即金規制とは?上場日に初値がつかなかった場合に規制あり

即金規制(そっきんきせい)とは、即日現金徴収規制のことで、「即日」に「現金を徴収する規制」です。

上場初日に初値がつかなかった場合初値決定日まで対象のIPOに対して規制がかかります。

相場の過熱感を抑えるために実施される規制で、下記の制限がかかります。

  • 即日に現金を徴収
  • 成行買い注文の禁止

こちらで、即金規制の「即金」とは何か?を説明します。

証券会社の口座には2種類の現金がある

証券会社にログインして、口座情報をみると2つの金額が書かれています。

  • 「お預り金」または「現金残高」
    すぐに出金できる金額。
    ⇒ つまり、この金額が即金
    即金規制時の購入可能な金額になります。
  • 「買付余力」
    株などを購入できる金額。(受渡日を待たずに購入可能)
    即金規制時はこの金額内で購入できません。

下記、わたしのマネックス証券の口座管理画面です。

現金と買付余力(マネックス証券)

2つの金額が表示されていますが、即金は「1」のお預かり金になります。

画像の例が悪いので後日、差し替えます。
3営業日以内に株を買っている方は、「1」の金額が「2」より低くなります。

お預かり金と買付余力の違い

株式を売却した場合、その売却金額はすぐに「買付余力」には反映されます。

ところが、「お預かり金」に反映されるまでには、約定日を含めて3営業日かかります。

受渡日と呼ばれ、買いと売り、それぞれ3営業日かかるんです。

  • 株を購入した場合
    • 証券会社:すぐに保有銘柄として表示される。売却も可能。
    • 手続き上:実際には、3営業日後に株主として株主名簿に登録される。
  • 株を売却した場合
    • 証券会社:すぐに買付余力として表示される。株の購入に利用も可能。
    • 手続き上:実際には、3営業日後に証券会社に売却代金が入金される。

(例)総合口座に100万円があり、10万円の株式を売却した場合。(当日)

  • 「お預り金」や「現金残高」は、100万円
  • 「買付余力」は、110万円

3営業日後に受渡が完了し、「お預り金」や「現金残高」も110万円になります。

受渡日については、株式サイト カブスルで詳しく解説しています。

即金規制で利用できる資金は「お預り金」や「現金残高」

すぐに利用できるお金を「即金」と呼びます。
証券会社でいえば、すぐに出金できる金額です。

お使いの証券会社において、「お預り金」や「現金残高」と表示されている金額が即金になります。

つまり、即金規制がかかったIPOは、お預かり金や現金残高の金額内で購入することになります。

即金規制のかかったIPOは、買付余力の金額で購入できません。

即金規制は、早く初値をつけるため

上場したIPOの「初値」を早く形成させるために、即金規制が行われます。

IPOの上場初日は即金規制が行われないため、下記の資金も流入し買い注文が多く集まります。

  • 一般信用取引での買い注文。
  • 買付余力での買い注文。

特に、一般信用取引は手持ち資金の約3倍の投資資金による買付注文が可能になります。

上場日の翌営業日以降に初値を早く形成させるために、上記の買い注文を減らして売買の均衡をとり、初値がつきやすくさせています。

即金規制の買い注文は指値注文のみ

即金規制中の買いの注文方法は、指値注文のみになります。

買いの成行注文は、利用できません。

  • 指値注文(さしね ちゅうもん)
    指定した株価で株の売り買いを行う注文(株価優先)
  • 成行注文(なりゆき ちゅうもん)
    スグに株の売り買いしたい場合の注文(時間優先)

こちらも相場の過熱感を抑える規制となっています。

即金規制は当選IPOに関係なし

即金規制は当選IPOの売却に関係ありますか?

即金規制は「買い注文」に関する規制ですので、当選IPOの売却にはなんら規制はかかっていません。


現金5,500円+最大5,500円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。落選でポイントが貯まるSBI証券