システムサポート(4396):IPO上場情報

システムサポート

システムサポートは ITシステム開発、データベース(Oracle)やクラウド(AWS/Azure)の移行・基盤構築、ERP(SAP)の導入・運用保守、データセンター運営、自社パッケージソフトの開発・販売を行っている企業です。

  • ソリューション事業販売実績の82.4%
    システムのコンサルティング・設計・開発・運用保守を中心に、データベースやネットワーク等のインフラ構築、クラウドサービスの利用・導入支援。
    特長は、主力であるソフトウエアの受託開発では業種・業務を問わず幅広く、かつ開発の一連の工程にワンストップで対応可能であることに加え、顧客ニーズが高く専門性が要求される分野を戦略的に強化している点です。
  • アウトソーシング事業販売実績の13.8%
    ホスティングやハウジング等のデータセンターサービスや、ソリューション事業において開発に携わったシステムに関するユーザー企業への教育、ヘルプデスクの運用保守、データエントリー(入力)サービス等を提供。
    独自の付加価値として、サービスの提供に力を入れており、企業の非構造化データを扱う日本IBMの「IBM Watson Explorer」を月額料金制で手軽に利用できるサービスや、地震情報と連動して自動で安否確認メッセージが配信される緊急通報・安否確認サービスなどを提供しています。
  • プロダクト事業販売実績の3.3%
    同社グループによる製品(パッケージソフト)の開発および販売、ユーザー企業の 用途に応じたカスタマイズを行っています。

ワンポイント

IPO人気が高いIT系の企業で公募割れのリスクも低いと想定されるので、積極的に「幹事証券」よりIPOに参加していきたいところです!

評価は「S」と高く、想定利益は22.5万円となっています。

グループは同社と連結子会社6社で構成。

設立は昭和55年1月です。
従業員数は平成30年5月末で735名、平均年齢は35.5歳、平均勤続年数は6.8年、平均年間給与は464万円です。


システムサポートの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

システムサポートの上場日

S
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:やや高い
  • 公募多い
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2018/8/2 (木) 証券コード 4396
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
システムサポート(4396)
時価総額 9,680百万円(初値で計算)

システムサポートのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2018/7/18 (水) ~ 7/24 (火)

仮条件 1,650円~1,750円 (抽選資金:16.5万円 ~ 17.5万円)
当選口数 7,475口
発行済株式数 2,420,000株 オファリングレシオ 30.8%
公募株数 540,000株 売出株数 110,000株
吸収金額 13億円 O.A分 97,500株
仮条件決定日 7/13 (金) 公募価格決定日 7/25 (水)
購入期間 7/26 (木) ~ 7/31 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

システムサポートの公募価格と初値

仮条件 1,650円~1,750円
公募価格 1,750円 初値 4,000円
騰落率 128.57%  倍率  2.29倍
初値売り損益 225,000円(4,000円 - 1,750円)× 100株

システムサポートの初値予想と予想利益

システムサポートの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

1,650円 ~ 1,750円 ※抽選資金:16.5万円 ~ 17.5万円

初値予想 3,500円 ~ 4,000円
(2.0倍~2.3倍)
予想利益 17.5万円~22.5万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,550円 ~ 1,750円 ※抽選資金:15.5万円 ~ 17.5万円
初値予想 3,500円 ~ 4,000円 (2.0倍~2.3倍)
予想利益 17.5万円~22.5万円

システムサポートの主幹事と幹事証券

システムサポートのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

野村證券」は IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、運だめしで参加しておきたいところです。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券


システムサポートの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年6月 2016年6月 2015年6月
売上高 6,509,743 5,892,583 6,001,895
経常利益 181,863 135,848 -179,225
当期利益 65,545 128,462 -398,983
純資産 349,706 271,169 146,569
配当金 15.00 15.00
EPS 36.90 72.37 -1,397.46
BPS 186.01 152.77 412.87
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年6月 2016年6月
売上高 8,865,362 8,112,579
経常利益 254,793 181,039
当期利益 214,118 152,988
純資産 344,392 98,533
EPS 120.53 86.19
BPS 183.19 55.51
※EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

システムサポートと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

IPOのポイント

IPOで人気のあるIT関連企業です。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

参考までに

2018.7.3 追記。評価は 最も高い「S」となりました。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「1,550円 ~ 1,750円」。想定の初値予想は「3,500円 ~ 4,000円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると22.5万円の利益になりそうです。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。