2018年の東証二部のIPO上場企業一覧

2018年の「東証二部」のIPO「上場企業」

表示している年を変更する : 

2018年の「東証二部」のIPO「上場企業」一覧です。

2018年に上場を果たしたIPOは「90社」。
「東証二部」の上場企業数は「5社」になります。

市場
東証二部
IPO数
5社全体の6%
初値 > 公募価格
3社(60%)
騰落率
29.18%
初値売りによる
利益の平均金額
45,060円

2018年の「東証二部」のIPO「上場企業」一覧

参考までにIPOの「初値売りによる利益」と「騰落率」も表示しています。

企業名
騰落率(倍率)
初値で売却した際の利益
オーウエル
12/13上場公募価格:750円、初値:855円
14%(1.14倍)
10,500円
ナルミヤ・インターナショナル
9/6上場公募価格:1,560円、初値:1,501円
-3.78%(0.96倍)
-5,900円
コーア商事HD
6/21上場公募価格:2,670円、初値:4,000円
49.81%(1.50倍)
133,000円
信和
3/20上場公募価格:1,150円、初値:1,106円
-3.83%(0.96倍)
-4,400円
共和コーポレーション
3/19上場公募価格:1,590円、初値:2,511円
57.92%(1.58倍)
92,100円

全ての上場実績による並び替えや、騰落率による並び替え等は「IPO 実績一覧」にてご利用 可能です。

スポンサーリンク

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに63回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

IPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定のタイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

お得なタイアップ企画

4/30(火)まで!

お得なタイアップ企画

ライブスター証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。

実施中!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。


IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ