ELEMENTS(5246):IPO上場情報と初値予想

ELEMENTS

ELEMENTSは、生体認証・画像解析・機械学習技術を活用した、オンライン本人確認サービス「LIQUID eKYC」等の個人認証ソリューションと、衣食住における個人最適化ソリューションの開発・提供を行っている企業です。

事業内容

個人認証ソリューション

生体情報を用いた認証サービスを提供。

「LIQUID eKYC」は、金融機関の口座開設や通信会社の回線契約時などに必要な「申込者が実在する本人であるかどうか」の確認を行うサービス。(個人認証ソリューションの売上高のうち9割以上を占める)

スマートフォン等で顔写真付きの本人確認書類と自分の顔を撮影して、それらを照合することで、オンライン・非対面で完結する安全でスピーディーな本人確認を実現。

LIQUID eKYC

個人最適化ソリューション

個人のデータを取得し、特徴を解析し、モノ・サービスを個人に最適化するためのサービスを提供。


グループは同社と連結子会社3社、持分法適用関連会社1社、国外の持分法非適用関連会社1社で構成。

グループ会社

設立は2013年12月。
同社の従業員数は2022年10月末で58名、平均年齢は36.8歳、平均勤続年数は3.6年、平均年間給与は627.2万円。


ELEMENTSのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

ELEMENTSの上場日

C
  • 業績:不安
  • IPO人気:あり
  • 売出多い
  • 調達金額:小さい

上場日 2022/12/27 (火) 証券コード 5246
市場 東証グロース 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス ELEMENTS(5246)
時価総額
3,014百万円(想定価格で計算)

ELEMENTSのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2022/12/12 (月) ~ 12/16 (金)

仮条件 12/8 (木)に決定
当選口数 52,189口
発行済株式数 20,096,700株 オファリングレシオ 25.9%
公募株数 50,000株 売出株数 4,488,200株
吸収金額 7.8億円あたり O.A分 680,700株
仮条件決定日 12/8 (木) 公開価格決定日 12/19 (月)
購入期間 12/20 (火) ~ 12/23 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

ELEMENTSの初値予想と予想利益

ELEMENTSの初値予想と予想利益です。

仮条件決定前

仮条件の想定価格 150円あたり ※抽選資金:1.5万円あたり
初値予想 140円 ~ 210円 (0.9倍~1.4倍)
予想利益 -1,000円~6,000円
送信中...

初値予想アンケート

ELEMENTS(5246)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(150円)を基準価格としています。

有効回答:48   投票期限:2022/12/26 (月) 23:59まで
3倍以上(450円以上)
12票  25%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(375円以上~450円未満)
3票  6%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(300円以上~375円未満)
2票  4%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(225円以上~300円未満)
5票  10%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(180円以上~225円未満)
6票  13%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(150円以上~180円未満)
15票  31%
投票済み

公募割れ(150円未満)
5票  10%
投票済み

ELEMENTSの主幹事と幹事証券

ELEMENTSのIPOを取り扱っている証券会社です。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


ELEMENTSの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年11月 2020年11月 2019年11月
売上高 322,673 530,319 345,763
経常利益 -98,843 -596,118 -409,995
当期利益 -259,993 -612,907 -474,004
純資産 1,533,713 1,793,440 2,393,922
配当金
EPS -19.58 -46.37 -4,043.96
BPS -201.37 -181.79 -17,107.07
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年11月 2020年11月
売上高 1,362,051 949,444
経常利益 -695,026 -935,311
当期利益 -568,988 -800,113
純資産 1,269,829 1,987,341
EPS -42.84 -60.53
BPS -241.74 -198.90
※EPS、BPSは(単位/円)

上位株主とロックアップ情報

ELEMENTSの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
久田 康弘 代表取締役 7,800,000
34.41%
- 180日
UTEC3号投資事業有限責任組合 VC 2,166,700
9.56%
2,166,700
株式会社BOC 1,560,000
6.88%
- 180日
加藤 寛之 従業員 1,000,000
4.41%
- 180日
山谷 明洋 取締役 1,000,000
4.41%
- 180日
伊藤忠商事株式会社 833,300
3.68%
833,300
上田八木短資株式会社 735,300
3.24%
- 180日
コタエル信託株式会社 666,600
2.94%
(666,600)
- 180日
鶴岡 章 取締役 483,800
2.13%
(483,800)
- 180日
株式会社電通国際情報サービス 416,700
1.84%
416,700
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

ELEMENTSと同じホットワードのIPOの上場結果です。

ダウンラウンド」のIPOの直近の結果です。

  • 2022/10/26 リンカーズ
    初値売り損益:20,300円
    (騰落率:67.67%、倍率:1.68倍)

ELEMENTSと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:グロース」かつ「業種:情報・通信業」の直近のIPO結果です。

  • 2022/11/25 tripla
    初値売り損益:82,000円
    騰落率:102.50%、倍率:2.03倍
  • 2022/11/15 POPER
    初値売り損益:41,000円
    騰落率:58.57%、倍率:1.59倍
  • 2022/10/28 pluszero
    初値売り損益:215,500円
    騰落率:130.61%、倍率:2.31倍
  • 2022/10/26 リンカーズ
    初値売り損益:20,300円
    騰落率:67.67%、倍率:1.68倍
  • 2022/10/06 FIXER
    初値売り損益:48,200円
    騰落率:35.97%、倍率:1.36倍

IPOのポイント

「LIQUID eKYC」はeKYC市場で国内トップシェア。
140社以上の事業者において、月間100万回強、累計で1,700万回以上の利用あり。(2022年11月期

カブスルは証券会社や不動産クラファンの口座開設で、同社の「LIQUID eKYC」を利用したことがあります。
メリットは、本人確認がすぐに完了するので、口座開設が早く済むこと。

個人的な感想では便利と思ったことはなく、面倒でした。
運転免許証やマイナンバーカードなどの画像をアップする、従来の方式の方が圧倒的にラク。

セキュリティ上の利用でeKYCが各社で利用されているようですが、もう少しサクサクと本人確認ができるようだと便利だなぁと思っています。

業績は先行投資で赤字続き。同社の成長戦略の概念図はこちら。

成長戦略

売出株が多いなぁと放出元をみてみると、上位株主10社やその下の株主のVCや事業会社の多くが持ち株を全株売り出しています。

売出放出元

持ち株の一部売出はよくありますが、各株主が全株を売り出すのを見たのは初めてかも。
主なVCが売り出すので、初値形成後の売り圧力懸念は減りますけど・・・これだけ売り出されると、EXITや逃げているイメージが。

ちなみに公募株が5万株ありますが、グロース市場への上場基準で公募の実施は500単位以上(5万株)と決まっています。

今年の12月IPOの特徴となりそうですが、同社も前回の資金調達時よりも低い時価総額(価格)で株式を発行するダウンラウンドでの上場となります。(noteやINFORICHなど)

IPO的には非常に悩ましいです(笑)

公募割れの要素はいくつかありますが、そもそも価格が150円なので売られる程の設定価格ではない気が。
既存株主の多くが逃げていますが、売り出さずに残る株主もあり。
(みずほFinTech投資事業有限責任組合、SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合など)

評価額が1/9となる時価総額(価格)での上場。
ヤバい・・とみるか、買いチャンスとみるかで評価が分かれそうです。

価格が安い低位株は、いわゆるボロ株と呼ばれ、大化け期待で好んで買う投資家もいます。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

公募割れのリスクあり
  • eKYC市場で国内トップシェア
  • 大手企業への導入実績あり
  • 購入単価が低いIPOが好調抽選資金による実績
  • 市場からの吸収金額が7.8億円と小さい吸収金額による実績
  • 業績が微妙。経常損失も続く
  • 既存株主の多くが全株売出し
  • 前回の資金調達時よりも低い時価総額(価格)で株式を発行するダウンラウンド
  • 想定価格150円の衝撃
  • ボロ株は一部の投資家に人気あり

目論見書の想定仮条件は150円。初値予想は140円 ~ 210円としました。
予想利益は-1,000円~6,000円で、市況によっては公募割れのリスクがあるIPOになります。

ココまで価格を下げるのは潔し?
初値は想定価格より下がるよりも、上げるイメージの方が個人的には強いんですが、やはり気になるのは、各株主の全株売出しですよね・・。何かあるのかな・・。カブスルは当選したら長期保有しようかなと思っています(VC気分で)

大和証券が主幹事となっていますので、委託幹事としてCONNECTが後日 決まるかと思います。

委託幹事は目論見書に掲載されないので気づかれず、CONNECT自体の認知度もまだ低いので狙い目です!(カブスルは2回当選)

そのほかに落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券が幹事となっています。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。