Delta-FlyPharma(4598):IPO上場情報と初値予想

Delta-FlyPharma

Delta-FlyPharmaは 医薬品等の研究開発、製造、販売を行っている企業です。

企業理念は、“「がん」だけを見ることなく、「がん患者」の全体を診ることにより、安心して身内のがん患者に勧められる治療法を提供すること”です。

「安心して身内のがん患者に勧められる治療法提供」を目的として、平成22年12月徳島県徳島市に設立されました。

いわゆる創薬ベンチャーですので、収入は提携製薬会社からの収入になります。

一般的に、研究開発の段階においては、「契約一時金」、「マイルストーン」及び「開発協力金」を受け取ります。
さらに、将来、提携対象の製品が上市に至った場合には、売上高に応じた「ロイヤリティ」の収入を受け取る予定です。

従業員数は平成30年7月末で11名、平均年齢は46.7歳、平均勤続年数は4.3年、平均年間給与は55.7万円です。


Delta-FlyPharmaの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

Delta-FlyPharmaの上場日

D
  • 業績:不安
  • 公開比率:やや低い
  • 公募多い
  • 調達金額:大きい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2018/10/12 (金) 証券コード 4598
市場 東証マザーズ 業種 医薬品
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
Delta-FlyPharma(4598)

Delta-FlyPharmaのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2018/9/25 (火) ~ 10/1 (月)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 4,570円~4,770円 (抽選資金:45.7万円 ~ 47.7万円)
当選口数 8,050口
公募株数 700,000株 売出株数 0株
吸収金額 38.3億円 O.A分 105,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

Delta-FlyPharmaの公募価格と初値

仮条件 4,570円~4,770円
公募価格 4,770円 初値 4,385円
騰落率 -8.07%  倍率  0.92倍
初値売りでの損益 -38,500円(4,385円 - 4,770円)× 100株

参考までに

マザーズ市場において「市場からの吸収金額が大きい」IPOは 公募割れのリスクが高いです。
また、IPO市況自体に元気がありませんので、ブックビルディング参加は慎重にご判断を。

SBI証券」は、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。
公募割れのリスクもありますので、「IPOチャレンジポイント」狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

Delta-FlyPharmaの初値予想と予想利益

Delta-FlyPharmaの初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 4,570円 ~ 4,770円 ※抽選資金:45.7万円 ~ 47.7万円
初値の想定価格 4,670円 ~ 4,870円
想定条件での予想利益 0円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 4,570円 ~ 4,670円 ※抽選資金:45.7万円 ~ 46.7万円
初値の想定価格 4,670円 ~ 4,870円
想定条件での予想利益 0円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選で必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

Delta-FlyPharmaの主幹事と引受幹事

Delta-FlyPharmaのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
おすすめ のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

SBI証券」は、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。
公募割れのリスクもありますので「IPOチャレンジポイント」狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

Delta-FlyPharmaの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年3月 2017年3月 2018年3月
売上高 145,177 902,046 150,000
経常利益 -595,588 323,286 -244,505
当期利益 -597,542 305,106 -246,268
純資産 463,656 768,762 822,493
配当金
EPS -92,771.76 88.31 -71.20
BPS 67,099.28 222.51 228.15
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

Delta-FlyPharmaと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:医薬品」のIPO結果です。

  • 2017/03/24 ソレイジア・ファーマ
    初値売りによる損益:4,900円
    (騰落率:26.49%、倍率:1.26倍)
  • 2015/10/22 グリーンペプタイド
    初値売りによる損益:-3,600円
    (騰落率:-8%、倍率:0.92倍)
  • 2015/06/16 ヘリオス
    初値売りによる損益:27,000円
    (騰落率:22.50%、倍率:1.23倍)
  • 2015/04/08 サンバイオ
    初値売りによる損益:-29,000円
    (騰落率:-14.50%、倍率:0.86倍)
  • 2014/09/25 リボミック
    初値売りによる損益:-47,000円
    (騰落率:-20.43%、倍率:0.80倍)

IPOのポイント

Delta-FlyPharmaのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

バイオ関連の事業は社会的意義は高い業種ですが、IPOでは現在 人気がありません。

さらに今回は株価が高い値嵩株になり、抽選資金に46万円くらい必要になりそうです。

また、市場からの調達金額も大きく、IPO市況も悪化している為、公募割れのリスクは高くなっています。

参考までに

大手予想では「C(やや公募割れのリスクがある)」でしたが、当サイトではもう一段低い「D(公募割れのリスクが高い)とさせて頂きました。

評価を一つ低くしたポイントとしては、IPO市況がやや弱い事と、創薬ベンチャーならではの赤字がIPOでは人気がない為です。

SBI証券」は、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが付与されます。
公募割れのリスクもありますので、IPOチャレンジポイントだけ狙うのも有効な手です。

また、当サイト限定の「お得なタイアップキャンペーン」を行っており、口座開設で現金 2,000円をもらえます。
口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに66回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

Delta-FlyPharmaのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。