ウェルスナビ(7342):IPO上場情報と初値予想

ウェルスナビ

ウェルスナビ(WealthNavi)は、全自動のおまかせ資産運用サービス「ロボアドバイザー(ロボアド)」を提供している企業で、国内最大手です。

従来、自分自身で行っていた資産運用のプロセスである、目標設定からポートフォリオの構築、発注・積立・再投資、リバランスおよび税金最適化まで、すべてのプロセスを自動化。高度な知識や手間なしに国際分散投資を行うことができます。

スマホやパソコンから、6つの質問に回答し、リスク許容度を設定すると運用プランが提案されます。
口座に入金すると、最短でその日の夜に自動でETF(上場投資信託)を買い付けます。

ウェルスナビはスマホひとつで資産運用

ロボという響きでやや古く感じるかもしれませんが、世界水準の金融アルゴリズムによりすべて自動で資産運用を行います。

  • 富裕層や機関投資家が実践する「長期・積立・分散」の資産運用を、テクノロジーの力で自動化。
  • ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づき、6~7つのETFを通じて、世界約50カ国1万1000銘柄に分散投資。
  • 資産配分の決定から発注、積立、リバランス、税金最適化まですべて自動。

2020年9月末時点で預かり資産2,892億円、運用者数22.5万人を突破。
(運用者数とは実際に運用している人数で、口座開設だけしている人は対象外)

設立は2015年4月。
従業員数は2020年9月末で83名、平均年齢は37.7歳、平均勤続年数は2.4年、平均年間給与は727万円。

カブスルも運用中なので同社に詳しいです。詳細はIPOのポイントにて。


ウェルスナビの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ウェルスナビの上場日

B
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:高い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい
  • ロックアップ:あり
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2020/12/22 (火) 証券コード 7342
市場 東証マザーズ 業種 証券、商品先物取引業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ウェルスナビ(7342)
時価総額 49,464百万円(想定価格で計算)

ウェルスナビのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/12/7 (月) ~ 12/11 (金)

仮条件 12/3 (木)に決定
当選口数 171,537口
発行済株式数 44,967,649株 オファリングレシオ 38.1%
公募株数 2,500,000株 売出株数 13,094,300株
吸収金額 188.6億円あたり O.A分 1,559,400株
仮条件決定日 12/3 (木) 公募価格決定日 12/14 (月)
購入期間 12/15 (火) ~ 12/18 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ウェルスナビの初値予想と予想利益

ウェルスナビの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,100円あたり ※抽選資金:11万円あたり
初値予想 1,150円 ~ 1,370円 (1.0倍~1.2倍)
予想利益 5,000円~2.7万円
送信中...

初値予想アンケート

ウェルスナビ(7342)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,100円)を基準価格としています。

有効回答:168   投票期限:2020/12/21 (月) 23:59まで
3倍以上(3,300円以上)
66票  39%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(2,750円以上~3,300円未満)
12票  7%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,200円以上~2,750円未満)
13票  8%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(1,650円以上~2,200円未満)
5票  3%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,320円以上~1,650円未満)
18票  11%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,100円以上~1,320円未満)
24票  14%
投票済み

公募割れ(1,100円未満)
30票  18%
投票済み

ウェルスナビの主幹事と幹事証券

ウェルスナビのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


ウェルスナビの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年12月 2018年12月 2017年12月
売上高 1,552,903 881,171 207,048
経常利益 -2,057,005 -1,718,020 -762,812
当期利益 -2,060,805 -1,721,820 -776,375
純資産 5,260,455 3,187,586 1,707,806
配当金
EPS -53.29 -49.71 -75.43
BPS -485.51 -298.98 -439.16
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

ウェルスナビの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 比率 ロックアップ
柴山和久 代表取締役社長 12,164,034株 24.84% 180日間
AT-I投資事業有限責任組合 VC 4,496,400株 9.18% 90日間 / 1.5倍
SBIホールディングス(株) 3,162,540株 6.46% 180日間
Infinity e.ventures Asia III,L.P. VC 3,129,600株 6.39% 90日間 / 1.5倍
グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合 VC 2,921,412株 5.96% 90日間 / 1.5倍
FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合 VC 2,635,896株 5.38% 90日間 / 1.5倍
(株)SMBC信託銀行(特定運用金外信託口 契約番号12100440) 1,729,446株 3.53% 90日間 / 1.5倍
DBJキャピタル投資事業有限責任組合 VC 1,372,623株 2.80% 90日間 / 1.5倍
協創プラットフォーム開発1号投資事業有限責任組合 VC 1,175,088株 2.40%
(株)SBI証券 1,175,088株 2.40%

柴山氏は同社のCEO。よって上位株主は、ベンチャーキャピタル企業が占めています。

直近の類似IPOの上場結果

ウェルスナビと同じホットワードのIPOの上場結果です。

「知名度抜群」がついたIPOの上場結果。

  • 2020/03/02 カーブスHD
    初値売りによる損益:-8,000円
    (騰落率:-10.67%、倍率:0.89倍)
  • 2020/02/07 ジモティー
    初値売りによる損益:130,000円
    (騰落率:130%、倍率:2.30倍)
  • 2019/12/17 フリー
    初値売りによる損益:50,000円
    (騰落率:25%、倍率:1.25倍)
  • 2019/12/16 ランサーズ
    初値売りによる損益:11,200円
    (騰落率:15.34%、倍率:1.15倍)
  • 2019/07/29 ブシロード
    初値売りによる損益:31,400円
    (騰落率:16.61%、倍率:1.17倍)

ウェルスナビと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:証券、商品先物取引業」のIPO結果です。

IPOのポイント

ウェルスナビは、同社のWebページやスマホアプリで行っているダイレクト事業と、SBI証券やイオン銀行などの提携パートナーと行っている提携パートナー事業があります。(WealthNavi for SBI証券など)

顧客からの手数料により収益を確保しています。

事業系統図

ロボアドバイザー事業の手数料は、預かり資産の1%(年利)。
上場投資信託(ETF)の売買手数料、リバランス手数料、為替手数料などは不要です。

同社の収益は預かり資産の大小に左右されますが、推移は右肩上がり。

預かり資産の推移

業績については予想通りの赤字。
営業収益は伸びているものの、広告宣伝費に経費をかけています。

業績推移

解約率は、月次平均で1%以下と低いです。

同社の事業の成功の可否はシンプルに、ロボアドで顧客に利益をもたらすことができるか?これに尽きると思います。

運用成績が良ければ利用者または1人あたりの預ける資産額が増えるでしょうし、悪ければその逆になります。

また、提携パートナーを通すとレベニューシェア(支払い)が発生しますので、ダイレクトの割合を増やしていきたいです。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 知名度が高い。
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待。
  • 解約率は月次平均で1%以下。
  • 購入単価が低い(11万円)。
  • 経常利益は赤字。営業収益(売上)は伸びている。
  • オファリングレシオが38.1%とやや高い。
  • 市場からの吸収金額が188億円と非常に大きい。吸収金額による実績
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多い。
  • 同日に3社が上場。
  • 12月はIPOが多く、選別される可能性あり。
  • 今後の運用成績しだい。

目論見書の想定仮条件は1,100円。初値予想は1,150円 ~ 1,370円としました。
予想利益は5,000円~2.7万円です。

カブスルは幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事証券は、IPOで人気のIT系の主幹事を務める機会が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選数も多くなります。
また、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントがもらえます。

カブスルは16回 IPOに当選しています。

また、野村證券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

1株からIPOに参加できるネオモバも委託幹事が予定されています。

追加の委託幹事としてauカブコム証券が決まりました。
委託幹事は気づかれないことも多いので可能なら参加しておきたいです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。

カブスルもウェルスナビ(WealthNavi)で運用しています。

10月に20万円を入金してはじめたばかりで、成績は4.45%のプラス。
ただし、同時期の日経平均株価の上昇率は+9.5%。

カブスルの運用実績

以下の文章は、ウェルスナビについて以前書いたものを、参考までに転載しています。


ウェルスナビの預かり資産は3,000億円

ウェルスナビは、2016年7月の正式リリースから約4年2ヵ月で、預かり資産3,000億円、口座数34万口座を突破しています。(2020年10月9日時点)

規模感が分かりづらいかもしれませんが、老舗の松井証券が3月時点で124万口座ですから、約4年2ヵ月でこの口座数の伸びは凄いです。

また、カブスルがTwitterで「ウェルスナビを利用しているか?」のアンケートを2日間とってみたところ、下記のようになりました。
(有効投票数 279票。ありがとうございます)

  • ウェルスナビを利用している 15.0%
  • 知っているが、利用していない 44.8%
  • 利用していない 40.1%

知名度でいえば、約6割(59.8%)の人が同社のサービスを知っています。

コロナショックを乗り越える

なお、ウェルスナビのHPでは、CEOの柴山氏の運用実績が公開されています。

ウェルスナビはスマホひとつで資産運用
(ウェルスナビのHPより)

資産は綺麗な右肩上がり。
一時的にガクッと下がっていますが、こちらは2020年2月~3月に起こったコロナショックによるものだと思われます。

注目すべきは、そのコロナショック後に資産を回復させているところです。

ロボアドのサービスがでてきた当初は、ロボアド(AI)は不意の出来事に対応できないと言われていましたが、見事に対応しています。

もっとも、日経平均株価なども同様に回復しているので、ロボアドが優秀だったのかは不明。
とりあえず、保有を続けることで資産は回復しています。

もし、口座開設に興味がある方は、姉妹サイト「カブスル」の記事をご覧ください。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。