タスキ(2987):IPO上場情報

タスキ

タスキは、新築投資用IoTレジデンスの企画、開発、販売およびコンサルティングを行っている企業です。

  • LiveMana事業
    東京23区を中心に当社の企画力・デザイン力を活かし、室内設備にIoT対応設備(照明器具など)を標準仕様とした新築投資用IoTレジデンスを開発し、単身者やDINKS(2人居住用)を対象とした魅力あるレジデンスを投資家や企業などに販売。
    また、新築投資用IoTレジデンスの開発用地として取得した用地の販売。
  • DayPay事業
    FinTechを活用した企業の従業員向け福利厚生のアウトソーシングサービス。
    主にLiveMana事業における取引先等が課題としている人財不足の課題解決策として従業員に向けた福利厚生の充実を目的としたサービスであり、クラウド型の給与の日払い、週払いなどの給与前払いを可能とするサービスプラットフォーム「タスキDayPay」の提供。
    DayPay事業

2019年4月以降に着工したプロジェクトから、IoT対応設備を標準仕様として導入。
売上高全体のほぼ100%がLiveMana事業によるものです。
(タスキDayPayは2019年10月よりサービス開始で、全体の1%未満の売上高)

売上高

IoTとは、モノのインターネット化。つながる家電など。高齢者の見守りにも活用。

主に最寄り駅から徒歩5分圏内の物件取得(100㎡~200㎡程度の広さ)を目指し、鉄筋コンクリート造で10戸~15戸程度の中低層レジデンスを主力商品としています。

ポイント

レジデンス賃貸マーケットは、特徴として景気の波に左右されにくく、不況下においても安定して推移することが挙げられます。

今まで全て対面で行っていた販売から入居の対応を、VR(仮想現実)を活用した非対面化に取り組んでいます。

設立は2013年8月。
従業員数は2020年7月末で19名、平均年齢は42歳、平均勤続年数は1.8年、平均年間給与は777.8万円。


タスキの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

タスキの上場日

A
  • 業績:好調
  • オファリングレシオ:低い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい

上場日 2020/10/2 (金) 証券コード 2987
市場 東証マザーズ 業種 不動産業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
タスキ(2987)
時価総額 26,818百万円(初値で計算)

タスキのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/9/14 (月) ~ 9/18 (金)

仮条件 610円~670円 (抽選資金:6.1万円 ~ 6.7万円)
当選口数 3,450口
発行済株式数 5,300,000株 オファリングレシオ 6.5%
公募株数 300,000株 売出株数 0株
吸収金額 2.3億円 O.A分 45,000株
仮条件決定日 9/10 (木) 公募価格決定日 9/23 (水)
購入期間 9/25 (金) ~ 9/30 (水)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

タスキの公募価格と初値

仮条件 610円~670円
公募価格 670円 初値 5,060円
騰落率 655.22%  倍率  7.55倍
初値売り損益 439,000円(5,060円 - 670円)× 100株

タスキの初値予想と予想利益

タスキの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

610円 ~ 670円 ※抽選資金:6.1万円 ~ 6.7万円
上限は6.3%上ブレ↑

初値予想 1,010円 ~ 1,350円※9/10 修正
(1.5倍~2.0倍)
予想利益 3.4万円~6.8万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 630円あたり ※抽選資金:6.3万円あたり
初値予想 950円 ~ 1,260円 (1.5倍~2.0倍)
予想利益 3.2万円~6.3万円
送信中...

初値予想アンケート

タスキ(2987)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(630円)を基準価格としています。

有効回答:328   投票期限:2020/10/1 (木) 23:59まで
3倍以上(1,890円以上)
242票  74%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(1,575円以上~1,890円未満)
25票  8%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(1,260円以上~1,575円未満)
15票  5%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(945円以上~1,260円未満)
17票  5%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(756円以上~945円未満)
6票  2%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(630円以上~756円未満)
7票  2%
投票済み

公募割れ(630円未満)
16票  5%
投票済み

タスキの主幹事と幹事証券

タスキのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事はIT系(ネットサービス系)の主幹事を務める事が多いSBI証券です。
IPOの割当数(当選数)は主幹事が一番多いです。

抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されます。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SBI証券
93.04% 321,000株 2,247口
岩井コスモ証券 0.87% 3,000株 3口
岡三証券 0.87% 3,000株 3口
エイチ・エス証券 0.87% 3,000株 3口
東洋証券 0.87% 3,000株 3口
アイザワ証券 0.87% 3,000株 3口
むさし証券 0.87% 3,000株 3口
極東証券 0.87% 3,000株 0口
水戸証券 0.87% 3,000株 0口

委託幹事である岡三オンライン証券ネオモバは、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


タスキの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年9月 2018年9月 2017年9月
売上高 5,118,432 3,117,194 211,374
経常利益 330,348 108,210 3,678
当期利益 221,809 73,282 2,163
純資産 699,689 477,879 304,597
配当金
EPS 69.32 25.41 7.33
BPS 218.65 149.34 50.77
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

タスキの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 比率 ロックアップ
村上 三郎 52.62% 180日間
㈱東京ウエルズ 7.90%
㈱ウェッジ 7.18% 180日間 / 1.5倍
京東㈱ 5.74%
Sanyoホールディングス㈱ 2.30%
渡邉 裕 2.30%
㈱ジープラン 1.72%
村田 浩司 1.49% 180日間
㈱ジェイ・エス・ビー 1.44%
朝井 隆夫 1.44%

直近の類似IPOの上場結果

タスキと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:不動産業」のIPO結果です。

  • 2019/12/19 ランディックス
    初値売りによる損益:203,000円
    (騰落率:124.54%、倍率:2.25倍)
  • 2019/12/19 SRE HD
    初値売りによる損益:-17,500円
    (騰落率:-6.60%、倍率:0.93倍)
  • 2019/07/31 ツクルバ
    初値売りによる損益:0円
    (騰落率:0%、倍率:1.00倍)
  • 2018/11/28 霞ヶ関キャピタル
    初値売りによる損益:300,000円
    (騰落率:92.59%、倍率:1.93倍)
  • 2018/10/23 リーガル不動産
    初値売りによる損益:59,200円
    (騰落率:42.90%、倍率:1.43倍)

IPOのポイント

IoTは、モノのインターネット化。
IoT活用事業はIPOで人気があります。

ただ、同社が行っているIoTを標準設備とした住宅やアパートの話はよく聞くので、それ程珍しいものではありません。

2013年8月設立の割と若い企業。
従業員の平均年齢は42歳で、平均の年間給与は777万円。

ということで以下、勝手なイメージですが、若手世代がバリバリ頑張って稼いでいるイメージがあります。
平均勤続年数は1.8年なので、それほど過酷な環境でもなさそう。

公式サイトのオープニングムービーが意味分かりませんでしたが、目論見書は分かりやすかったです。
Web制作をかじっている身としては、トップページはきちんと自社のサービスを紹介したほうがいいと思います。
(特にデザインが決め手のひとつとなる住宅系は、ホームページがダサいと住宅デザインもダサいと思われる)

事業内容はそれほど目新しくありませんが、業績は好調で公開規模も2.1億円と非常に小さく抑えているので、需給面で上昇しやすくなっています。(SBI証券主幹事は特に抑える)

当選しました!

9.24追記。妻がSBI証券で100株 当選しました!ブログ

2020年のIPO当選は、一家で5社800株となりました。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。
(需給面がA評価、事業内容はB評価)

  • 業績が好調。(決算情報
  • オファリングレシオが6.5%と低い。
  • 市場からの吸収金額が2.3億円と非常に小さい。吸収金額による実績
  • 公開株がすべて公募株。売出ゼロ。
  • 購入単価が低い(6万円)。
  • 同業他社が多い。
  • SBI証券主幹事(公開規模を抑えて初値が上昇しやすい)
  • 今後の景気動向に左右される事業内容。

9.10 追記。仮条件610円~670円に決定。(想定価格630円より6.3%上ブレ↑
初値予想を1,010円 ~ 1,350円に修正。予想利益は3.4万円~6.8万円です。

目論見書の想定仮条件は630円。初値予想は950円 ~ 1,260円としました。
予想利益は3.2万円~6.3万円です。

公募割れリスクは低いです。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

ワンポイント

主幹事証券は、IPOで人気のIT系の主幹事を務める機会が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選数も多くなります。
また、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントがもらえます。

カブスルは16回 IPOに当選しています。

追加の委託幹事として岡三オンライン証券が決まりました。
抽選時に資金が必要ない証券会社です。

1株からIPOに参加できるネオモバからも申込が可能になりました。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

12月のIPOラッシュによりご質問やご意見が増えております。
こちらのページによくある質問やご意見をまとめていますので、チェックをお願いします。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。