IPOセカンダリーはベンチャーキャピタルの売りに注意しよう

ベンチャーキャピタル(VC)は、ベンチャー企業など未上場の企業に投資(出資)し、上場後に保有株を売却することで利益を得ることを目的としています。

上場後にIPO株の売買を行うIPOセカンダリーは、大株主にVCが入っている場合、上場後の売り圧力になるので注意が必要です。

上位株主にVCの名がある場合は注意

企業が上場する際、目論見書が発行され、上場を行う証券取引所のホームページなどで閲覧できます。

目論見書には、事業内容や業績、IPOの内容のほかに株主についても掲載されています。

下記は、2020年8月に上場したモダリス(4883)の上位株主です。
(赤枠の6社がベンチャーキャピタル)

モダリスの上位株主

上位株主が代表取締役や役員の場合、持ち株を売ることはほぼないので、それほど気になりませんが、「投資事業有限責任組合」と名称がついたベンチャーキャピタルが上位株主の場合、キャピタルゲインが目的(株の売却)なので、売り圧力として注意が必要です。

VCのロックアップの有無を確認

ロックアップとは、上位株主が上場時にすぐに保有株を売れないようにする取り決めです。

大量に株を保有する株主が売却すると、株式の需給バランスが崩れやすくなります。

そこで、価格または期間に対して、すぐに売れない条項を定めているんです。

  • 期間で設定する場合。
    引受契約締結日から、上場日後180日目または90日目まで。
  • 価格で設定する場合。
    株価が公募価格の1.5倍または2倍に達するまで。

ロックアップがつく場合、期間、価格またはその両方が設定されています。(目論見書に掲載)
両方が設定されている場合は、どちらかの条件達成でロックアップが外れます。

庶民のIPOでは各IPOページにて、上位株主の保有割合とロックアップの情報を掲載しています。

参考までに、モダリス(4883)の上位株主とロックアップ状況です。

モダリスのロックアップ

モダリスは、上位株主にベンチャーキャピタルが多いIPOでした。

公募価格は1,200円なので、1.5倍の株価である1,800円に達すると、ロックアップが外れ、市場で自由に売却できます。

VCは会社関係者と違い、ロックアップが外れると容赦なく売却しますので、注意が必要です。(売り圧力)

  • 日付が書いてあるものは設定期間経過後、1.5倍と書いてあるのは公募価格の1.5倍以上でロックアップが解除されます。
  • 両方書いてあるものは、どちらかの条件が達成されるとロックアップ解除に。
  • 継続保有と書いてあるものは、ロックアップはないものの、IPOを行う会社と保有期間の確約を交わしたものです。

売り浴びせ?徐々に売る?どのように売るかはVC次第

上位株主のVCは、大量の株を保有しています。

ただし、その株をすべて一度に売り注文としてだすと、市場は混乱するでしょう(苦笑)

株式投資は、買う人と売る人のバランスにより株価が決定しています。

証券会社を通じて売買を行う

なるべく高値止まりしている買い注文に、VCの売り注文をぶつけることで利益確定を行っていきます。

おそらくコレがVCの売りの基本だと思いますが、市場の状況や個別IPOの状況によっては、大量に売り注文をだしてあっという間に、ストップ安まで株価が下がる場合があります。

IPOセカンダリーを行う場合、売り浴びせには注意しておきたいです。

初値が大きく上昇するほどVCに売られやすい

IPO株はジェットコースター

ベンチャーキャピタルの目的はキャピタルゲインです。(売買の差額の利益)

初値が公募価格の3倍、4倍と大きく上昇したIPOほど、VCに売られやすくなります。

初値が高くなったIPOは、株価の上昇を待つ必要がなく、大きな利益になるので、持ち株をどんどん利益確定していくんです。

初値が高くなった=スグに売るわけではなく、上場後の個人投資家の買い意欲が強い場合は、さらなる株価の上昇を待っているように感じます。

5%ルールでどれだけ売ったか分かる

VCの売りに気をつけようと言っても、VCが取引時間中にどの程度売ったのかは分かりません。

ただし、上場企業の発行済み株式数の5%超を保有する大株主は、保有割合が1%以上増減した場合に「変更報告書」の提出義務が生じます。

変更報告書を見ることで、どの期間にどれだけ売ったのか?を確認することが出来ます。
変更報告書は、EDINETなどで見られます。

ワンポイント

モダリス(4883)の大株主の変動推移。(上場日は8/3)

発行済株式数の5%以上を保有する「ファストトラックイニシアティブ2号投資事業有限責任組合」と「SBIベンチャー投資促進税制投資事業有限責任組合」は、1%以上の増減があった際に報告の義務があります。

  • 8/5報告 ファストトラックイニシアティブ
    8.06% →  5.94%へ減少。(577,000株を売却)
  • 8/7報告 ファストトラックイニシアティブ
    5.94% →  4.73%へ減少。(328,700株を売却)
    5%未満の保有になったので以後は分からず。

報告書を見ると、ファストトラックイニシアティブがどんどん売却(利益確定)していること、SBIベンチャーが保有を続けているか、1%未満の変動となっていることが分かります。

さらに、「まだ、〇〇株も持っているのか!」ということも把握できます。(潜在している売り圧力が分かる)

参考までに

蛇足ですが、5%ルールでは、買っている人も分かります。

  • 8/3報告 SBIインベストメント
    0% →  6.34%へ増加。(1,724,800株を購入)
  • 8/4報告 SBIインベストメント
    6.34% →  7.41%へ増加。(290,300株を購入)
  • 8/7報告 SBIインベストメント
    7.41% →  8.75%へ増加。(365,600株を購入)

報告書を見ると、SBI関連の会社(SBIインベストメント、レオス・キャピタルワークス、SBI証券)が保有割合を増やしています。

VCは悪者ではない。ベンチャー企業の味方

ベンチャーキャピタルは、未上場のベンチャー企業に投資(出資)して、上場後に差額を得ることを目的としています。

よって、ベンチャー企業に対して、お金を出すだけでなく、上場までの道筋も支援しています。

経験の少ないベンチャー企業にとって、上場までの経験が豊富で、出資もしてくれるベンチャーキャピタルはとても有難い存在です。

ベンチャーキャピタルは上場に大量に株を売却するので、たまに悪者とされる書き込みを見ますが、IPOセカンダリーにとってはそうでも、ベンチャー企業にとっては有難い存在かと思います。

また、ベンチャー企業への投資はハイリスク・ハイリターンです。

投資価値がゼロになるリスクを背負って、ベンチャーキャピタルはベンチャー企業に出資しています。

セカンダリー投資は行わないのが無難

いつまでも あると思うな 含み益

IPOのセカンダリー投資は、初心者は行わないのが無難です。

セカンダリー投資は、投資ではなく投機!(ギャンブル)

株価が大きくふれることから、大きい利益が期待できますが、逆に大きな損失になる可能性もあります。

また、相場に馴れていない方ほど、利益がでたらスグに利益確定をし、損失がでたら回復するだろうと売らず、さらに株価が下げて大損を出す可能性もあります。


株式投資歴17年のカブスルも年に2~3回参加してみることがありますが…大きな値動きに精神がついていけません。

平等抽選のマネックス証券、落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。