リートIPOと株式のIPOは違います。おすすめは株式のIPOです。

リートIPOとは?普通のIPOと違うの?

質問

リートIPOで損をしました。
リートIPOと こちらのサイトで紹介しているIPOは違うの?

このサイトでは損するからリートIPOを紹介していないの?

回答

当サイトでは「株式のIPO」を紹介しております。

「リートIPO」は その名称通り「リート(不動産投資信託)」の「IPO」となります。

リートIPOとは?

まず初めに、「REIT(リート)」とは「不動産投資信託」のことです。

メインサイトで「REIT」について紹介しています。

不動産中心の金融商品となっておりますので、不動産市場の相場の影響を受けやすいです。

参考までに

参考までに 特徴としては、

  • 「投資法人」と名称がついている。
  • 1口単位でIPOに申込む。(株式のIPOでは100株単位)

リートIPOは紹介しないの?

株式のIPOよりも投資判断が難しいので、当サイトではリートのIPOは一切紹介しておりません

不動産関連の市況が良いときには、IPOでも利益が出ますが、市況が悪いときは損失も出やすくなります。また、株式のIPOと比べて爆発力があるわけでもありません。

  • 株式のIPO
  • リートのIPO

どちらも「IPO」ですが、当サイトは「リスクを限りなく低くして利益を得る!」ことを目的としており「株式のIPO」だけを紹介しています。

参考までに

数年前 不動産市況が良かった時に、数回 リートIPOにも参加したことがあります。

リートIPOは当選しやすい

ちなみに、リートIPOは当選しやすいです。

理由としては、株式のIPOと比べて当選口数が多い事と、人気がないことが挙げられます。

初めてIPOに当選した!と聞いて確認すると、リートIPOだったという事が良くあります。

IPO当選攻略法でも書いていますが、カンタンに当たるという事は、人気がないんです。

直近のリートIPOの実績

直近のリートIPOの実績を5件 調べてみました。※2018.8.3時点

  • 2018/07/27上場 タカラレーベン不動産投資法人(3492)
    公募価格:96,000円、初値:92,000円
    初値売りの損益:-4,000円(-4.2%)
  • 2018/02/15上場 ザイマックス・リート投資法人投資法人(3488)
    公募価格:105,000円、初値:104,000円
    初値売りの損益:-1,000円(-1.0%)
  • 2017/10/30上場 カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(9284)
    公募価格:100,000円、初値:95,000円
    初値売りの損益:-5,000円(-5.0%)
  • 2017/09/14上場 三菱地所物流リート投資法人(3481)
    公募価格:260,000円、初値:274,000円
    初値売りの損益:+14,000円(5.4%)
  • 2017/03/29上場 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)
    公募価格:93,000円、初値:89,200円
    初値売りの損益:-3,800円(-4.1%)

やはり、不動産市況が良いわけではないのでリートIPOの初値も良くありませんでした。

株式投資のIPOは企業の将来性に期待して買いが集まりますが、リートIPOの場合は高い利回りで長期的な投資に向いています。

ワンポイント

  • 株式のIPO
    ⇒ IPOにより爆発力がある。当選確率は低く、宝くじのようなもの。
  • リートのIPO
    ⇒ 不動産市況に影響される。IPOというよりは「PO」に近い当選確率と株価の値動き(当選しやすく株価の変動少ない)。

リートIPOに参加される場合は、直近の実績も確認して参加しましょう。