Kaizen Platform(4170):IPO上場情報

Kaizen Platform

Kaizen Platformは、KPIを改善するUXソリューションと、5G時代の動画制作プラットフォームを提供する動画ソリューションを主なサービスとしている企業です。

クライアントのWebサイトを改善することで、CVRを向上させ、クライアントのWebビジネスの成長を支援。

KPIとは各社で定めている重要経営指標のことです。
KPIの推移を見ることで、目標に対して事業が上手くいってるかどうかの判断材料に。

CVRとは会員登録や商品購入などの成約率。

サービス内容

2020年5月にリリースした「KAIZEN Sales」は、ブラックボックス化しがちな商談に対して、営業資料を動画化するとともに、営業活動をデータ化・可視化して一括管理し、対面/非対面問わず効率的な営業活動を可能にするクラウド型の営業向けCMSで、コロナ禍の営業・商談に需要が高そうなコンテンツ管理システムです。

グループは同社と連結子会社1社で構成。
従業員数は2020年10月末で59名、平均年齢は36.8歳、平均勤続年数は1.9年、平均年間給与は829.7万円。


Kaizen Platformの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

Kaizen Platformの上場日

B
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:高い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2020/12/22 (火) 証券コード 4170
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
Kaizen Platform(4170)
時価総額
17,738百万円(公募価格で計算)
18,046百万円(初値で計算)

Kaizen Platformのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/12/7 (月) ~ 12/11 (金)

仮条件 1,100円~1,150円 (抽選資金:11万円 ~ 11.5万円)
当選口数 57,606口
発行済株式数 15,424,473株 オファリングレシオ 37.3%
公募株数 1,550,000株 売出株数 3,459,300株
吸収金額 66.2億円 O.A分 751,300株
仮条件決定日 12/3 (木) 公募価格決定日 12/14 (月)
購入期間 12/15 (火) ~ 12/18 (金)
備考

【12.14追記】売出は、国内売出し1,415,700株、海外売出し2,043,600株。

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

Kaizen Platformの公募価格と初値

仮条件 1,100円~1,150円
公募価格 1,150円 初値 1,170円
騰落率 1.74%  倍率  1.02倍
初値売り損益 2,000円(1,170円 - 1,150円)× 100株

Kaizen Platformの初値予想と予想利益

Kaizen Platformの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

1,100円 ~ 1,150円 ※抽選資金:11万円 ~ 11.5万円
上限は4.5%上ブレ↑

初値予想 1,320円 ~ 1,550円※12/3 修正
(1.1倍~1.3倍)
予想利益 1.7万円~4万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,100円あたり ※抽選資金:11万円あたり
初値予想 1,210円 ~ 1,430円 (1.1倍~1.3倍)
予想利益 1.1万円~3.3万円
送信中...

初値予想アンケート

Kaizen Platform(4170)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,100円)を基準価格としています。

有効回答:317   投票期限:2020/12/21 (月) 23:59まで
3倍以上(3,300円以上)
125票  39%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(2,750円以上~3,300円未満)
10票  3%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,200円以上~2,750円未満)
26票  8%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(1,650円以上~2,200円未満)
88票  28%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,320円以上~1,650円未満)
38票  12%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,100円以上~1,320円未満)
16票  5%
投票済み

公募割れ(1,100円未満)
14票  4%
投票済み

Kaizen Platformの主幹事と幹事証券

Kaizen PlatformのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事はIT系(ネットサービス系)の主幹事を務める事が多いSBI証券です。

抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されます。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SBI証券
69.57% 4,007,500株 28,052口
クレディ・スイス証券 21.74% 1,252,300株 0口
大和証券 3.48% 200,400株 501口
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 2.61% 150,300株 150口
みずほ証券 0.87% 50,100株 50口
岩井コスモ証券 0.43% 25,000株 25口
岡三証券 0.43% 25,000株 25口
エイチ・エス証券 0.43% 25,000株 25口
極東証券 0.43% 25,000株 0口

委託幹事である岡三オンライン証券SBIネオトレード証券ネオモバauカブコム証券CONNECTは、委託数が公表されていません。

海外売出し2,043,600株が含まれているので、実際のネット抽選分は数値より低いです。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券


Kaizen Platformの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年12月 2018年12月 2017年12月
売上高 1,299,370 943,434 454,769
経常利益 -234,543 -498,123 -113,256
当期利益 -249,061 -513,990 -188,522
純資産 436,739 -154,505 359,476
配当金
EPS -40.99 -84.59 -46.03
BPS -153.65 -112.66 -28.06
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年12月 2018年12月
売上高 1,354,946 988,239
経常利益 -150,475 -454,667
当期利益 -162,646 -459,394
純資産 1,152,224 491,246
EPS -26.77 -75.61
BPS -388.82 -359.77
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

Kaizen Platformの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数(比率) 売出数 ロックアップ
須藤 憲司 代表取締役社長 4,600,000株
28.95%
225,000株 180日間
Japan Ventures Ⅰ L.P. VC 2,554,551株
16.08%
2,043,700株 90日間 / 1.5倍
AT-I投資事業有限責任組合 VC 1,303,064株
8.20%
533,000株 90日間 / 1.5倍
石橋 利真 従業員 1,125,000株
7.08%
56,300株 180日間
(株)エヌ・ティ・ティ・アド 1,011,686株
6.37%
- 180日間
FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合(SBIインベストメント) VC 636,942株
4.01%
- 90日間 / 1.5倍
YJ2号投資事業組合 VC 529,608株
3.33%
264,900株 90日間 / 1.5倍
(株)コロプラ 423,451株
2.67%
211,800株 90日間 / 1.5倍
大日本印刷(株) 400,000株
2.52%
-
渡部 拓也 取締役 360,000株
2.27%
-
公募価格は1,150円。ロックアップ解除となる株価(1.5倍)は、1,725円です。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

Kaizen Platformと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2020/12/18 ココペリ
    初値売りによる損益:201,000円
    (騰落率:125.63%、倍率:2.26倍)
  • 2020/12/17 かっこ
    初値売りによる損益:587,000円
    (騰落率:290.59%、倍率:3.91倍)
  • 2020/12/17 プレイド
    初値売りによる損益:159,000円
    (騰落率:99.38%、倍率:1.99倍)
  • 2020/12/17 ビートレンド
    初値売りによる損益:721,000円
    (騰落率:257.50%、倍率:3.58倍)
  • 2020/12/15 スタメン
    初値売りによる損益:117,100円
    (騰落率:133.07%、倍率:2.33倍)

IPOのポイント

Webサイトのサービスを使いやすく分かりやすくするUX改善と、動画制作プラットフォーム、さらにDX推進という事業内容は、現在の時代にマッチした事業内容です。

直近IPOだと、2020年6月に上場したグッドパッチと事業内容が似ているかなぁと思います。
公募価格 690円、初値 2,757円、11/27の終値 2,731円。

大企業を中心に顧客基盤を拡大中。

ユーザー数は右肩上がり

まだ第4期ですが、第3四半期(2020年7月~9月)で経常利益が黒字化しています。今期はいまのところ累計でも黒字。

Kaizen Platformの四半期毎の業績

国内で蓄積したデータ・ノウハウを活用して、戦略的に海外展開を図っていくようです。

ちなみに、同社は顧客のKPI改善事業を行っていますが、同社の各KPIの推移はこちらです。(KPIとは重要経営指標)

Kaizen PlatformのKPI

目標値が書かれていないので、達成状況がなんとも言えませんが、数値は伸びています。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 時代にマッチした事業内容で将来性高い。
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待。
  • 市場からの吸収金額が63.3億円と大きい。吸収金額による実績
  • オファリングレシオが37.3%とやや高い。
  • 売出比率が69%と高い。
  • 同日に3社が上場。3社ともに将来性高い大型のベンチャー企業で投資資金の分散懸念。3社の中では一番弱いかも。
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多いが、ロックアップはきっちり。
  • 売上高は堅調に推移。

12.3追記。仮条件は1,100円 ~ 1,150円に決定。(想定価格1,100円より4.5%上ブレ↑
初値予想を1,320円 ~ 1,550円に修正。予想利益は1.7万円~4万円です。

初値予想は上方修正しましたが、市況が悪ければ公募割れのリスクもあるIPOになります。

目論見書の想定仮条件は1,100円。初値予想は1,210円 ~ 1,430円としました。
予想利益は1.1万円~3.3万円で、市況によっては公募割れのリスクがあるIPOになります。

12月IPOは大型のベンチャーIPOが多いですよね~。
その中では相対的に弱い(資金が集まらない)かもしれません。

とはいえ、カブスルは幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事証券は、IPOで人気のIT系の主幹事を務める機会が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選数も多くなります。
また、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントがもらえます。

カブスルは16回 IPOに当選しています。

追加の委託幹事として岡三オンライン証券ライブスター証券が決まりました。
抽選時に資金が必要ない証券会社です。

さらに追加の委託幹事としてauカブコム証券が決まりました。
委託幹事は気づかれないことも多いので可能なら参加しておきたいです。

1株からIPOに参加できるネオモバからも申込が可能になりました。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • ライブスター証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+取引で現金2,000円がもらえる。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

  • SBIネオトレード証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+取引で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。
  • 岡三オンライン証券(姉妹サイトのみ)
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。