ロジザード(4391):IPO上場情報と初値予想

ロジザード

ロジザードは 倉庫や配送センターで商品の保管・入出荷業務を支援する在庫管理機能及び倉庫から出荷された店舗商品の在庫管理機能をクラウドサービスで提供している企業です。

また、入出荷や在庫管理の作業効率を上げるハンディターミナルやバーコード関連機器のレンタル及び販売も行っています。

ハンディターミナルとは、主に業務用で使用する、片手で持てるハンディサイズのデータ収集端末装置の総称で、バーコードなどの自動認識技術を用い、人の作業を効率的に代替することができる機器です。

  • クラウドサービス売上高の約70%
    1. 倉庫在庫管理システム(「ロジザード ZERO」「ロジザード PLUS」)
      倉庫在庫管理システムは、倉庫内に保管されている商品(在庫)の数を正確に把握するとともに、倉庫内業務の効率化を実現するためのシステムです。
      入荷から出荷、返品、庫内での棚移動を含めすべての在庫の動きを、バーコードとそれを読み取るハンディターミナルにより物理的に管理する事で、「入出荷処理」「棚卸」「ロケーション管理」などを行うことができるようになります。
      システム導入により、「正確な在庫管理」「誤出荷の防止」「倉庫内業務の効率化(標準化)」を実現することが可能になります。
      対象顧客はEC通販を行っているメーカー、流通業、3PL企業。
    2. 店舗在庫管理システム「POSぴたRBM
      店舗における在庫管理に主眼を置き、複数の店舗に点在する在庫や売上データを本部にて一元管理することができるシステムです。
      専用機器ではなくスマートフォンやタブレットなど既製品のモバイル端末を活用することで機器導入コストを下げ、さらにインターネット経由で利用するクラウドサービスのため、気軽に利用できるというメリットがあります。
    3. オムニチャネル支援システム「ロジザード OCE
      ロジザード ZERO」や「POSぴたRBM」を連動させることで共有された在庫情報を活用し、「商品を欲しいお客様」に「希望に合った方法」で商品をお届けするための最適な答えを導き出すための在庫マッチングエンジンです。
  • 開発・導入サービス売上高の約23.8%
    クラウドサービスの顧客に対して、ニーズに合わせた画面、帳票、インターフェイスなどの機能カスタマイズの開発サービス及びクラウドサービスの利用開始時の各種設定作業や作業者への教育サービスを提供。
  • 機器販売サービス売上高の約5.9%
    クラウドサービスに付随し、倉庫などで利用されるプリンターやアクセスポイント等の機器及びプリンターラベル等のサプライ品を販売。

同社のサービスは、クラウドサービスとして提供されているため、インターネットを経由して、サービスのすべての情報がリアルタイムで処理・共有されるのが特徴です。

在庫情報をリアルタイムに正確に把握できますので、販売店における売り逃しや在庫切れの機会ロスを減らすことが出来ます。

ロジザード ZERO」は、倉庫管理システム パッケージシェア3年連続No.1!となっています。

ハンディターミナルを使ったクラウドサービスで物流倉庫のリアルタイム在庫管理を実現、365日サポートです。英語・中国語にも対応し、タイ・ベトナム・フィリピン・中国で導入実績ある倉庫管理システムです。

グループは同社と100%子会社である龍騎士供応鏈科技(上海)有限公司(中国現地法人)で構成。

設立は平成13年7月です。
従業員数は平成30年4月末で69名、平均年齢は39.9歳、平均勤続年数は5.5年、平均年間給与は661.3万円です。


ロジザードの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

ロジザードの上場日

S
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 調達金額:小さい

上場日 2018/7/4 (水) 証券コード 4391
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ロジザード(4391)

ロジザードのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2018/6/18 (月) ~ 6/22 (金)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 800円~900円 (抽選資金:8万円 ~ 9万円)
当選口数 9,545口
公募株数 400,000株 売出株数 430,000株
吸収金額 8.5億円 O.A分 124,500株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ロジザードの公募価格と初値

仮条件 800円~900円
公募価格 900円 初値 2,500円
騰落率 177.78%  倍率  2.78倍
初値売りでの損益 160,000円(2,500円 - 900円)× 100株

ロジザードの初値予想と予想利益

ロジザードの初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 800円 ~ 900円 ※抽選資金:8万円 ~ 9万円
初値の想定価格 1,800円 ~ 2,100円※6/18 修正
想定条件での予想利益 90,000円~120,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 750円 ~ 790円 ※抽選資金:7.5万円 ~ 7.9万円
初値の想定価格 1,600円 ~ 1,800円
想定条件での予想利益 81,000円~101,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選で必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ロジザードの主幹事と引受幹事

ロジザードのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
おすすめ のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事は「野村證券」になりました。
IPOの割当数(当選口数)も主幹事が一番多いです。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。

他にも、1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」や、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。運だめしで必ず参加したいところです。

現在、現金3,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

ロジザードの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年6月 2016年6月 2017年6月
売上高 852,675 1,010,035 1,069,188
経常利益 68,739 77,589 97,744
当期利益 50,105 50,173 66,582
純資産 228,739 286,787 353,369
配当金
EPS 11,026.71 19.98 25.73
BPS 46,209.94 110.83 136.56
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年6月 2017年6月
売上高 1,010,035 1,073,681
経常利益 74,042 87,875
当期利益 46,626 56,713
純資産 282,422 339,690
EPS 18.57 21.91
BPS 109.14 131.28
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

ロジザードと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2018/06/27 プロパティデータバンク
    初値売りによる損益:232,000円
    (騰落率:130.34%、倍率:2.30倍)
  • 2018/06/27 エーアイ
    初値売りによる損益:250,000円
    (騰落率:250%、倍率:3.50倍)
  • 2018/06/27 IPS
    初値売りによる損益:277,000円
    (騰落率:71.03%、倍率:1.71倍)
  • 2018/06/21 ZUU
    初値売りによる損益:395,000円
    (騰落率:246.88%、倍率:3.47倍)
  • 2018/06/19 メルカリ
    初値売りによる損益:200,000円
    (騰落率:66.67%、倍率:1.67倍)

IPOのポイント

ロジザードのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

専門性が高いサービスであり、クラウドサービスを活用している事業はIPOの中でも特に人気があります。

売上高・経常利益 共に右肩上がりで、市場からの調達金額が 7.3億円程度人気化しやすい小型案件である事から 初値にも大きな期待が出来そうです。

参考までに

2018.6.18 追記。想定の初値予想は「1,800円 ~ 2,100円」に修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると12万円の利益になりそうです。

2018.6.4 追記。評価は 最も高い「S」となりました。

想定の仮条件は「750円 ~ 790円」。想定の初値予想は「1,600円 ~ 1,800円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると10万円の利益になりそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

ワンポイント

主幹事証券は大手の野村證券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの割当数も主幹事が一番多いです。(当選口数が一番多い

また、「野村證券」ではIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すれば良いという庶民にとって嬉しいシステムを採用している証券会社なので気軽に参加も可能です!

気軽に運試し出来ますので 参加しておきたい証券会社です。

他にも、1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」や、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に運だめしで参加しましょう~。

現在、現金3,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに66回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

ロジザードのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。