リンカーズ(5131):IPO上場情報と初値予想

リンカーズ

リンカーズは、ものづくり企業のあらゆる探索等の課題に対して、マッチングプラットフォームの運営を中心に課題解決のサービスを提供を行っている企業です。

事業内容
  • Linkers Sourcing
    大手企業を中心とした技術課題を抱えた発注企業と、ものづくりに特化した全国の中堅・中小企業等を引き合わせる技術探索サービス(マッチング)。
    全国の地方自治体、地域金融機関、中堅・中小企業支援機関、商工会議所、大学などに所属する産業コーディネーターが登録。発注企業のニーズを満たすものづくりに特化した受注候補企業を、網羅的に複数探索することが可能。
  • Linkers Marketing
    同社独自の企業ネットワークを活用して、当社が提供するマッチングプラットフォームにて、発注企業が保有する技術・製品を必要とする会社との面談機会創出の支援を行う技術・製品の用途開拓サービス。
    主に「Linkers Sourcing」のサービス利用があり、大手企業の新技術への関心が高い技術者に向けて、継続的に当社から技術シーズ情報配信の案内。商談機会の創出が期待。
  • LFB
    「Linkers Sourcing」のマッチングプラットフォームをベースに開発したSaaS型ビジネスマッチングシステム。金融機関向けには「Linkers for BANK」を、事業会社向けには「Linkers for Business」を提供。

ものづくり産業におけるニーズ(発注企業)とシーズ(受注候補企業)を結びつけるビジネスマッチングサービス。

設立は2011年9月。
従業員数は2022年8月末で81名、平均年齢は38.2歳、平均勤続年数は2.6年、平均年間給与は666.1万円。


リンカーズのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

リンカーズの上場日

B
  • 業績:不安
  • オファリングレシオ:やや低い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2022/10/26 (水) 証券コード 5131
市場 東証グロース 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス リンカーズ(5131)
時価総額
3,904百万円(想定価格で計算)

リンカーズのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2022/10/11 (火) ~ 10/17 (月)

仮条件 10/7 (金)に決定
当選口数 27,956口
発行済株式数 13,236,000株 オファリングレシオ 21.1%
公募株数 966,000株 売出株数 1,465,000株
吸収金額 8.2億円あたり O.A分 364,600株
仮条件決定日 10/7 (金) 公開価格決定日 10/18 (火)
購入期間 10/19 (水) ~ 10/24 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

リンカーズの初値予想と予想利益

リンカーズの初値予想と予想利益です。

仮条件決定前

仮条件の想定価格 295円あたり ※抽選資金:3万円あたり
初値予想 360円 ~ 420円 (1.2倍~1.4倍)
予想利益 6,500円~1.25万円
送信中...

初値予想アンケート

リンカーズ(5131)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(295円)を基準価格としています。

有効回答:65   投票期限:2022/10/25 (火) 23:59まで
3倍以上(885円以上)
20票  31%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(738円以上~885円未満)
9票  14%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(590円以上~738円未満)
9票  14%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(443円以上~590円未満)
18票  28%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(354円以上~443円未満)
2票  3%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(295円以上~354円未満)
2票  3%
投票済み

公募割れ(295円未満)
5票  8%
投票済み

リンカーズの主幹事と幹事証券

リンカーズのIPOを取り扱っている証券会社です。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


リンカーズの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年7月 2020年7月 2019年7月
売上高 1,419,136 1,152,862 589,082
経常利益 252,503 234,515 -274,386
当期利益 183,305 292,021 -281,271
純資産 1,417,202 1,233,896 242,105
配当金
EPS 14.94 25.58 -25,570.12
BPS 10.56 -4.38 -31,429.96
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

リンカーズの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
前田 佳宏 代表取締役社長 3,000,000
22.74%
- 180日
ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合 VC 2,930,000
22.21%
1,465,000 90日/
1.5倍
合同会社SAKUNANA 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 2,500,000
18.95%
- 180日
SBI AI&Blockchain投資事業有限責任組合 VC 1,270,000
9.63%
- 90日/
1.5倍
加福 秀亙 取締役 911,000
6.90%
(466,000)
- 180日
DBJキャピタル投資事業有限責任組合 VC 857,000
6.50%
- 90日/
1.5倍
京侑株式会社 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 600,000
4.55%
- 180日
BIG1号投資事業有限責任組合 VC 156,000
1.18%
- 90日/
1.5倍
株式会社日経ビーピー 148,000
1.12%
- 180日
ソウルドアウト株式会社 144,000
1.09%
- 180日
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

リンカーズと市場と業種が同じIPOの上場結果。

直近の「市場:グロース」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2022/09/30 グッピーズ初値売り損益:47,000円
    (騰落率:30.32%、倍率:1.30倍)
  • 2022/09/29 ポーターズ初値売り損益:170,500円
    (騰落率:108.60%、倍率:2.09倍)
  • 2022/09/28 ファインズ初値売り損益:90,300円
    (騰落率:50.17%、倍率:1.50倍)
  • 2022/09/16 eWeLL初値売り損益:221,000円
    (騰落率:130%、倍率:2.30倍)
  • 2022/07/28 unerry初値売り損益:171,000円
    (騰落率:132.56%、倍率:2.33倍)

IPOのポイント

事業系統図はこちら。

事業系統図

目論見書にあったな経営戦略の図。シンプルで分かりやすい。
ニーズは発注企業、シーズは受注候補企業のことのよう。

経営戦略

前期は、探索・マッチングサービスが売上高の76.3%を占める。(技術探索サービス「Linkers Sourcing」、用途開拓サービス「Linkers Marketing」、金融機関向けマッチングシステム「Linkers for BANK」、及び調達支援サービス「Linkers Trading」)

販売実績

リサーチサービスが今期、伸びていますが、カーボンニュートラル等の注目テーマに対するカスタマイズ型リサーチの強い引き合いに牽引され好調とのこと。

IPOの第一印象としては、想定価格が低いのが気になりました。
調べてみると どうやら、前回の資金調達時よりも低い株価らしい(ダウンラウンド)

同社にはベンチャーキャピタル(VC)が多く参入していますが、この価格で売り出すのはジャフコのみ(持ち株の半分を売出)

VCには90日間または公開価格の1.5倍で売却制限が外れるロックアップがかかっています。
初値には影響しませんが、ロックアップが外れると大きな売り圧力になるので、セカンダリー参入者はご注意を。

事業内容はよさそうですが、いかんせん目論見書が分かりづらかったです。

業績面をみても評価しづらいIPOですが、需給面は軽く個人投資家的には参加しやすい価格。
相場がよっぽど悪くなければ公募割れの心配もなさそうな気がします。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立

目論見書の想定仮条件は295円。初値予想は360円 ~ 420円としました。
予想利益は6,500円~1.25万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事証券は、IPOで人気のIT系の主幹事を務める機会が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選数も多くなります。
また、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントがもらえます。

カブスルは29回 IPOに当選しています。

松井証券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用。

松井証券はIPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています。(5割目標)

1株からIPOに参加できるネオモバが委託幹事になっています。来年3月にSBI証券と合併する予定であり、ネオモバから参加できる機会ももうないかも。(新規口座開設は10/7で終了)

岩井コスモ証券も幹事証券に。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。