されていません。

ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年3月 2017年3月 2018年3月
売上高 978,739 1,049,656 1,370,375
経常利益 84,428 80,213 109,022
当期利益 66,890 -1,322,302 -126,731
純資産 1,078,673 775,915 918,897
配当金
EPS 730.94 143.78 11.51
BPS 11,734.92 -26.55 -10.49
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年3月 2018年3月
売上高 1,545,286 1,681,050
経常利益 -85,328 71,270
当期利益 -1,408,086 -200,229
純資産 839,035
EPS -153.11 -18.19
BPS -19.69
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2019/03/15 カオナビ
    初値売りによる損益:199,000円
    (騰落率:100.51%、倍率:2.01倍)
  • 2019/03/13 サーバーワークス
    初値売りによる損益:1,322,000円
    (騰落率:276.57%、倍率:3.77倍)
  • 2019/02/28 スマレジ
    初値売りによる損益:185,500円
    (騰落率:135.40%、倍率:2.35倍)
  • 2019/02/26 リックソフト
    初値売りによる損益:505,000円
    (騰落率:126.25%、倍率:2.26倍)
  • 2018/12/25 リンク
    初値売りによる損益:404,000円
    (騰落率:112.85%、倍率:2.13倍)

IPOのポイント

ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)のIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

株式投資やFXなどをやっている人には知名度が高いサービスを運営している企業です。

わたしも「みんなの株式(みんかぶ)」の存在は知っておりますが、利用したことはありません。

目論見書を見てビックリしましたが、当初は海外市場への上場計画があったようです。
また、それを断念したので2017年と2018年は特損による損失が出たようです。

第11期末において、従前のメディア事業の海外展開及び海外市場への上場計画について、ターゲットとしていた海外IPO市場の停滞及び国内ソリューション事業の急成長による国内市場での成長可能性の確度の高まりを受けて見直しを行い、国内市場を軸とした事業展開へと方針を転換いたしました。こうした経緯から、第11期及び第12期には、海外展開整理損失及び海外展開用ソフトウエア資産の減損損失等を認識して特別損失を計上し、親会社株主に帰属する当期純損失となっております。

(目論見書より)

みんかぶでは、国内上場銘柄の株価データ、企業データ、マーケットニュースのほか、AIによるロジック計算によって自動算出される個別銘柄の理論株価、証券アナリストの予想株価、ユーザーによって投稿された売買予想データを集合知として自動算出する個人投資家の予想株価、またこれらを基に算出される目標株価を提供しています。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 株投資ユーザーには知名度が高い。
  • IPOで人気のあるIT企業。
  • 想定株価は低く参加しやすい。
  • 市場からの調達金額が30億円と大きい。
  • 同日に3社が上場。
  • ベンチャーキャピタル数や保有株数がかなり多く、公開価格の1.5倍でロックアップが解除(売り圧力)。

2.27 追記。仮条件の決定(950円 ~ 1,050円)に伴い、初値予想を1,100円 ~ 1,200円に修正しました。
予想利益は5,000円~15,000円としました。

目論見書の想定仮条件は960円。初値予想は1,010円 ~ 1,100円としました。
予想利益は5,000円~14,000円です。

わたしのよう株式投資ユーザーの知名度は高いものの、一般的には知名度は高くありません。

事業の内容も面白いものの、IPOの内容があまりよくないのでこのような評価にしました。

参考までに、管理人は幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)に関するつぶやき



こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに66回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧:みんかぶ)のIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。