Recovery International(9214):IPO上場情報と初値予想

Recovery International

Recovery Internationalは、在宅療養生活を支える看護師等による訪問看護サービス事業を行っている企業です。

事業の内容

同社の特徴は、IT化による経営の効率化。

※詳細は企業紹介IPOのポイントにて。


Recovery Internationalの上場日

C
  • 業績:好調
  • オファリングレシオ:高い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい
  • 割安感:割高
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2022/2/3 (木) 証券コード 9214
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス Recovery International(9214)
時価総額
4,241百万円(仮条件の上限で計算)

Recovery Internationalのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2022/1/18 (火) ~ 1/24 (月)

仮条件 2,480円~3,060円 (抽選資金:24.8万円 ~ 30.6万円)
当選口数 6,296口
発行済株式数 1,386,000株 オファリングレシオ 45.4%
公募株数 70,000株 売出株数 477,500株
吸収金額 15.6億円~19.2億円 O.A分 82,100株
仮条件決定日 1/14 (金) 公開価格決定日 1/25 (火)
購入期間 1/26 (水) ~ 1/31 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

Recovery Internationalの公開価格と初値

仮条件 2,480円~3,060円
公開価格 1/25 (火)に決定 初値 (初値予想)2,850円 ~ 3,150円※1/14 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)-21,000円~9,000円※1/14 修正

Recovery Internationalの初値予想と予想利益

Recovery Internationalの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 2,480円 ~ 3,060円 ※抽選資金:24.8万円 ~ 30.6万円
初値予想 2,850円 ~ 3,150円※1/14 修正
(0.9倍~1.0倍)
予想利益 -2.1万円~9,000円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 3,060円あたり ※抽選資金:30.6万円あたり
初値予想 3,000円 ~ 3,200円 (1.0倍~1.0倍)
予想利益 -6,000円~1.4万円
送信中...

初値予想アンケート

Recovery International(9214)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(3,060円)を基準価格としています。

有効回答:119   投票期限:2022/2/2 (水) 23:59まで
3倍以上(9,180円以上)
6票  5%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(7,650円以上~9,180円未満)
3票  3%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(6,120円以上~7,650円未満)
6票  5%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(4,590円以上~6,120円未満)
8票  7%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(3,672円以上~4,590円未満)
10票  8%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(3,060円以上~3,672円未満)
32票  27%
投票済み

公募割れ(3,060円未満)
54票  45%
投票済み

Recovery Internationalの主幹事と幹事証券

Recovery InternationalのIPOを取り扱っている証券会社です。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


Recovery Internationalの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年12月 2019年12月 2018年12月
売上高 766,637 699,475 621,821
経常利益 20,712 20,730 20,138
当期利益 27,537 13,867 22,861
純資産 108,582 81,044 67,177
配当金
EPS 26.58 13.39 15,447.03
BPS 104.80 78.22 45,390.10
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

Recovery Internationalの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
大河原 峻 代表取締役社長 497,000株
36.04%
21,000株 180日間
NVCC7号投資事業有限責任組合 VC 259,000株
18.78%
129,500株 90日間/1.5倍
株式会社水島酸素商会 140,000株
10.15%
140,000株
SKコンサルティング株式会社 140,000株
10.15%
140,000株
柴田 旬也 取締役 91,000株
6.60%
(21,000)
5,000株 180日間
ニッセイ・キャピタル6号投資事 業有限責任組合 VC 70,000株
5.08%
7,000株 90日間/1.5倍
リカバリーグループ従業員持株会 70,000株
5.08%
-
ファイブアイズネットワークス株式会社 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 28,000株
2.03%
- 180日間
黒木 一也 従業員 21,000株
1.52%
(21,000)
-
三浦 里佳 従業員 21,000株
1.52%
(21,000)
-
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数です。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

Recovery Internationalと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2021/12/24 Green Earth Institute初値売り損益:0円
    (騰落率:0%、倍率:1.00倍)
  • 2021/12/24 エフ・コード初値売り損益:398,000円
    (騰落率:197.03%、倍率:2.97倍)
  • 2021/12/24 タカヨシ初値売り損益:14,000円
    (騰落率:8.97%、倍率:1.09倍)
  • 2021/12/24 CS-C初値売り損益:19,500円
    (騰落率:19.31%、倍率:1.19倍)
  • 2021/12/22 サクシード初値売り損益:11,100円
    (騰落率:7.12%、倍率:1.07倍)

IPOのポイント

厚生労働省によると、65歳以上の人口は、現在3,000万人を超えており(国民の約4人に1人)、2042年の約3,900万人でピークを迎え、その後も、75歳以上の人口割合は増加し続けることが予想されています。

一ヶ月あたりの訪問看護の利用者数は、増加が続いており、2019年は医療保険と介護保険の利用者合計で約84万人と2010年と比べ2.65倍に。

訪問看護市場

2022年のIPO第一弾

例年、一発目のIPOは年末から2ヶ月くらいの期間が空き、IPOの登場を待ちわびた投資家からの買いが入るのか、人気化する傾向にあります。

・・・が、今回はどうでしょう。
想定価格は将来の業績を織り込んでそうなやや高めの価格で、昨今のIPOディスカウントをなくせという風潮も影響してそう。

IPOの内容的にも売出しが多く、想定価格に割安感がないとみられれば、初値が厳しくなりそうな気も。

上場日 企業 騰落率
倍率
初値売り
利益
その年の
平均騰落率
2021年
2月5日
QDレーザ(6613)
公募:340、初値:797
134.4%
(2.3倍)
4.5万円 52.5%
(1.5倍)
2020年
2月7日
ジモティー(7082)
公募:1,000、初値:2,300
130%
(2.3倍)
13万円 105.6%
(2.0倍)
2020年
2月7日
コーユーレンティア(7081)
公募:1,890、初値:2,510
32.8%
(1.3倍)
6.2万円 105.6%
(2.0倍)
2019年
2月22日
識学(7049)
公募:1,800、初値:4,550
152.8%
(2.5倍)
27.5万円 82.1%
(1.8倍)

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

公募割れのリスクあり
  • 例年、最初と最後のIPOは盛り上がる。
  • 業績が好調。(決算情報
  • 高齢化社会に向けて介護事業は社会的意義が高い。
  • 同業他社が多い。
  • 売出比率が87.2%と高い。
  • オファリングレシオが45.4%と高い。オファリングレシオによる実績
  • 市場からの吸収金額が19.2億円とやや大きい。吸収金額による実績
  • ベンチャーキャピタルのEXIT感もあり。
  • 上場市場の東証マザーズ市場が軟調。(投資資金が抜けている)
  • 2021年12月の予想PERは45倍程度。2020年12月実績は156倍。

1.14記。仮条件が2,480円 ~ 3,060円に決定。(想定価格の3,060円が上限でやや弱気)
現時点でマザーズ銘柄が総崩れしているのも考慮し、初値予想を2,850円 ~ 3,150円に修正。予想利益は-2.1万円~9,000円です。

例年、最初のIPOは人気化しやすいですが、歴代の中でも相場は最悪です。

目論見書の想定仮条件は3,060円。初値予想は3,000円 ~ 3,200円としました。
予想利益は-6,000円~1.4万円で、市況によっては公募割れのリスクがあるIPOになります。

カブスルは2022年の運だめしということで、おそらく参加するだろうと思います。(相場が荒れてなければ)
【1.14追記】相場・・荒れてます。マザーズ大幅下落です(涙)
参加・不参加は、ブックビルディング最終日の24日か、その前営業日の21日に決めたいと思います。

野村證券松井証券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用。

また、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

企業紹介

Recovery Internationalは、在宅療養生活を支える看護師等による訪問看護サービス事業を行っている企業です。

事業の内容

同社の特徴は、IT化による経営の効率化。

新規の利用者様の依頼があった場合、受託の可否は、

  • 従来
    利用者の居宅と事業所等からの距離や時間だけで決定
  • 2020年12月期以降
    サービスを提供している利用者の訪問実績データ、訪問間距離や居住地等の地理的データ及び後期高齢者数や競合他社等のマーケットデータを組み合わせ、最適な訪問効率を確保する訪問エリアを定義した上で受託の可否を決定

IT化により、業務効率の向上と事務作業の効率化へ。

主要取引先は東京都国民健康保険団体連合会で、東京都がサービス提供の中心に。

設立は2013年11月。
同社の従業員数は2021年11月末で154名、平均年齢は31.3歳、平均勤続年数は2.4年、平均年間給与は405.3万円。

Recovery Internationalの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。