エーアイ[4388]:IPO上場情報と初値予想

IPO「エーアイ」(4388)

エーアイ

エーアイ日本語音声合成エンジンに関する研究開発から製品開発、販売、サポートを行っている企業です。

「音声技術」には、主に音声を認識する技術(音声認識)とテキスト情報を音声に変換する技術(音声合成)がありますが、同社は、設立以来、音声合成に特化して事業を展開しています。

音声合成分野における研究開発の歴史は古く、1850年頃まで遡ります。以前から音声合成を知っている方にとっては、機械音、いわゆる「ロボットボイス」の印象を強く持っている方が多いかと思います。

同社が提供している音声合成エンジンは、機械音ではなく、人の声で合成する「コーパスベース音声合成技術」をベースに、独自に研究開発を行った音声合成エンジン「AITalk®」となります。

「コーパスベース音声合成技術」の向上に伴い、この10年程で音声合成エンジンの利用が拡がってきており、同社の音声合成エンジンを利用する企業は、通信、防災、金融、鉄道・交通、車載、ゲーム、観光、自治体、図書館等、多岐に渡っています。

導入企業は「野村證券」や「ソフトバンクモバイル」、「TOKYO FM」「ネスレ日本」など。

主な活用シーンです。

  • 防災行政無線
    防災行政無線、あるいは、全国瞬時警報システム(J-ALERT)にて、住民への放送用音声として、多くの自治体に活用。
  • スマートフォン音声対話
    スマートフォンにおける音声対話アプリの利用。
  • コミュニケーションロボット
    ソフトバンクロボティクス社が提供する「Pepper(ペッパー君)」、マツコロイド製作委員会が提供する「マツコロイド」等、多くのコミュニケーションロボットにおいて活用。
  • 道路交通情報、カーナビゲーション
    リアルタイムでの情報提供が必要となる道路交通情報、あるいは、全国の膨大な地点名を案内するカーナビゲーションにおいて活用。
  • 館内放送、駅構内放送
    駅、空港、商業施設におけるアナウンス。
  • 電話自動応答システム
    図書館における電話による休館案内、銀行における電話自動応答システム、あるいはコールセンターにおける電話による自動案内等、電話自動応答システムとして幅広く活用。
  • ホームページ読上げ
    全国自治体、各企業のホームページの情報を音声で提供するツールとして活用。
  • 音声ファイル作成
    eラーニング教材のナレーション、発券機等の機器におけるガイダンス等で利用する音声ファイルを作成するツールとして活用。
  • ゲーム
    競馬のアーケードゲーム「StarHorse」シリーズを始め、ゲームのナレーション音声等で活用。

上記の通り、活用範囲も非常に広く私たちの身近なものにも利用されています。
活用範囲がJアラートからマツコロイドまでってかなり広いですね!

ワンポイント

将来性が高く、IPOとしての人気も非常に高くなりそうです。

主幹事はIT系の主幹事を務める事が多い「SBI証券」になります。

メルカリ以降のIPOで要注目です。口座開設はお早めにどうぞ!

設立は平成15年4月です。
従業員数は平成30年4月末で29名、平均年齢は35歳、平均勤続年数は4.7年、平均年間給与は642.1万円です。


エーアイの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

エーアイの上場日

S
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:低い
  • 売出多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2018/6/27 (水) 証券コード 4388
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
エーアイ(4388)

エーアイのブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/6/11 (月) ~ 6/15 (金)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 900円~1,000円 (抽選資金:9万円 ~ 10万円)
当選口数 5,670口
公募株数 187,000株 売出株数 380,000株
吸収金額 6.5億円 O.A分 85,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

エーアイの公募価格と初値

仮条件 900円~1,000円
公募価格 1,000円 初値 3,500円
騰落率 250.00%  倍率  3.50倍
初値売りでの損益 250,000円(3,500円 - 1,000円)× 100株

エーアイの初値予想と予想利益

エーアイの初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 900円 ~ 1,000円 ※抽選資金:9万円 ~ 10万円
初値の想定価格 2,000円 ~ 2,300円※6/11 修正
想定条件での予想利益 100,000円~130,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 800円 ~ 900円 ※抽選資金:8万円 ~ 9万円
初値の想定価格 1,800円 ~ 2,100円
想定条件での予想利益 90,000円~120,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

エーアイの主幹事証券と引受幹事証券

エーアイのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

主幹事はIT系の主幹事を務める事が多い「SBI証券になります。
IPOの割当数(当選口数)も主幹事が一番多いです。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

他にも、1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」がおすすめです。

また、意外と引受幹事数(委託幹事含む)が多く IPO当選に穴場である「岩井コスモ証券」や「東海東京証券」もチェックです。

落選しても次回の当選に活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。
特にSBI証券は、幹事になる機会が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

エーアイの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年3月 2016年3月 2017年3月
売上高 400,288 431,327 451,431
経常利益 85,421 89,145 116,129
当期利益 63,841 65,067 76,887
純資産 400,974 466,042 534,580
配当金
EPS 15.80 16.10 19.57
BPS 99.23 115.33 137.99
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

エーアイと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2018/06/21 ZUU
    初値売りによる損益:395,000円
    (騰落率:246.88%、倍率:3.47倍)
  • 2018/06/19 メルカリ
    初値売りによる損益:200,000円
    (騰落率:66.67%、倍率:1.67倍)
  • 2018/05/31 ラクスル
    初値売りによる損益:14,500円
    (騰落率:9.67%、倍率:1.10倍)
  • 2018/04/20 HEROZ
    初値売りによる損益:4,450,000円
    (騰落率:988.89%、倍率:10.89倍)
  • 2018/04/04 ビープラッツ
    初値売りによる損益:780,000円
    (騰落率:354.55%、倍率:4.55倍)

IPOのポイント

エーアイのIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

同社がサービスを提供する音声合成市場は、電話自動応答システム、カーナビ、防災行政無線、スマートフォン音声対話などで利用されています。さらに、東京オリンピック、訪日外国人の増加に伴う外国人への情報提供手段としての利用用途も見込まれており、市場は堅調に推移しています。

最近では、AI(人工知能)の品質向上によるPepperをはじめとしたコミュニケーションロボット、コールセンターのオペレータ業務の自動化、車載器への対話システムなどの対話型利用用途へと変化しています。

専門性の高いサービスはIPOの中でも特に人気があります。

市場からの調達金額が 5.2億円程度人気化しやすい小型案件である事から 初値にも大きな期待が出来そうです。

参考までに

2018.6.11 追記。想定の初値予想は「2,000円 ~ 2,300円」に修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると13万円の利益になりそうです。

2018.5.28追記。評価は 最も高い「S」となりました。

想定の仮条件は「800円 ~ 900円」。想定の初値予想は「1,800円 ~ 2,100円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると12万円の利益になりそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

ワンポイント

主幹事証券はIT系の主幹事を務める事が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選口数も多くなります。
また、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

庶民の管理人も過去に10度 IPOに当選をしております。(IPO実績

他にも、1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」がおすすめです。

  • 公募価格:ブックビルディングに当選し購入する株価。
  • 初値:株式市場に上場してはじめについた株価。
  • 初値売りによる利益:公募価格で入手し初値で売却した際の利益。

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

エーアイに関するつぶやき

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに65回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「エーアイ」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定のタイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

お得なタイアップ企画

4/30(火)まで!

お得なタイアップ企画

ライブスター証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。

実施中!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。


IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ