リックソフト(4429):IPO上場情報と初値予想

リックソフト

リックソフトは、AtlassianPtyLtd.が開発するプロジェクト管理用ツールをはじめとしたソフトウェア製品のライセンス販売及び導入支援等を行っている企業です。

グループは同社と連結子会社(Ricksoft,Inc.)の2社で構成。

「お客様のビジネスがグローバルでも競争力を持つように、世界のビジネスシーンで活用されている優れたツールを日本企業の方々にも使っていただきたい」という想い」が同社にあるようです。

同社グループが販売するのは、Atlassian社、Alfresco社、Tableau社が開発するソフトウェア及び自社開発のソフトウェアです。

グループで最も販売実績のあるAtlassian社のソフトウェアは、主にソフトウェア開発の工程管理や課題管理として使用されます。

事業の系統図
(有価証券届出書12ページより)

同社では、単に海外の便利なソフトウェアを仕入れて販売しているのではなく、顧客の抱える問題・課題の解決や、顧客の要望・要求を満たすため下記のことを行っています。

  • 利用環境の構築。
    → 利用環境を自社で管理できないといった課題があればクラウドに。
  • ソフトウェアの機能追加(カスタマイズ)。
  • ユーザー向けの研修。
  • ライセンス&SIサービス業務売上高の88.4%
    主にAtlassian社のソフトウェアの導入支援を行っており、顧客の課題解決のために提案からライセンス販売、コンサルタントとしてのプロジェクト参画やSI、研修、運用支援(ヘルプデスクによる問い合わせ対応等)まで。
    主な収益モデルとしては、顧客の新規導入時にAtlassian社から同社がライセンスを仕入れ、顧客に対してライセンスを販売しています。また、翌年以降の更新時には、毎年保守費用として顧客及びAtlassian社との間で取引が発生。
  • クラウドサービス業務売上高の6.5%
    グループで取り扱う製品の稼働環境としてのクラウド環境提供を迅速に行っています。24時間365日対応、取り扱い製品の専任技術者が運用管理するフルマネージドクラウドサービス。
    主な収益モデルとしては、同社のクラウドサービスを利用する顧客に対しては、ライセンス料に加えてクラウド上の運用代行費用を受領しており、利用開始後は毎月売上を計上。
  • ソフトウェア開発業務売上高の5.1%
    Atlassian製品の主力製品であるJiraやConfluenceに拡張機能をアドオン製品として自社開発を行い、Atlassian Marketplaceにて販売。
    主な収益モデルとしては、新規購入時には製品毎の標準価格で販売し、翌年以降に更新された際は、毎年一定の更新料を受領しています。なお、Atlassian Marketplaceの使用料として、Atlassian社に対して販売価格の25%の手数料を支払っています。

売上高の集計期間は平成29年3月1日~平成30年2月28日。

設立は平成17年1月です。
従業員数は平成30年12月末で69名、平均年齢は38.5歳、平均勤続年数は2.09年、平均年間給与は533.6万円です。


リックソフトの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

リックソフトの上場日

A
  • 業績:好調
  • 公開比率:低い
  • 当選口数:少ない
  • 売出多い
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2019/2/26 (火) 証券コード 4429
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
リックソフト(4429)

リックソフトのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/2/8 (金) ~ 2/15 (金)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 3,840円~4,000円 (抽選資金:38.4万円 ~ 40万円)
当選口数 2,944口
公募株数 76,900株 売出株数 179,100株
吸収金額 11.7億円 O.A分 38,400株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

リックソフトの公募価格と初値

仮条件 3,840円~4,000円
公募価格 4,000円 初値 9,050円
騰落率 126.25%  倍率  2.26倍
初値売りでの損益 505,000円(9,050円 - 4,000円)× 100株

リックソフトの初値予想と予想利益

リックソフトの初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 3,840円 ~ 4,000円 ※抽選資金:38.4万円 ~ 40万円
初値の想定価格 4,600円 ~ 6,000円
想定条件での予想利益 60,000円~200,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 3,840円あたり ※抽選資金:38.4万円あたり
初値の想定価格 4,600円 ~ 6,000円
想定条件での予想利益 76,000円~216,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選で必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

リックソフトの主幹事と引受幹事

リックソフトのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
おすすめ のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

一人一票の公平抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるSMBC日興証券、抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。
割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
大和証券
88.72% 158,900株 31,700株
SMBC日興証券 4.24% 7,600株 700株
SBI証券 2.85% 5,100株 3,500株
いちよし証券 1.40% 2,500株 200株
岡三証券 1.40% 2,500株 200株
水戸証券 1.40% 2,500株 0株

委託幹事である岡三オンライン証券松井証券は、委託数が公表されていません。

リックソフトの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年2月 2017年2月 2018年2月
売上高 920,219 764,367 1,712,148
経常利益 68,635 85,482 126,594
当期利益 57,840 61,060 90,565
純資産 297,455 358,516 449,079
配当金
EPS 3,129.00 30.73 45.58
BPS 6,910.72 180.41 225.99
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年2月 2018年2月
売上高 764,367 1,728,256
経常利益 84,877 129,827
当期利益 60,455 93,145
純資産 357,757 450,321
EPS 30.43 46.88
BPS 180.03 226.61
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

リックソフトと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2018/12/25 リンク
    初値売りによる損益:404,000円
    (騰落率:112.85%、倍率:2.13倍)
  • 2018/12/21 EduLab
    初値売りによる損益:7,000円
    (騰落率:2.19%、倍率:1.02倍)
  • 2018/12/20 Amazia
    初値売りによる損益:43,600円
    (騰落率:33.03%、倍率:1.33倍)
  • 2018/12/19 Kudan
    初値売りによる損益:1,028,000円
    (騰落率:276.34%、倍率:3.76倍)
  • 2018/10/30 VALUENEX
    初値売りによる損益:246,000円
    (騰落率:133.70%、倍率:2.34倍)

IPOのポイント

リックソフトのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

IPOで人気のあるIT関連企業業績は好調です。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

  • 2019年 第二弾のIPO。
  • IPOで人気のあるIT企業。
  • 業績が好調。
  • 当選数が少なく競争率が高い。
  • 値嵩株(株価が高い株)は振れ幅が大きい。
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多く、公開価格の1.5倍でロックアップが解除(売り圧力)。

目論見書の想定仮条件は3,840円あたり。初値予想は4,600円 ~ 6,000円としました。
予想利益は76,000円~216,000円です。

少し弱気な予想にしましたが、2019年一発目のIPOである「識学」の結果しだいで、もっと高い初値をつけることも想定されます。

他にも、1人1票の公平抽選資金力にかかわらず当選が期待できるSMBC日興証券や、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

追加の委託幹事として岡三オンライン証券が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に運だめしで参加しましょう~。

リックソフトに関するつぶやき

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに66回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

リックソフトのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。