リーガル不動産(3497):IPO上場情報

リーガル不動産

リーガル不動産は 不動産の開発、売買、賃貸、管理、仲介業、介護事業を行っている企業です。

  • 不動産ソリューション事業売上高の86.4%
    様々なソースの物件情報から不動産を仕入れ、最適なバリューアップを施し資産価値を高めた上で、主に個人富裕層及び資産保有を目的とした事業法人に対して、各々の顧客ニーズに則した物件を販売。
    主な内容としては、戸建分譲、土地有効活用、住宅(マンション)開発、商業開発、コンバージョン・リノベーション等の不動産事業。
  • 不動産賃貸事業売上高の12.2%
    同社保有の収益不動産及び販売に至るまでの収益不動産からの賃料収入の確保を収益の柱 としています。
    また、不動産管理会社と入居者をより良い形で繋ぎ、建物をサポートするマンション・ビルの修繕・原状回復工事に特化したサービスを提供するファシリティマネジメント事業を行っています。
  • その他事業売上高の1.4%
    その他事業として、不動産コンサルティング事業を行っています。
    社名にリーガル(法律に関する)と名が付いているとおり、法的側面から生じる弁護士からの民事訴訟案件や金融機関等からのローン延長案件に対して、任意売却の仲介及びコンサルティング等、課題解決法を提案してまいりました。不動産の専門家として債務者への買主仲介から関係各所との交渉、別除権者との接触、配分案作成、不動産の調査や価格査定、権利譲渡、リーシング、入札、場合によっては同社での買い取りなど、顧客のニーズに合わせたサービスを展開。

売上高の集計期間は平成28年8月1日~平成29年7月31日。

不動産事業のIPOは多く、今年は既に上場済が6社になります。(9.21時点)

設立は平成12年9月です。
従業員数は平成30年8月末で129名、平均年齢は38.8歳、平均勤続年数は2年、平均年間給与は799.7万円です。


リーガル不動産の詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

リーガル不動産の上場日

B
  • 業績:好調
  • IPO人気:なし
  • オファリングレシオ:高い
  • 公募多い
  • 割安感:割安
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2018/10/23 (火) 証券コード 3497
市場 東証マザーズ 業種 不動産業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
リーガル不動産(3497)

リーガル不動産のブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2018/10/5 (金) ~ 10/12 (金)

仮条件 1,360円~1,380円 (抽選資金:13.6万円 ~ 13.8万円)
当選口数 11,615口
発行済株式数 2,740,000株 オファリングレシオ 42.3%
公募株数 740,000株 売出株数 270,000株
吸収金額 16億円 O.A分 151,500株
仮条件決定日 10/4 (木) 公募価格決定日 10/15 (月)
購入期間 10/16 (火) ~ 10/19 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

リーガル不動産の公募価格と初値

仮条件 1,360円~1,380円
公募価格 1,380円 初値 1,972円
騰落率 42.90%  倍率  1.43倍
初値売り損益 59,200円(1,972円 - 1,380円)× 100株

リーガル不動産の初値予想と予想利益

リーガル不動産の初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

1,360円 ~ 1,380円 ※抽選資金:13.6万円 ~ 13.8万円
上限は5.5%下ブレ↓

初値予想 1,500円 ~ 1,700円
予想利益 1.2万円~3.2万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,260円 ~ 1,460円 ※抽選資金:12.6万円 ~ 14.6万円
初値予想 1,500円 ~ 1,700円
予想利益 4,000円~2.4万円

リーガル不動産の主幹事と幹事証券

リーガル不動産のIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


リーガル不動産の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年7月 2016年7月 2015年7月
売上高 14,846,027 11,085,329 8,008,593
経常利益 704,211 536,846 229,961
当期利益 475,520 399,858 122,783
純資産 1,221,884 728,032 372,036
配当金
EPS 237.76 199.93 613,919.89
BPS 610.94 364.02 1,860,183.21
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

リーガル不動産と市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:不動産業」のIPO結果です。

IPOのポイント

リーガル不動産のIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

参考までに

10.3 追記。依然 やや不動産株は弱いですが、回復傾向にあるとして 評価は 「B」へ変更となりました。

想定の仮条件は「1,260円 ~ 1,460円」。 想定の初値予想は「1,500円 ~ 1,700円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると2.4万円の利益になりそうです。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選口数(割当数)も主幹事が一番多いです。

また、SMBC日興証券は資金量に左右されない「公平抽選」を採用していますので、1口応募しても100口応募しても 当選確率は一緒です。

庶民の管理人はこれまで17回 IPOに当選をしております。(IPO実績

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。