EduLab(4427):IPO上場情報

EduLab

EduLabは、教育測定技術とAIを活用した次世代教育向け「e-Testing/e-Learning事業」および「テスト運営・受託事業」を行っている企業です。

教育分野における能力測定技術(テスティング)の研究開発及びその成果であるテスト法の実践を通じて、英検協会等の公的試験実施団体、文部科学省、各地方公共団体等の公的機関、一般企業、教育関連企業、学校法人などを顧客とし、英語その他の能力検査の試験開発、実施、分析、教育サービスの提供などを行っています。

国内のみならずアジアを中心とした海外市場にも事業エリアを広げて、ビジネスを展開しています。

  • e-Testing/e-Learning事業売上高の68.7%
    英検協会を主な顧客として、大学等教育機関や民間企業・個人向けに教育サービスを提供しています。主たるサービスは、英検協会と株式会社教育デジタルソリューションズと提供する「英ナビ・スタディギア」、英検協会から実施・運営を委託されている「英検Jr.」、英検協会及び上智大学と共同で開発し英検協会と共同で運用している「TEAP CBT」、企業・学校向けに販売する英語能力判定テストの「CASEC」などです。
  • テスト運営・受託事業売上高の31.3%
    テストの問題作成・システム構築・管理・運営・採点等に関する受託事業です。
    テスト問題の作成から印刷、配送、採点、集計、分析、システム構築等、テストの実施・運営に必要なすべての機能またはその一部を提供しています。
    発注主体は、学力調査事業を実施する国、地方公共団体、英検協会等の公的機関や大学等教育機関です。

売上高の集計期間は平成28年10月1日~平成29年9月30日。

グループは同社と連結子会社5社ならびに非連結子会社7社で構成。

設立は平成27年3月です。
従業員数は平成30年10月末で32名、平均年齢は41.9歳、平均勤続年数は3.8年、平均年間給与は855.4万円です。


EduLabの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

EduLabの上場日

C
  • 業績:好調
  • オファリングレシオ:やや低い
  • 公募多い
  • 調達金額:大きい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2018/12/21 (金) 証券コード 4427
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
EduLab(4427)

EduLabのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2018/12/6 (木) ~ 12/12 (水)

仮条件 2,800円~3,200円 (抽選資金:28万円 ~ 32万円)
当選口数 16,561口
発行済株式数 8,474,600株 オファリングレシオ 19.5%
公募株数 932,000株 売出株数 508,100株
吸収金額 52.9億円 O.A分 216,000株
仮条件決定日 12/5 (水) 公募価格決定日 12/13 (木)
購入期間 12/14 (金) ~ 12/19 (水)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

EduLabの公募価格と初値

仮条件 2,800円~3,200円
公募価格 3,200円 初値 3,270円
騰落率 2.19%  倍率  1.02倍
初値売り損益 7,000円(3,270円 - 3,200円)× 100株

EduLabの初値予想と予想利益

EduLabの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

2,800円 ~ 3,200円 ※抽選資金:28万円 ~ 32万円
上限は14.3%上ブレ↑

初値予想 3,150円 ~ 3,300円※12/5 修正
予想利益 -5,000円~1万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,800円あたり ※抽選資金:28万円あたり
初値予想 2,700円 ~ 2,900円
予想利益 -1万円~1万円

EduLabの主幹事と幹事証券

EduLabのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


EduLabの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年9月 2016年9月 2015年9月
売上高 1,000,798 690,707 50,000
経常利益 78,209 29,336 4,159
当期利益 52,459 17,013 2,640
純資産 1,391,473 889,189 872,176
配当金
EPS 7.69 2.54 80.39
BPS 194.89 132.51 25,993.99
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年9月 2016年9月
売上高 3,449,512 5,154,244
経常利益 532,094 262,123
当期利益 335,947 72,694
純資産 1,492,092 702,277
EPS 49.23 10.83
BPS 208.98 104.65
※EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

EduLabと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2018/12/20 Amazia
    初値売りによる損益:43,600円
    (騰落率:33.03%、倍率:1.33倍)
  • 2018/12/19 Kudan
    初値売りによる損益:1,028,000円
    (騰落率:276.34%、倍率:3.76倍)
  • 2018/10/30 VALUENEX
    初値売りによる損益:246,000円
    (騰落率:133.70%、倍率:2.34倍)
  • 2018/10/12 イーソル
    初値売りによる損益:232,000円
    (騰落率:138.10%、倍率:2.38倍)
  • 2018/08/22 チームスピリット
    初値売りによる損益:121,700円
    (騰落率:101.42%、倍率:2.01倍)

IPOのポイント

EduLabのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクもある「C」に設定しました。

  • 市場からの調達金額が46億円と非常に大きいこと。
  • 12月のIPOラッシュによる投資家の資金枯渇。

目論見書の想定仮条件は2,800円。初値予想は2,700円 ~ 2,900円としました。
予想は公募価格からプラスマイナス100円で、公募割れのリスクもあるIPOになります。

参考までに12月はIPOが多いので、管理人はこちらのブックビルディングに参加しません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。