PayPay証券はIPOに1株から購入申し込みができる

PayPay証券

PayPay証券は、日本初のスマホ証券として誕生した証券会社です。

2021年2月にOne Tap BUYから、PayPay証券へ商号変更。

IPOは1株から申込み可能で、未成年口座からも参加できます。


PayPay証券の基本情報

PayPay証券は、スマートフォン専用証券会社です。

通常、株式は100株単位で購入しますが、PayPay証券は日本株と米国株を1,000円から株を購入できます。

ただし、すべての株を購入できるわけではなく、知名度の高い大手企業から選んで購入します。
日本株なら任天堂やトヨタ自動車、米国株なら、Amazonやマイクロソフトなど。

PayPay証券が保有している株式をバラ売りして顧客に販売しているため、1株ではなく1,000円という金額単位で購入ができます。(相対取引)

取引に売買手数料はなく、基準価格に0.5%を乗じたスプレッドが発生します。

チョット分かりづらいので、具体例をだしてみます。

株価1,000円の場合、スプレッドは0.5%の5円。

  • 買う場合:1,000円+5円 = 1,005円と表示される。(取引価額)
  • 売る場合:1,000円-5円 = 995円と表示される。(取引価額)

つまり購入した場合、購入した株価ではなく手数料が加算された金額が表示されます。

そのほか、入出金に際に手数料が発生します。

入金・出金の際にかかる振込手数料は、お客様のご負担となります。(税込)

  • 3万円未満:(みずほ銀行宛)110円、(みずほ銀行以外宛)275円
  • 3万円以上:(みずほ銀行宛)220円、(みずほ銀行以外宛)385円

(PayPay証券より/2021.2.1時点)

PayPay証券のIPO実績

PayPay証券は、みずほ証券とソフトバンクが共同出資している証券会社です。

みずほ証券はIPOの幹事になる機会が多く、IPOの割当数が多い主幹事も2020年に21社(全体の22.6%)行っていますので、PayPay証券への委託にも期待が持てます。

ソフトバンクのIPOの委託幹事になった際は、配分が255,700株ありました。
1人あたり平均で30株の当選となり、当選人数は6,560人となりました。

取り扱いが決まった際は、「誰でもIPO」アプリ又は「IPOサイト」パソコン(WEB)からログインして応募します。

の予定IPO

の予定IPOです。

IPO BB期間 抽選資金
(上限)
予想利益

口座開設が完了すると、上記のIPOに参加できます。

未成年口座でもIPOに参加OK

未成年口座でIPOにも応募可能ですが、その場合は上限金額が10万円となっています。

年齢 親権者の口座開設
0歳~14歳 親権者の口座開設が必要(親権者が代理)
15歳~19歳 親権者の口座開設は不要(本人が取引)

PayPay証券のIPO 抽選方法

PayPay証券の専用アプリ「誰でもIPO」は、IPOに1株から購入申し込みができるのが特徴です。

1株だと、IPOの購入に必要な資金は1/100になるので、抽選に参加しやすくなります。

PayPay証券は配分はすべて抽選です。申込みの上限は100株。

参考までに

ソフトバンクのIPOの割当数です。

  • 個人投資家への配分数:2,557口。
  • 配布人数:6.560人。
  • 平均配分数:0.3単元(30株)。

ソフトバンクは、1人あたり平均30株の当選でした。

1株~100株まで自由な株数で参加できるのが特徴です。

PayPay証券の口座開設

PayPay証券は、1株からIPOに申し込むことができます。

名称がワンタップバイからPayPay証券へと変更になり、今後のIPOの取り扱いについても期待しています。

PayPay証券

PayPay証券
PayPay証券

株式サイト

株式サイトカブスルの紹介記事も参考にどうぞ。


平等抽選のマネックス証券、落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。