IPO「SKIYAKI(スキヤキ)」(3995)

SKIYAKI(スキヤキ)

SKIYAKI(スキヤキ)」は「世界中のアーティスト・クリエイターを支援する」ことをビジョンにアーティスト、クリエイターのモバイル公式ファンサイトとファンクラブ公式サイトの制作、運営および公式グッズECサイトなどを行っている企業です。

創造的な活動を行う人やコンテンツには「ファン」の存在が不可欠であり、これらのファンのためのサービスをテクノロジーによって実現し、新しいマーケットを創造する取り組みを行っています。

同社では「Fan(ファン)」×「Techology(テクノロジー)」 = 「Fantech(ファンテック)」と定義されています。仮想通貨で注目を集めている「ブロックチェーン技術」にも取組んでいます。※蛇足ですが、金融「Finance(ファイナンス)」と「Techology」の融合である「Fintech(フィンテック)」をモジっているかと思われます。

グループ事業ではファンのためのワンストップ・ソリューションプラットフォーム「SKIYAKI EXTRA」を中核とし、独自認証電子チケットサービス「SKIYAKI TICKET」、オンデマンドグッズサービス「SKIYAKI GOODS」、映画・映像制作、旅行・ツアー事業、コンサート・イベント制作事業を展開しています。

連結子会社1社と関連会社一社でグループが構成されています。
また、親会社は「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)の企業グループになります。

「SKIYAKI(スキヤキ)」と聞くと、飛行機事故で亡くなった坂本九さんの「上を向いて歩こう」の英語タイトル「SKIYAKI」を思い出しますが、同社社名の由来はまさしく こちらからとっているそうです。

設立は平成15年8月です。
従業員数は平成29年8月末で49名、平均年齢は30.1歳、平均勤続年数は3年、平均年間給与は約460万円です。


IPO「SKIYAKI(スキヤキ)」の上場日

S
  • IPO人気:あり

上場日 2017/10/26 (木) 証券コード 3995
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
SKIYAKI(スキヤキ)(3995)

IPO「SKIYAKI(スキヤキ)」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2017/10/10 (火) ~ 2017/10/16 (月)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 3,200円~3,400円 (抽選資金:32万円 ~ 34万円)
当選口数 4,326口
公募株数 160,000株 売出株数 272,600株
吸収金額 16.9億円 O.A分 64,800株
仮条件決定日 2017/10/5 (木) 公募価格決定日 2017/10/17 (火)
募集期間 2017/10/19 (木) ~ 2017/10/24 (火)

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「SKIYAKI(スキヤキ)」の公募価格と初値

公募価格 3,400円 初値 (想定の初値)6,400円 ~ 7,000円※10/10 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 (想定の初値売りによる利益)360,000円※10/10 修正

SKIYAKI(スキヤキ)の「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「SKIYAKI(スキヤキ)」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

仮条件「決定後」の想定価格

仮条件 3,200円 ~ 3,400円 ※抽選資金:32万円 ~ 34万円
初値の想定価格 6,400円 ~ 7,000円※10/10 修正
想定条件での初値売り損益 360,000円(7,000円 - 3,400円)× 100株

仮条件「決定前」の想定価格

仮条件の想定価格 3,400円 ~ 3,600円 ※抽選資金:34万円 ~ 36万円
初値の想定価格 6,000円 ~ 6,500円 ※10/5 修正
想定条件での初値売り損益 290,000円(6,500円 - 3,600円)× 100株

IPO「SKIYAKI(スキヤキ)」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に運だめしで参加しましょう~。

IPO「SKIYAKI(スキヤキ)」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年1月 2016年1月 2017年1月
売上高 810,590 1,129,642 1,710,510
経常利益 -18,850 -109,376 144,441
当期利益 -19,380 -151,417 115,461
純資産 296,900 145,483 260,944
配当金
EPS -211.23 -82.52 62.92
BPS 3,235.97 79.28 142.20
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「SKIYAKI(スキヤキ)」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信」のIPO結果です。

  • 2017/09/29 上場マネーフォワード… 初値売りによる損益:145,000円(騰落率:93.55%、倍率:1.94倍)
  • 2017/09/22 上場PKSHA Technology… 初値売りによる損益:308,000円(騰落率:128.33%、倍率:2.28倍)
  • 2017/09/14 上場ウォンテッドリー… 初値売りによる損益:401,000円(騰落率:401%、倍率:5.01倍)
  • 2017/08/30 上場UUUM… 初値売りによる損益:465,000円(騰落率:226.83%、倍率:3.27倍)
  • 2017/08/03 上場シェアリングテクノロジー… 初値売りによる損益:139,000円(騰落率:86.88%、倍率:1.87倍)

管理人のコメントby SKIYAKI(スキヤキ)

上場前

社名でまずは注目を集めそうな企業です。
事業領域としてるFantechも絶妙なネーミングです。私も初見はFintechと間違えそうになりました。

同社の強みは主に3点。

  • プラットフォームの開発力とノウハウ
    SKIYAKIで提供するプラットフォームは、高い専門性を有した人材の確保に努めながら、企画・開発・サイト運営 及び サポートに至るすべてのプロセスをSKIYAKIで一貫して行う体制を整え、ノウハウを蓄積しています。
    また、単一のプラットフォーム上で各種サービスを展開しているため、各サイトの運用から得られる改善点を迅速にシステムに反映することで、サービス全体のクオリティを高めていくことが可能となっています。
  • サイト制作スピードと運用体制
    効率化されたプラットフォーム 及び 業務フローにより、非常に短期間で多数のFCサービス、ECサービスのリリースが可能となっており、年間120以上のサイのリリース実績があります。
    また、サイトの運用は、専門知識を備えたIT業界、音楽・エンターテインメント業界の経験者が担当しています。
  • 戦略的パートナーシップ
    SKIYAKIは、「TUTAYA」でおなじみの カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)と、平成26年2月に資本・業務提携を行っています。
    また、大手プロダクションである株式会社アミューズ、株式会社ビーイングと資本・業務提携を行っており、各社の所属アーティストや保有コンテンツに関するサービスを「SKIYAKI EXTRA」を通じて提供しています。

2017.10.10 追記。
市場注目度は「S」に、初値予想は「6,400円 ~ 7,000円」へ上方修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると36万円の利益になりそうです。

2017.10.5 追記。
初値予想は「6,000円 ~ 6,500円」へ上方修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると29万円の利益になりそうです。

2017.9.24 追記。市場注目度は 高い「A」となりました。

想定の仮条件は「3,400円 ~ 3,600円」。想定の初値予想は「5,500円 ~ 6,000円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると24万円の利益になりそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

追加の委託幹事として岡三オンライン証券が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に運だめしで参加しましょう~。

現金5,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

IPO「SKIYAKI(スキヤキ)」に関するつぶやき