Amazia(4424):IPO上場情報

Amazia

Amaziaは、フリーミアム型マンガアプリ「マンガBANG!」などのサービス提供を行っている企業です。

フリーミアムとは、基本的なサービスや製品は無料で提供し、さらに高度な機能や特別な機能については料金を課金する仕組みのビジネスモデルのことです。

マンガ雑誌が売れなくなり廃刊となることで、縮小していたマンガ家のデビューの場を増やすために、平成29年12月にマンガ投稿サービス「マンガEpic!」のサービス提供を開始しました。

ユーザーは、無料で当サービス内のインディーズ作品を読むことができ、その中で人気を博したマンガ家は、出版、電子書籍販売(「マンガBANG!」含む)などでデビューできる仕組みです。

マンガ家にデビューの場を提供するとともに、ユーザーに優良なオリジナルコンテンツを提供することを重視しています。

設立は平成21年10月です。
従業員数は平成30年10月末で12名、平均年齢は31.2歳、平均勤続年数は1.3年、平均年間給与は510万円です。


Amaziaの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

Amaziaの上場日

C
  • 業績:不安
  • オファリングレシオ:低い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2018/12/20 (木) 証券コード 4424
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
Amazia(4424)
時価総額 5,721百万円(初値で計算)

Amaziaのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2018/12/5 (水) ~ 12/11 (火)

仮条件 1,270円~1,320円 (抽選資金:12.7万円 ~ 13.2万円)
当選口数 3,398口
発行済株式数 3,258,000株 オファリングレシオ 10.4%
公募株数 240,000株 売出株数 55,500株
吸収金額 4.4億円 O.A分 44,300株
仮条件決定日 12/4 (火) 公募価格決定日 12/12 (水)
購入期間 12/13 (木) ~ 12/18 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

Amaziaの公募価格と初値

仮条件 1,270円~1,320円
公募価格 1,320円 初値 1,756円
騰落率 33.03%  倍率  1.33倍
初値売り損益 43,600円(1,756円 - 1,320円)× 100株

Amaziaの初値予想と予想利益

Amaziaの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

1,270円 ~ 1,320円 ※抽選資金:12.7万円 ~ 13.2万円
上限は3.9%上ブレ↑

初値予想 1,200円 ~ 1,370円※12/9 修正
(0.9倍~1.0倍)
予想利益 -1.2万円~5,000円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,270円あたり ※抽選資金:12.7万円あたり
初値予想 1,370円 ~ 1,500円 (1.1倍~1.2倍)
予想利益 1万円~2.3万円

Amaziaの主幹事と幹事証券

AmaziaのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


Amaziaの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年9月 2016年9月 2015年9月
売上高 1,171,086 389,321 152,545
経常利益 -27,321 -18,733 -72,264
当期利益 -29,254 -19,711 -72,555
純資産 196,931 88,185 107,897
配当金
EPS -10.01 -7.08 -59,697.97
BPS 66.35 31.68 77,512.60
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

Amaziaと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2018/12/19 Kudan
    初値売りによる損益:1,028,000円
    (騰落率:276.34%、倍率:3.76倍)
  • 2018/10/30 VALUENEX
    初値売りによる損益:246,000円
    (騰落率:133.70%、倍率:2.34倍)
  • 2018/10/12 イーソル
    初値売りによる損益:232,000円
    (騰落率:138.10%、倍率:2.38倍)
  • 2018/08/22 チームスピリット
    初値売りによる損益:121,700円
    (騰落率:101.42%、倍率:2.01倍)
  • 2018/08/02 システムサポート
    初値売りによる損益:225,000円
    (騰落率:128.57%、倍率:2.29倍)

IPOのポイント

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクもある「C」に設定しました。

  • 業績が微妙。
  • 同業他社が多い。
  • 直近にAI関連事業で人気IPOの「Kudan」や「テクノスデータサイエンス・エンジニアリング」が上場。また、「ソフトバンク」の上場も前日にあります。

12.8追記。マンガBANG!が漫画家から了承していないと抗議を受け、一部サービスを中止していたと報道がありました。
これをうけて、初値予想を1,200円 ~ 1,370円に引き下げました。

予想は公募付近で、公募割れのリスクもあるIPOになります。

目論見書の想定仮条件は1,270円。初値予想は1,370円 ~ 1,500円としました。

個人的な感想ですが上場日が悪かったと思います。(人気IPO後で資金が枯渇しそう)

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

12月のIPOラッシュによりご質問やご意見が増えております。
こちらのページによくある質問やご意見をまとめていますので、チェックをお願いします。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。