カオナビ[4435]:IPO上場情報と初値予想

IPO「カオナビ」(4435)

カオナビ

カオナビは、企業の人材情報をクラウド上で一元管理する『カオナビ』の提供を通じた事業展開を行っている企業です。

カオナビは、社員の顔や名前、経験、評価、スキルなどの人材情報を一元管理して可視化することで、最適な人材配置や抜擢といった人材マネジメントをサポートするシステムです。

CMをはじめてみましたが、強烈ですね。

「社員の顔と名前が一致しない」というシンプルな課題を解決するために生まれたサービスです。

  1. 人材データベース。
    顔写真が画面にパッと並ぶ顔写真インターフェース。項目も自由にカスタマイズ。
  2. 社員リスト。
    例えば優秀層の抜擢など、条件で絞り込んだメンバーを顔写真付きのリストで管理。
  3. 配置バランス図。
    顔写真をアイコンに、評価や所属などを軸に配置のバランスを俯瞰(ふかん)。
  4. 組織ツリー図。
    顔写真が並ぶ組織ツリー図。配置・抜擢・異動などのシミュレーションも可能。
  5. 社員アンケート。
    異動希望や新事業のアイディアなど、社員の声を集約できる社内アンケート。
  6. 評価ワークフロー。
    MBOやOKR、360度評価(注2)など、あらゆる評価制度を柔軟に運用できる評価ワークフロー。
  7. 社員データグラフ。
    男女比や資格保有比率など見たい切り口で社員の傾向をグラフで可視化。
  8. 社員情報ソート。
    評価や資格など特定の項目に絞り込んだ社員情報を自由に並び替え。
  9. API連携。
    基幹システムや他サービスとデータ連携できるAPIを提供。

平成25年3月末で利用企業数は21社でしたが、平成30年12月末で利用企業数は1,194社となっています。

設立は平成20年5月です。
従業員数は平成30年12月末で107名、平均年齢は34.1歳、平均勤続年数は1.3年、平均年間給与は608.2万円です。


カオナビの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

カオナビの上場日

B
  • 業績:不安
  • 公募多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2019/3/15 (金) 証券コード 4435
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
カオナビ(4435)

カオナビのブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2019/2/28 (木) ~ 3/6 (水)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 2/26 (火)に決定
当選口数 8,700口
公募株数 500,000株 売出株数 370,000株
吸収金額 17.8億円あたり O.A分 130,500株
仮条件決定日 2/26 (火) 公募価格決定日 3/7 (木)
購入期間 3/8 (金) ~ 3/13 (水)

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

カオナビの公募価格と初値

仮条件 2/26 (火)に決定
公募価格 3/7 (木)に決定 初値 2019/3/15 (金)に上場予定
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 -

カオナビの初値予想と予想利益

カオナビの初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 1,780円あたり ※抽選資金:17.8万円あたり
初値の想定価格 1,900円 ~ 2,280円
想定条件での予想利益 12,000円~50,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

カオナビの主幹事証券と引受幹事証券

カオナビのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

落選しても次回の当選に活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。
特にSBI証券は、幹事になる機会が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

カオナビの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年3月 2017年3月 2018年3月
売上高 238,963 454,822 952,417
経常利益 -56,433 -213,568 -249,725
当期利益 -38,764 -207,318 -282,968
純資産 83,313 176,895 293,927
配当金
EPS -11,203.59 -51.77 -65.91
BPS 24,078.90 -29.75 -1.53
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

カオナビと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2018/12/25 リンク
    初値売りによる損益:404,000円
    (騰落率:112.85%、倍率:2.13倍)
  • 2018/12/21 EduLab
    初値売りによる損益:7,000円
    (騰落率:2.19%、倍率:1.02倍)
  • 2018/12/20 Amazia
    初値売りによる損益:43,600円
    (騰落率:33.03%、倍率:1.33倍)
  • 2018/12/19 Kudan
    初値売りによる損益:1,028,000円
    (騰落率:276.34%、倍率:3.76倍)
  • 2018/10/30 VALUENEX
    初値売りによる損益:246,000円
    (騰落率:133.70%、倍率:2.34倍)

IPOのポイント

カオナビのIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

業務内容は面白く、契約者数も増え売上高は伸びていますが、残念ながら経常利益は赤字が続いています。

成長企業として投資資金が集まれば株価は伸びますし、赤字のベンチャー企業として切り捨てられれば人気は低くなります。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • IPOで人気のあるIT企業。
  • 市場からの調達金額が18億円と大きい。
  • 売上高は右肩上がり、ただし経常利益は赤字続き。

目論見書の想定仮条件は1,780円。初値予想は1,900円 ~ 2,280円としました。
予想利益は12,000円~50,000円です。

参考までに、管理人は積極的にIPOに参加します。

  • 公募価格:ブックビルディングに当選し購入する株価。
  • 初値:株式市場に上場してはじめについた株価。
  • 初値売りによる利益:公募価格で入手し初値で売却した際の利益。

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに60回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「カオナビ」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定のタイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

お得なタイアップ企画

2/28(木)まで!

お得なタイアップ企画

ライブスター証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。

2/28(木)まで!

お得なタイアップ企画

ライブスター証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。


IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ