バンク・オブ・イノベーション[4393]:IPO上場情報と初値予想

IPO「バンク・オブ・イノベーション」(4393)

バンク・オブ・イノベーション

バンク・オブ・イノベーションスマートフォンゲームアプリの開発・運営を行っている企業です。

同社の提供アプリと平成29年9月期の売上高です。

同社のゲームアプリの特徴として、高品質の2Dグラフィックに特化している点が挙げられます。(昔のファミコンのような平面な画面)

ゲームアプリは立体的な3D画面が主流ですが、他社と差別化することにより独自の地位を築いています。

ゲームアプリ事業は開発費はかかりますが、ヒットすると大きな売上になるのが特徴です。
(モンストを提供しているミクシィやパズドラのガンホーなど)

仮条件は840円 ~ 900円あたりが想定されています。抽選に必要な資金は9万円あたりとなり参加しやすいIPOとなります。

設立は平成18年1月です。
従業員数は平成30年5月末で145名、平均年齢は29.2歳、平均勤続年数は2.9年、平均年間給与は475.5万円です。


バンク・オブ・イノベーションの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

バンク・オブ・イノベーションの上場日

S
  • 公開比率:低い
  • 当選口数:少ない
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2018/7/24 (火) 証券コード 4393
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
バンク・オブ・イノベーション(4393)

バンク・オブ・イノベーションのブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/7/6 (金) ~ 7/12 (木)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 870円~960円 (抽選資金:8.7万円 ~ 9.6万円)
当選口数 2,305口
公募株数 130,500株 売出株数 100,000株
吸収金額 2.5億円 O.A分 34,500株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

バンク・オブ・イノベーションの公募価格と初値

仮条件 870円~960円
公募価格 960円 初値 2,000円
騰落率 108.33%  倍率  2.08倍
初値売りでの損益 104,000円(2,000円 - 960円)× 100株

バンク・オブ・イノベーションの初値予想と予想利益

バンク・オブ・イノベーションの初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 870円 ~ 960円 ※抽選資金:8.7万円 ~ 9.6万円
初値の想定価格 1,900円 ~ 2,200円※7/6 修正
想定条件での予想利益 94,000円~124,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 840円 ~ 900円 ※抽選資金:8.4万円 ~ 9万円
初値の想定価格 1,800円 ~ 2,100円
想定条件での予想利益 90,000円~120,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

バンク・オブ・イノベーションの主幹事証券と引受幹事証券

バンク・オブ・イノベーションのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

落選しても次回の当選に活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。
特にSBI証券は、幹事になる機会が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

バンク・オブ・イノベーションの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年9月 2016年9月 2017年9月
売上高 2,023,267 2,299,987 4,001,262
経常利益 44,872 -375,670 159,876
当期利益 39,391 -364,164 199,018
純資産 693,268 329,103 528,121
配当金
EPS 13,884.84 -107.23 58.60
BPS 203,647.19 96.41 155.02
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

バンク・オブ・イノベーションと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2018/07/04 ロジザード
    初値売りによる損益:160,000円
    (騰落率:177.78%、倍率:2.78倍)
  • 2018/06/27 プロパティデータバンク
    初値売りによる損益:232,000円
    (騰落率:130.34%、倍率:2.30倍)
  • 2018/06/27 エーアイ
    初値売りによる損益:250,000円
    (騰落率:250%、倍率:3.50倍)
  • 2018/06/27 IPS
    初値売りによる損益:277,000円
    (騰落率:71.03%、倍率:1.71倍)
  • 2018/06/21 ZUU
    初値売りによる損益:395,000円
    (騰落率:246.88%、倍率:3.47倍)

IPOのポイント

バンク・オブ・イノベーションのIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

スマートフォンゲーム業界を取り巻く環境は、国内ゲームアプリ市場全体の売上規模がスマートフォンの普及とともに拡大を続けており、平成29年には1兆4,169億円に達すると予測されております。 (出所:株式会社Gzブレイン「ファミ通モバイルゲーム白書2018」)

市場からの調達金額が 2.3億円程度人気化しやすい小型案件である事から 初値にも大きな期待が出来そうです。

仮条件は840円 ~ 900円あたりが想定されています。抽選に必要な資金は9万円あたりとなり参加しやすいIPOとなります。

参考までに

2018.7.6 追記。仮条件の決定に伴い、想定の初値予想は「1,900円 ~ 2,200円」に修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると12.4万円の利益になりそうです。

2018.6.25 追記。評価は 最も高い「S」となりました。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「840円 ~ 900円」。想定の初値予想は「1,800円 ~ 2,100円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると12万円の利益になりそうです。

  • 公募価格:ブックビルディングに当選し購入する株価。
  • 初値:株式市場に上場してはじめについた株価。
  • 初値売りによる利益:公募価格で入手し初値で売却した際の利益。

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに65回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「バンク・オブ・イノベーション」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定のタイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

お得なタイアップ企画

4/30(火)まで!

お得なタイアップ企画

ライブスター証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。

実施中!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。


IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ