Green Earth Institute(9212):IPO上場情報と初値予想

Green Earth Institute

Green Earth Instituteは、コリネ型細菌という微生物を活用した高効率な発酵技術(バイオプロセス)をコア技術とする技術開発型ベンチャーです。

事業内容

※詳細は企業紹介IPOのポイントにて。


Green Earth Instituteの上場日

D
  • 業績:不安
  • オファリングレシオ:高い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2021/12/24 (金) 証券コード 9212
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス Green Earth Institute(9212)
時価総額
11,673百万円(仮条件の上限で計算)

Green Earth Instituteのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2021/12/8 (水) ~ 12/14 (火)

仮条件 1,060円~1,160円 (抽選資金:10.6万円 ~ 11.6万円)
当選口数 44,162口
発行済株式数 10,063,000株 オファリングレシオ 43.8%
公募株数 940,000株 売出株数 2,900,200株
吸収金額 46.8億円~51.2億円 O.A分 576,000株
仮条件決定日 12/6 (月) 公開価格決定日 12/15 (水)
購入期間 12/16 (木) ~ 12/21 (火)
備考

売出株の一部は、海外市場で販売される予定。

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

Green Earth Instituteの公開価格と初値

仮条件 1,060円~1,160円
公開価格 12/15 (水)に決定 初値 (初値予想)1,110円 ~ 1,180円※12/6 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)-5,000円~2,000円※12/6 修正

Green Earth Instituteの初値予想と予想利益

Green Earth Instituteの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 1,060円 ~ 1,160円 ※抽選資金:10.6万円 ~ 11.6万円
上限は9.4%上ブレ↑
初値予想 1,110円 ~ 1,180円※12/6 修正
(1.0倍~1.0倍)
予想利益 -5,000円~2,000円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,060円あたり ※抽選資金:10.6万円あたり
初値予想 1,010円 ~ 1,080円 (1.0倍~1.0倍)
予想利益 -5,000円~2,000円
送信中...

初値予想アンケート

Green Earth Institute(9212)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,060円)を基準価格としています。

有効回答:45   投票期限:2021/12/23 (木) 23:59まで
3倍以上(3,180円以上)
6票  13%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(2,650円以上~3,180円未満)
1票  2%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,120円以上~2,650円未満)
3票  7%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(1,590円以上~2,120円未満)
5票  11%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,272円以上~1,590円未満)
4票  9%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,060円以上~1,272円未満)
9票  20%
投票済み

公募割れ(1,060円未満)
17票  38%
投票済み

Green Earth Instituteの主幹事と幹事証券

Green Earth InstituteのIPOを取り扱っている証券会社です。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


Green Earth Instituteの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年9月 2019年9月 2018年9月
売上高 334,338 202,040 188,842
経常利益 -113,960 -275,578 -90,109
当期利益 -116,424 -289,303 -175,690
純資産 324,847 441,092 406,395
配当金
EPS -14.03 -35.82 -73,179.86
BPS 39.13 53.16 -2,071,449.13
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

Green Earth Instituteの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
UTEC2号投資事業有限責任組合 VC 1,857,000株
17.88%
1,392,700株 90日間
公益財団法人地球環境産業技術研究機構 1,800,000株
17.33%
- 180日間
伊原 智人 代表取締役 600,000株
5.78%
(300,000)
- 180日間
PNB-INSPiRE Ethical Fund 1 投資事業有限責任組合 VC 486,000株
4.68%
243,000株 90日間
ニッセイ・キャピタル5号投資事業 有限責任組合 VC 459,000株
4.42%
229,500株 90日間
DIC株式会社 417,000株
4.01%
- 180日間
UMI1号投資事業有限責任組合 VC 402,000株
3.87%
201,000株 90日間
エア・ウォーター株式会社 300,000株
2.89%
-
株式会社新生銀行 279,000株
2.69%
139,500株 90日間
川嶋 浩司 270,000株
2.60%
(90,000)
- 180日間
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数です。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

Green Earth Instituteと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2021/11/25 スローガン初値売り損益:60,000円
    (騰落率:50%、倍率:1.50倍)
  • 2021/11/24 ラストワンマイル初値売り損益:81,000円
    (騰落率:47.37%、倍率:1.47倍)
  • 2021/11/19 AB&Company初値売り損益:-9,000円
    (騰落率:-6.04%、倍率:0.94倍)
  • 2021/11/18 GRCS初値売り損益:180,000円
    (騰落率:50%、倍率:1.50倍)
  • 2021/09/29 プロジェクトカンパニー初値売り損益:85,000円
    (騰落率:32.08%、倍率:1.32倍)

IPOのポイント

バイオベンチャー企業。

SDGs(持続可能な開発目標)のテーマ性もあり、上場タイミングは最高だと思います。

が、経常損失が続いており、出資しているVCの放出株も50%~75%と多く、IPO的に人気がでるかは難しそうです。

ごくカンタンにまとめれば、SDGsのテーマ性で買われるか?業績で敬遠されるか?のIPO。
通常期なら二択ですむんですが、7社同日上場というマイナスが付与されています。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクが高い「D」に設定しました。

公募割れのリスクが高い
  • 市場の人気テーマでもあるSDGs(持続可能な開発目標)関連株。
  • 業績は赤字。
  • オファリングレシオが43.8%と高い。オファリングレシオによる実績
  • 市場からの吸収金額が51.2億円と大きい。吸収金額による実績
  • ベンチャーキャピタルのEXIT感あり。
  • 12月はIPOが多く、選別される可能性あり。
  • 同日に7社が上場。上場ラッシュによる資金枯れも。
  • 2022年9月期の業績予想(前期比)は、売上高842百万円(+67.7%)、営業利益3百万円
  • 微細藻ミドリムシを活用した食品のユーグレナ(2931)の業績も参考になるかも。
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多い。ロックアップ解除後は売り圧力。

12.6追記。仮条件が想定発行価格(1,060円)より9.4%の上振れ決定(1,060円 ~ 1,160円)しましたが、予想利益は変更せず-5,000円~2,000円です。

12月はIPOラッシュが始まり、評価が低いIPOは公募割れのリスクが高くなりますので、ブックビルディング参加は慎重にどうぞ。

幹事証券であるSBI証券は、抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されます。
公募割れのリスクもありますので、ポイント狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

カブスルもIPOチャレンジポイント狙いで100株だけ応募します。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

企業紹介

Green Earth Instituteは、コリネ型細菌という微生物を活用した高効率な発酵技術(バイオプロセス)をコア技術とする技術開発型ベンチャーです。

現在石油を原料として生産されている化学品を、農業残渣や食品残渣等のバイオマス由来のものに転換、または従来バイオマスより生産されている製品につき、より効率的な生産方法に代替していくことによる、持続可能な社会の実現を経営理念として掲げており、同社の技術により、石油を使わず、バイオマスから化学品を作る「バイオエコノミー」と資源の循環により持続的な社会を作る「サーキュラーエコノミー」の両方を同時に実現することを目指しています。

事業内容

設立は2011年9月。
同社の従業員数は2021年10月末で30名、平均年齢は46.1歳、平均勤続年数は3.8年、平均年間給与は544.2万円。

Green Earth Instituteの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。