ドリーム・アーツ(4811):IPO上場情報


ドリーム・アーツは、大企業向けSaaSプロダクト(ノーコード開発ツール「SmartDB®」、社内ポータル構築ツール「InsuiteX®」、チェーンストア向け情報共有ツール「Shopらん®」)および特定顧客向け開発運用一体型クラウドサービス「DCR」の提供を行っている企業です。グループは同社と連結子会社1社で構成。

事業内容

クラウド事業

自社開発したアプリケーションソフトウェアをSaaSの形態で提供する事業。

クラウド事業

SmartDB®は、プログラミング不要の「ノーコード開発ツール」で、直感的な操作と簡易な設定により、非IT人材による業務アプリケーション開発が可能に。

SmartDB

オンプレミス事業

「SmartDB®」と「InsuiteX®」を、オンプレミス環境で利用するパッケージソフトウェアとしてライセンス提供。従来からオンプレミス環境で利用している既存顧客の追加発注に限定しており、新規顧客はSaaSとして利用。

オンプレミスとは、サーバーやソフトウェアなどの情報システムを、使用者が管理している施設内に設置して運用すること。

設立は1996年12月
同社の従業員数は226名、平均年齢は35.9歳、平均勤続年数は8.2年、平均年間給与は634.9万円(2023年8月末)


ドリーム・アーツのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、ドリーム・アーツの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

ドリーム・アーツの上場日

B
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:やや低い
  • 調達金額:大きい

上場日 2023/10/27(金) 証券コード 4811
市場 東証グロース 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス ドリーム・アーツ(4811)
時価総額
107.9億円(公開価格で計算)
121.8億円(初値で計算)

ドリーム・アーツのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2023/10/12 (木) ~ 10/18 (水)

仮条件 2,340円~2,660円 (抽選資金:23.4万円 ~ 26.6万円)
当選口数 9,109口
発行済株式数 4,054,600株 オファリングレシオ 22.4%
公募株数 220,000株 売出株数 572,100株
吸収金額 24.2億円 O.A分 118,800株
仮条件決定日 10/10 (火) 公開価格決定日 10/19 (木)
購入期間 10/20 (金) ~ 10/25 (水)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

ドリーム・アーツの公開価格と初値

仮条件 2,340円~2,660円
公開価格 2,660円 初値 3,005円
騰落率 12.97%  倍率  1.13倍
初値売り損益 34,500円(3,005円 - 2,660円)× 100株

※予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

ドリーム・アーツの初値予想と予想利益

ドリーム・アーツの初値予想と予想利益です。予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

仮条件と初値予想

仮条件 2,340円 ~ 2,660円 ※抽選資金:23.4万円 ~ 26.6万円
初値予想 3,060円 ~ 3,720円※10/11 修正
(1.2倍~1.4倍)
予想利益 4万円~10.6万円

想定価格と初値予想

想定価格 2,660円あたり ※抽選資金:26.6万円あたり
初値予想 3,200円 ~ 3,990円 (1.2倍~1.5倍)
予想利益 5.4万円~13.3万円
送信中...

初値予想アンケート

ドリーム・アーツ(4811)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

公開価格(2,660円)を基準価格に修正しています。

有効回答:400   投票期限:2023/10/26 (木) 23:59まで
3倍以上(7,980円以上)
177票  44%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(6,650円以上~7,980円未満)
21票  5%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(5,320円以上~6,650円未満)
35票  9%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(3,990円以上~5,320円未満)
92票  23%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(3,192円以上~3,990円未満)
27票  7%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(2,660円以上~3,192円未満)
15票  4%
投票済み

公募割れ(2,660円未満)
33票  8%
投票済み

ドリーム・アーツの主幹事と幹事証券

ドリーム・アーツのIPOを取り扱っている証券会社です。

ドリーム・アーツの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
みずほ証券
88.71% 808,100株 808口
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 4.35% 39,600株 39口
SBI証券 2.60% 23,700株 142口
東海東京証券 2.60% 23,700株 23口
SMBC日興証券 1.73% 15,800株 15口

委託幹事であるauカブコム証券は、委託数が公表されていません。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


ドリーム・アーツの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2022年12月 2021年12月 2020年12月
売上高 3,670,307 2,938,859 2,714,454
経常利益 173,773 -24,454 -24,444
当期利益 123,472 -77,277 -19,022
純資産 791,931 657,705 734,982
配当金
EPS 33.81 -21.16 -1,041.88
BPS 216.86 180.11 40,255.37
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2022年12月 2021年12月
売上高 3,670,307 2,938,859
経常利益 181,468 -24,752
当期利益 127,126 10,881
純資産 853,920 710,065
EPS 34.81 2.97
BPS 233.84 194.45
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

ドリーム・アーツのPERとPBR

公開価格(2,660円)で算出したPERとPBRです。

決算月 PER PBR EPS BPS
2021年12月
(実績/連結)
895.62倍 13.68倍 2.97 194.45
2022年12月
(実績/連結)
76.41倍 11.38倍 34.81 233.84
2023年12月
(予想/連結)
34.33倍 - 77.48 -

上位株主とロックアップ情報

ドリーム・アーツの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
山本 孝昭 代表取締役社長 861,000
22.45%
200,000 180日
芸夢YAMAMOTO株式会社 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 704,400
18.37%
55,000 180日
前川 賢治 取締役 347,600
9.06%
60,000 180日
芸夢前川株式会社 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 284,400
7.42%
5,000 180日
牧山 公彦 取締役 202,400
5.28%
- 180日
金井 正義 監査役 188,000
4.90%
- 180日
コタエル信託株式会社 183,000
4.77%
(183,000)
- 180日
株式会社ブイ・シー・エヌ 160,000
4.17%
- 180日
NTTファイナンス株式会社 140,000
3.65%
- 180日
加賀電子株式会社 92,000
2.40%
-
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。
  • 180日のロックアップ期間は、2024年4月23日まで
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

ドリーム・アーツと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:グロース」かつ「業種:情報・通信業」の直近のIPO結果です。

ドリーム・アーツのIPO分析

クラウド事業およびオンプレミス事業のソフトウェアメンテナンスがストック収益。オンプレミス事業のパッケージソフトウェアとプロフェッショナルサービス事業がスポット収益。

収益構造

売上高の推移について説明があり、2020年12月期から二期にわたり赤字となったのは、ビジネスモデルをパッケージソフトウェア型からクラウドサービス型(SaaS)へ転換した為。

ソフトウェア型は販売した時点で売上を全額計上。
クラウドサービス型は毎月一定の金額を回収する月額利用料方式。また、カスタマーセンターの新設が必要となり、コスト増加に。

数値をみると上手くビジネスモデルの転換が進んでいるよう。ストック売上比率は78.9%に(前期実績)

ビジネスモデルの転換

2023年12月期の業績予想が発表されています。増収増益で利益が特に伸びる。

業績予想

大企業向けSaaSプロダクト(ノーコード開発ツール「SmartDB®」の導入企業は、大手企業がズラリ。

SmartDBの導入企業
(Webサイトより)

IPOとしては人気がでそうな事業内容です。
想定価格は今後の成長も織り込まれた価格か、割安感はあまりでず。

想定価格に割安感があればなぁと思いますが、公募割れのリスクは小さいと判断します。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • 業績が好調。ビジネスモデルの転換も上手くいく(決算情報
  • 2023年12月期の業績予想(前期比)は、売上高 4,250百万円(+15.8%)、営業利益 418百万円(+122.9%)
  • オファリングレシオが22.4%とやや低いIPOデータ
  • IPOで人気のあるIT関連企業
  • 大手企業への導入実績あり
  • 市場からの吸収金額が24.2億円とやや大きいIPOデータ
  • 想定価格と2023年12月期の予想実績(連結)によるPERは34.3倍(PERとPBR
  • SaaSの解約率が見当たらず

10.11追記。仮条件が2,340円 ~ 2,660円に決定。(想定価格の2,660円が上限でやや弱気)
初値予想を3,060円 ~ 3,720円に修正。予想利益は4万円~10.6万円です。

目論見書の想定仮条件は2,660円。初値予想は3,200円 ~ 3,990円としました。
予想利益は5.4万円~13.3万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるSMBC日興証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに55回当選しています(全当選数の39.3%)

追加の委託幹事として、auカブコム証券が決まりました。
委託幹事は気づかれないことも多いので可能なら参加しておきたいです。

ブックビルディングの参加スタンスは、Twitterにて発信しています。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

ドリーム・アーツのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、ドリーム・アーツの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
※氏名、電話番号等、個人の特定できる情報の記入はご遠慮ください。

返答が必要なご質問はIPO質問集をご確認の上、お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。