IPOに大量当選している人がいるのは何故?

質問

一年間に何十回もIPOに当選している人がいます。
何故そんなに当たっているんですか?からくりはあるの?

回答

A.「お金持ち」の方かと思います。
また、店頭型証券会社とネット証券会社では 当選までの仕組みがやや違います。

IPO当選は「運だめし」と当サイトでは説明しておりますが、それはあくまでも私を含めた一般庶民の場合です。

- IPOが当選しやすい方 -

  • 証券会社に預けている資産が多い方(数億円以上~。多ければ多い程 有利)
  • 店頭型証券会社で 営業マンとの付き合いがある方(勧められた金融商品を買うなど)
  • 取引を活発に行い 取引手数料をかなり支払っている方

証券会社にとって「上位顧客」ほど IPOに当選(割当)がしやすくなります。

つまり、より資産の多い方、より営業マンとの付き合いがある方が優遇されます。

資産が豊富であればIPOに当選しやすい証券会社

資産が豊富であればIPOに当選しやすい証券会社です。

  1. 店頭型(営業マンがいる)証券会社
  2. 抽選に「口数比例方式」を採用している証券会社

1. 店頭型(営業マンがいる)証券会社

店頭型証券会社では、店頭分のIPOは抽選ではなく、営業マン(証券マン)の裁量によりIPOが割当(配布)されます。

営業マンは、付き合いが長い顧客(上位顧客)よりIPOを配りますので、「資産があり、よく営業マンから取引をしている方」に優先的にIPOが回ります。

上位顧客とは、預けている資産が多い方や、営業マンから勧められた金融商品(投資信託)などを積極的に買っている方です。

この仕組み自体は決して悪いわけではなく、証券会社側からすれば より自社に貢献してくれている顧客を優遇するのは当然かと思います。

Twitterで下記のようなツイートがありました。これがリアル(現実)です。

2. 抽選に「口数比例方式」を採用している証券会社

SBI証券」や「楽天証券」などのように、IPOの抽選方式に「口数比例抽選」を採用している証券会社では、IPOの申込み口数が多ければ多い程、当選しやすくなります。

(例)1口 10万円のIPOに応募する場合

  • Aさん・・・1口応募
  • Bさん・・・10口応募(当選確率はAさんの10倍)
  • Cさん・・・1,000口応募(当選確率はAさんの1,000倍、Bさんの100倍)

上記のように、IPOの抽選資金が豊富であれば豊富であるほど当選しやすくなります。
(宝くじを1枚買うより1,000枚買う人の方が当たりやすいイメージ)

SBI証券」で 年間に10回以上も当選している方は 預けている資産が庶民とは桁違いだと思います。

管理人は年に身内を含めて「SBI証券」で 1~2回当選すれば よい方。
年に10回以上も当選するという事は、単純計算で管理人の身内を含めた資産の5倍~10倍以上は その方に資産(抽選資金)があるという事です。

結論:お金持ちはIPOに当選しやすい

上記の理由から、お金持ちはIPOに当選しやすいです。
年間で10回以上もIPOに当選(割当)するのも何ら不思議ではありません。

私たち庶民は 「運試し」でコツコツと応募するしかありません。
私も地道に応募を続けIPOに44回当選を果たし、約470万円の利益を得ています。

宝クジよりは当たりやすい「運試し」だと思って IPOを続けていると そのうちラッキーが訪れるかと思います。

管理人は庶民でもIPOに当選しやすい「公平抽選」を採用している「マネックス証券」や「SMBC日興証券」での当選実績が多数です。

IPOはカンタンには当たりませんが、継続することで当選チャンスは訪れます!

- こばなし -

基本的には上記の説明通り、お金持ちの方が年間に何度もIPOに当選します。

が、中には「当選したと嘘」を言っている方もいるようです。
以前、IPOに何度も当選したと嘘を言って、投資資金を個人投資家から かき集めている詐欺師の手口をTV番組で見たことがあります。

私も数年前、IPOに当選したとブログで報告をしていたら「IPOの当選画像を売って」とメールが来たことがあります。私はスルーしましたが、中には売っている方もいらっしゃるかもしれませんね。