霞ヶ関キャピタル(3498):IPO上場情報と初値予想

霞ヶ関キャピタル

霞ヶ関キャピタルは 太陽光発電施設の開発・販売及び売電事業、不動産コンサルティング事業、ショッピングセンターの運営事業を行っている企業です。

  • 自然エネルギー事業売上高の56.8%
    太陽光発電等の施設の開発及び販売、電気事業者への売電を行っています。
    再生可能エネルギー発電施設の事業開発から販売までの流れは、案件の発掘、土地確保・土地権利関係の整理・発電施設の設計・許認可取得等の「権利の整理」、詳細設計・造成等の「詳細プランニング」、出資・融資両面での「資金調達」、発電施設の「工事」及び「販売」に大別されます。「販売」においては工事完成前に権利譲渡を行うこともあります。
    同社は、この再生可能エネルギー発電施設開発の一連のプロセス全般の指揮・監督を担っております。「権利の整理」において、当社は案件候補の事業性評価を行い、有望案件を選別します。
  • 不動産コンサルティング事業売上高の13.3%
    投資家の目線に立った土地の有効活用や新たな投資商品の組成のため、収益不動産(アパート・ホテル・旅館等)の開発や資産運用コンサルティングに着手しつつ、社会的意義の観点から、インバウンド需要の増加にも着目し、宿泊施設の開発、コンバージョン、リノベーション、リーシング等を実施することで、収益改善、資産価値向上のための施策を立案・実践しています。
  • ショッピングセンター事業売上高の29.9%
    東日本大震災により被災したショッピングセンターフォルテ(宮城県柴田郡大河原町)を再生することを目的として取得し、ショッピングセンター事業を行っています。

売上高の集計期間は平成28年9月1日~平成29年8月31日。(第6期)

第6期の売上構成比は上記の通りとなりますが、第7期第3四半期(平成29年9月1日~平成30年5月31日)の売上構成比はシゼンエネルギー事業が41.4%、不動産コンサルティング事業が48.6%、ショッピングセンター事業が10%になります。

インバウンド向けのアパートメントホテル3件を含む4件の売却があり、不動産コンサルティング事業の売上は第7期第3四半期で伸びております。

【単位:千円、()内は前年同期比】
セグメントの名称 第6期事業年度 第7期第3四半期
累計期間
自然エネルギー事業 719,135
(138.3%)
1,145,442
不動産コンサルティング事業 168,733
(267.5%)
1,344,677
ショッピングセンター事業 378,520
(96.8%)
275,180
合計 1,266,389
(130.1%)
2,765,300

再生可能エネルギーの導入は世界的なエネルギー政策の潮流であり、世界各国は再生可能エネルギーの導入に係る取り組みを推進しています。

平成27年末にはCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)において平成32年以降の温暖化対策の国際枠組みについて合意が得られたことにより、今後も世界中で更なる再生可能エネルギーの導入が期待されています。

再生可能エネルギーは、国内で調達可能なことから、資源の乏しい我が国のエネルギー自給率向上に資するとともに、温室効果ガスを排出しないことから温暖化対策に寄与するエネルギー源として近年注目されています。

しかしながら、我が国における発電電力量に占める再生可能エネルギーの割合は、平成28年において15.3%(水力を除くと7.8%)(出典:経済産業省・資源エネルギー庁「日本のエネルギー 2017年度版」)と欧州主要国 に比して遅れているのが現状です。

設立は平成23年9月です。
従業員数は平成30年9月末で26名、平均年齢は34.2歳、平均勤続年数は1.2年、平均年間給与は887.2万円です。


霞ヶ関キャピタルの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

霞ヶ関キャピタルの上場日

A
  • 業績:好調
  • 公開比率:低い
  • 当選口数:少ない
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2018/11/28 (水) 証券コード 3498
市場 東証マザーズ 業種 不動産業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
霞ヶ関キャピタル(3498)

霞ヶ関キャピタルのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2018/11/9 (金) ~ 11/15 (木)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 3,000円~3,240円 (抽選資金:30万円 ~ 32.4万円)
当選口数 1,550口
公募株数 135,000株 売出株数 0株
吸収金額 5億円 O.A分 20,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

霞ヶ関キャピタルの公募価格と初値

仮条件 3,000円~3,240円
公募価格 3,240円 初値 6,240円
騰落率 92.59%  倍率  1.93倍
初値売りでの損益 300,000円(6,240円 - 3,240円)× 100株

霞ヶ関キャピタルの初値予想と予想利益

霞ヶ関キャピタルの初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 3,000円 ~ 3,240円 ※抽選資金:30万円 ~ 32.4万円
初値の想定価格 5,000円 ~ 6,000円
想定条件での予想利益 176,000円~276,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 3,560円 ~ 3,760円 ※抽選資金:35.6万円 ~ 37.6万円
初値の想定価格 5,000円 ~ 6,000円
想定条件での予想利益 124,000円~224,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選で必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

霞ヶ関キャピタルの主幹事と引受幹事

霞ヶ関キャピタルのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
おすすめ のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

霞ヶ関キャピタルの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年8月 2016年8月 2017年8月
売上高 1,159,279 973,769 1,266,389
経常利益 181,570 61,144 118,670
当期利益 16,035 61,152 70,355
純資産 134,771 195,924 416,278
配当金
EPS 317.51 54.28 62.41
BPS 2,392.54 173.91 236.36
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年8月
売上高 874,758
経常利益 56,514
当期利益 56,522
純資産 191,294
EPS 50.17
BPS 169.80
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

霞ヶ関キャピタルと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:不動産業」のIPO結果です。

  • 2018/10/23 リーガル不動産
    初値売りによる損益:59,200円
    (騰落率:42.90%、倍率:1.43倍)
  • 2018/09/20 アズーム
    初値売りによる損益:340,000円
    (騰落率:113.33%、倍率:2.13倍)
  • 2018/07/25 GA technologies
    初値売りによる損益:327,000円
    (騰落率:130.28%、倍率:2.30倍)
  • 2018/03/16 フェイスネットワーク
    初値売りによる損益:180,000円
    (騰落率:128.57%、倍率:2.29倍)
  • 2017/12/13 グローバル・リンク・マネジメント
    初値売りによる損益:351,000円
    (騰落率:133.97%、倍率:2.34倍)

IPOのポイント

霞ヶ関キャピタルのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

参考までに

10.28 追記。評価は 高い「A」となりました。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「3,560円 ~ 3,760円」。 想定の初値予想は「5,000円 ~ 6,000円」となっています。
予想利益は上限で22.4万円の利益です。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに66回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

霞ヶ関キャピタルのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。