SBI証券の抽選対象外ってなに?

Q 質問

SBI証券でIPOに申し込み当選確認をしたら、抽選結果が「抽選対象外」となっていました。
前回は「落選」となっていたのですが、SBI証券の「抽選対象外」ってなんでしょうか?

A 回答

以前に身内からも同じ質問を受けた事があります。

SBI証券IPOの抽選結果が「抽選対象外」となる理由(原因)をご説明します。

SBI証券でIPOの抽選結果が「抽選対象外」になる場合

SBI証券でIPOの抽選結果が「抽選対象外」になるのには 2つの理由が考えられます。

  1. 「ブックビルディングの申告価格」が「決定した公募価格」を下回っていた場合。
  2. 「抽選時の買付余力」が足りなかった場合

それぞれ、抽選対象外になるケースを確認しましょう。

1.「申告価格」が「決定した公募価格」を下回っていた場合

「ブックビルディングの申告価格」が「決定した公募価格」を下回っていた場合、IPOの抽選は「抽選対象外」となります。

参考までに

ちなみに、このケースではSBI証券だけではなく、どの証券会社でもIPOの「抽選対象外」となります。

「IPOが決定するまでの流れ」で、IPOのブックビルディング(需要申告)から、IPOの抽選までの流れを紹介しておりますが、こちらでもあらためて抽選対象外となるケースを紹介します。

(例)IPOの仮条件が「2,000円 ~ 2,500円」で、単元株が100株の場合。
ブックビルディングに下記の3人が申し込みました。

抽選に参加
  • Xさん 「2,000円 で 100株 購入したい」
  • Yさん 「2,200円 で 300株 購入したい」
  • Zさん 「2,500円 で 200株 購入したい」

後日、決定した公募価格が・・

  1. 2,000円だった場合・・・3人共 抽選対象になります。
  2. 2,200円だった場合・・・2,200円以上で申告をした Yさん と Zさん の2人が抽選対象になります。Xさん は公募価格以下の申告だったので「抽選対象外」になります。
  3. 2,500円だった場合・・・2,500円で申告をした Zさん が抽選対象になります。Xさん と Yさん は公募価格以下の申告だったので「抽選対象外」になります。

つまり、2番目の例の場合、ブックビルディングの需要申告時に、Xさんは 2,000円なら買うけど2,200円以上なら買わないと申告をしているので、公募価格が2,200円に決まった際に抽選されないんです。

ワンポイント

ちなみに、人気IPOは「仮条件の上限で決まることがほとんど」です。

よって、欲しいIPOのブックビルディングに参加する際は、「仮条件の上限」で申し込むと抽選対象外となりません。

入力間違いを防ぐためにも、欲しいIPOの場合は「ストライクプレイス(成行注文)」で申し込むのがベストです。(決まった公募価格での申し込みになります)

2.「抽選時の買付余力」が足りなかった場合

「抽選時の買付余力」が足りなかった場合、IPOの抽選は「抽選対象外」となります。

この、「抽選時の買付余力」というのが やや曲者で SBI証券をメイン証券会社で利用されている方は特に、「抽選時の買付余力」が足りなくなりがちです。

各証券会社で抽選資金が拘束されるタイミングが違います。

代表的な証券会社の抽選資金拘束のタイミングは下記になります。

証券会社

抽選資金が拘束されるタイミング
SBI証券 抽選日。
マネックス証券 ブックビルディングの申し込み時。
SMBC日興証券 ブックビルディングの申し込み時。
岡三オンライン証券 (例外)資金必要なし

マネックス証券SMBC日興証券は、IPOのブックビルディング申し込み時に抽選資金が拘束されますので、抽選日に資金がないという事はありません。(前受金制度)

SBI証券の場合、「ブックビルディング時」と「抽選日」の買付余力が株式の購入などにより変わってしまうと、抽選資金が足りなくなる場合があります。

(例)買付余力が25万円あり、1日~5日がブックビルディング、8日が抽選日の場合。
(例)IPOの仮条件が「2,000円 ~ 2,500円」で、単元株が100株。

  • ブックビルディング時(3日):2,500円で100株を申し込む。
     ⇒ ブックビルディング時に資金の拘束はなし。(買付余力は25万円)
  • 申し込み後(5日):欲しい株式を3万円で購入。
     ⇒ 買付余力が3万円減る。(買付余力は22万円)
  • 抽選日(8日):2,500円×100株=25万円の 買付余力が必要だが 22万円しかないので、抽選対象外に。

上記のように、SBI証券では ブックビルディングを行い 抽選日までに株式の購入等を行い 買付余力が減った場合には注意が必要です。

「抽選対象外」はIPOチャレンジポイントが付与されない

SBI証券「抽選対象外」となると IPOの抽選に参加できないばかりか、次回以降のIPO当選チャンスを増やす「IPOチャレンジポイント」が付与されません。

この事態は ダブルショック・・・となりますので、抽選対象外はできるだけ避けたいところです。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに67回当選。長年の経験と実績による内容です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。