共和コーポレーション[6570]:IPO上場情報と初値予想

IPO「共和コーポレーション」(6570)

共和コーポレーション

共和コーポレーション」は アミューズメント施設の運営と、アミューズメント機器等の販売を中心としたアミューズメント事業を主たる業務としている企業です。

アミューズメント機器とは、ゲームセンターに設置してある業務用ゲーム機の事です。

  • アミューズメント施設運営事業
    直営店は、長野県を中心として、新潟、富山、埼玉、東京、神奈川、静岡等の各県のロードサイド、ショッピングセンター及び繁華街に、アミューズメント施設の店舗を展開。直営店は全国で47店舗。
    アミューズメント機器メーカーの傘下に属さない独立系であり、各メーカーの新製品のゲーム、人気機種を取り揃え、「APINA(アピナ)」「YAZ(ヤズ)」「GAMECITY(ゲームシティ)」の3ブランドで遊空間の創出を行っています。
    効率性の観点から1,500㎡以下の小回りの利く中型店を中心に展開しており、主に、居抜き物件を利用することでローコストでの出店を実現。
  • アミューズメント機器販売事業
    全国各地のアミューズメント施設のオペレーター、ディストリビューターに、アミューズメント関連機器等の販売。
    業務用の国内アミューズメント機器製造各社の新商品をはじめ、中古機器、シールプリント用紙、部品類、景品類と多岐にわたる商品を取扱っています。

経営理念は「三つの楽しみ(顧客満足の楽しみ、一生懸命の楽しみ、実践と行動の楽しみ)」になります。

店舗は、明るくて(外壁が硝子仕様)、健全(スポーツ施設を併設)、衛生的(分煙・禁煙)をモットーに、安心、安全、安価で身近な娯楽施設として、カップル、ファミリーをはじめ、3世代で来店できる店舗を目指しています。

グループは、共和コーポレーション及び連結子会社2社(株式会社YAZアミューズメント及び株式会社シティエンタテインメント)の計3社で構成。

設立は昭和61年5月です。
従業員数は平成30年1月末で116名、平均年齢は36.3歳、平均勤続年数は7.4年、平均年間給与は444.5万円です。


共和コーポレーションの上場日

B
  • 公募多い
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2018/3/19 (月) 証券コード 6570
市場 東証二部 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
共和コーポレーション(6570)

共和コーポレーションのブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/3/1 (木) ~ 3/7 (水)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 1,430円~1,590円 (抽選資金:14.3万円 ~ 15.9万円)
当選口数 6,500口
公募株数 450,000株 売出株数 200,000株
吸収金額 11.8億円 O.A分 97,500株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

共和コーポレーションの公募価格と初値

公募価格 1,590円 初値 2,511円
騰落率 57.92%  倍率  1.58倍
初値売りでの損益 92,100円(2,511円 - 1,590円)× 100株

共和コーポレーションの初値予想と予想利益

共和コーポレーションの初値予想と予想利益です。(予想利益は上限で計算)

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。(想定仮条件×100株)
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

共和コーポレーションの主幹事証券と引受幹事証券

共和コーポレーションのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金2千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

共和コーポレーションの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年3月 2016年3月 2017年3月
売上高 13,267,897 9,505,619 9,691,083
経常利益 215,893 149,746 350,589
当期利益 51,330 103,220 128,342
純資産 1,527,908 1,627,367 1,754,920
配当金 500.00 500.00 500.00
EPS 1,084.74 43.63 54.24
BPS 32,288.86 687.81 741.72
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年3月 2017年3月
売上高 11,298,319 11,978,124
経常利益 223,906 326,909
当期利益 142,937 328,484
純資産 1,858,172 2,185,867
EPS 60.41 138.84
BPS 785.36 923.87
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

共和コーポレーションと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証二部」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2017/12/25 要興業
    初値売りによる損益:20,000円
    (騰落率:26.67%、倍率:1.27倍)
  • 2017/03/23 グリーンズ
    初値売りによる損益:10,000円
    (騰落率:7.14%、倍率:1.07倍)
  • 2017/03/22 フルテック
    初値売りによる損益:63,000円
    (騰落率:105%、倍率:2.05倍)
  • 2016/12/19 船場
    初値売りによる損益:-9,700円
    (騰落率:-7.52%、倍率:0.92倍)
  • 2015/12/25 一蔵
    初値売りによる損益:2,600円
    (騰落率:2.15%、倍率:1.02倍)

IPOのポイント

共和コーポレーションのIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

アミューズメント施設運営事業における直営店の店舗展開は、甲信越(長野県、新潟県)を本拠地としています。(19店舗)
次いで関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)に14店舗を展開し、全国に計47店舗を出店。

主にロードサイド店を基本として展開していましたが、今後はショッピングセンターをはじめとした複合施設内や駅前、繁華街ロケーションへの出店も進めていくようです。

参考までに

2018.3.1 追記。評価は 「B」となりました。
公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

仮条件は「1,430円~1,590円」。想定の初値予想は「1,900円 ~ 2,200円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると6.1万円の利益になりそうです。

  • 公募価格:ブックビルディングに当選し購入する株価。
  • 初値:株式市場に上場してはじめについた株価。
  • 初値売りによる利益:公募価格で入手し初値で売却した際の利益。

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

こちらの記事は、IPO歴13年の運営者が執筆しています。

送信中...

庶民のIPOご意見箱

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「共和コーポレーション」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金2千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ