エードット(7063):IPO上場情報と初値予想

エードット

エードットは、顧客の企業としてのブランド価値や商品・サービスのブランド価値を高めるためグループ各社と連携し、一般消費者へのイメージアップや認知度・購買意欲の向上等を図るためのソリューションを提供するブランディング事業を行っている企業です。

同社および同社グループの主要サービスは下記になります。

  • SPサービス
    • プレゼントキャンペーンや他商品とのタイアップ施策などの店頭プロモーションの企画など。
    • SNSと連動したキャンペーンやイベントの企画など。
    • TVCMの制作及びそれに伴うタレントのキャスティングの企画など。
  • PRサービス
    商品やサービスのPR戦略の企画立案から携わり、メディアプロモート、PRイベントの実施・運営など。
  • クリエイティブサービス
    顧客企業のブランドイメージや商品・サービスの強みをキャッチコピーやロゴ・マーク等により具現化することで、消費者に選ばれるブランドづくりを支援。
  • バズサービス
    SNS利用者がSNS上で情報を拡散したくなるような企画の立案、キャッチコピー・グラフィック等の制作を通じ、より多くの消費者に情報を届け、顧客企業の商品・サービスの認知度・購買意欲向上につながるよう支援。
  • エードット。
    • グループ全体の事業統括窓口であり、グループ各社と連携してブランディング事業を統括。
    • SPサービス、PRサービスの提供。
    • グループ全体の経営企画、財務、経理、人事、総務、内部統制、監査を担当。

下記は連結子会社です。

  • (株)カラス
    クリエイティブサービスの提供連結子会社。
  • (株)噂
    バズサービス(情報の話題拡散)の提供。
  • (株)アスラボ
    スポーツをテーマとした『アスラボ』サービスの提供。
  • (株)エードット・アジア
    アジアを中心としたインバウンド・アウトバウンドに関するブランディングを行うクロスボーダー・ブランディングサービスの提供。
  • (株)Spark
    採用活動や人材育成に関するコンサルティングを行う人材サービスの提供。
  • (株)ARUYO
    事業やサービスをグロースさせるコンサルティングサービスの提供。
  • 北京伊藤商貿有限公司
    中国進出を目指す日本企業、日本進出を目指す中国企業に向けたクロスボーダー・コンサルティングサービスの提供。

設立は平成24年7月です。
従業員数は平成31年1月末で50名、平均年齢は31歳、平均勤続年数は1.7年、平均年間給与は513.2万円です。


エードットの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

エードットの上場日

B
  • 業績:好調
  • 公開比率:やや高い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい

上場日 2019/3/29 (金) 証券コード 7063
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
エードット(7063)

エードットのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/3/12 (火) ~ 3/18 (月)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 1,010円~1,110円 (抽選資金:10.1万円 ~ 11.1万円)
当選口数 6,900口
公募株数 550,000株 売出株数 50,000株
吸収金額 7.6億円 O.A分 90,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

エードットの公募価格と初値

仮条件 1,010円~1,110円
公募価格 1,110円 初値 2,453円
騰落率 120.99%  倍率  2.21倍
初値売りでの損益 134,300円(2,453円 - 1,110円)× 100株

エードットの初値予想と予想利益

エードットの初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 1,010円 ~ 1,110円 ※抽選資金:10.1万円 ~ 11.1万円
初値の想定価格 1,210円 ~ 1,360円※3/12 修正
想定条件での予想利益 10,000円~25,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 1,010円あたり ※抽選資金:10.1万円あたり
初値の想定価格 1,110円 ~ 1,260円
想定条件での予想利益 10,000円~25,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選で必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

エードットの主幹事と引受幹事

エードットのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

一人一票の公平抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券SMBC日興証券、抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

管理人はこちらの3社だけでIPOに46回当選しています。(全当選数の74.2%

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。
割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
みずほ証券
86.96% 600,000株 60,000株
SBI証券 3.91% 27,000株 18,900株
SMBC日興証券 3.91% 27,000株 2,700株
いちよし証券 1.30% 9,000株 900株
エース証券 1.30% 9,000株 0株
マネックス証券 0.87% 6,000株 6,000株
岡三証券 0.87% 6,000株 600株
岩井コスモ証券 0.87% 6,000株 600株

委託幹事である岡三オンライン証券は、委託数が公表されていません。

エードットの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年6月 2017年6月 2018年6月
売上高 516,401 799,269 1,326,111
経常利益 47,313 78,504 31,228
当期利益 34,612 55,306 22,086
純資産 67,751 178,918 211,805
配当金
EPS 1,089.17 33.72 12.70
BPS 2,084.67 103.72 121.51
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年6月 2018年6月
売上高 825,671 1,451,562
経常利益 104,662 122,794
当期利益 73,629 87,034
純資産 197,241 294,240
EPS 44.89 50.06
BPS 114.34 168.81
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

エードットと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2019/03/28 フレアス
    初値売りによる損益:219,500円
    (騰落率:118.65%、倍率:2.19倍)
  • 2019/03/28 日本ホスピスHD
    初値売りによる損益:46,600円
    (騰落率:46.60%、倍率:1.47倍)
  • 2019/03/20 ギークス
    初値売りによる損益:97,000円
    (騰落率:50.26%、倍率:1.50倍)
  • 2019/03/19 コプロHD
    初値売りによる損益:30,500円
    (騰落率:14.59%、倍率:1.15倍)
  • 2019/02/28 フロンティアインターナショナル
    初値売りによる損益:30,500円
    (騰落率:12.66%、倍率:1.13倍)

IPOのポイント

エードットのIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 業績が好調。
  • 市場からの調達金額が6.9億円と小さい。
  • 購入単価が低い(10万円)。
  • 3月のIPOラッシュが終わるころ。(4,5月は少ない)

目論見書の想定仮条件は1,010円。初値予想は1,110円 ~ 1,260円としました。
予想利益は10,000円~25,000円です。

特徴は特にありませんが、公募割れリスクは低くなりそうです。
幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いましょう。

参考までに、管理人は幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに66回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

エードットのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。